Hatena::ブログ(Diary)

Tedious Daily Memorandum このページをアンテナに追加 RSSフィード

05 August 2008

iPhone向け「パケット定額フル」改定、2段階定額制に

おぉ、どうしたんだ、ソフトバンク。買わない・買えないユーザーの理由で大きなモノの一つだった「定額制が2段階だったらなー」という要望にいきなり応えるとは。これで断然買いやすくなったのは事実だが、まだ発売から1ヶ月しか経ってないのに、何故?

ソフトバンクの想定よりは売れなかったのか?初期に飛びついたあとは、意外と伸びなかったのか?それとも、単に改心しただけなのか?Eメールの保存期限が1ヶ月だったのも無期限にしたり、ソフトバンクにしては素早い対応で逆に気になるな。

「パケット定額フル」料金改定─iPhone 3GやXシリーズのパケット代、2段階定額制に

iPhone向け「パケット定額フル」改定、2段階制で月額1695円〜

「マイクロフォーサーズシステム」発表

面白そうではあるし、DP1 にズームは要らないが望遠 DP1 があったらなぁ…と思ってる私には興味深い。けど、コントラストAF&ライブビュー前提となったら、使い勝手はまさにコンパクトデジカメだから、DP1 みたくトロトロ反応にならないように望みたいものだ。そのあたりは大丈夫だろうけど。

でも、マイクロフォーサイスよりは早く E-420 の筐体に手ぶれ補正を組み込んでくれた方がいいな。ぶっちゃけ DP1 より大きくなるなら、多少のサイズの大小は関係なくなってきて、それよりむしろ一眼レフとしての速写性が欲しい。

ポケットに入るデジ一眼―「マイクロフォーサーズシステム」発表

iPhone / iPod touch ファームウェア 2.0.1

今朝からリリース。バージョン 2.0 ユーザーは無償でアップデート可能。内容は「不具合の修正」と一言だけ。実際何がどう修正されたのか全く判らないが、いつもチェックするやり方で試した限りは

「微妙に Safari の安定度が増して、日本語入力切替時のタイムラグも気持ち程度速くなって、全体的にほんの微妙に速くなったかもなぁ〜」

と言えるくらいの改良はある。再起動直後でも、こうすれば Safari が落ちるという巡回ルートを回っても、2.0 よりは粘ってくれた。ま、最終的には落ちるんだけどね。安心して使えるなんてところまでは、まだ全然行かないレベルなのは変わりない。

日本語入力開始時のレスポンスは少し良くなったけど、それは推測変換候補を出すタイミングの違いという気もするが、どちらにせよ、まともに日本語入力する気にさせるエンジンではないので、個人的にはどうでも良いレベル。あとは、よく判らん。それでも「とりあえずアップデートしておいて損はない」ものだと思える。

Lenovoも小型ノートPC参入。399ドルから

Asus EeePC, HP 2133, MSI Wind Notebook, Acer Aspire One, DELL E などに続いて、Leveno からも廉価ミニノート(いわゆる Netbook)が発表。サイズ的には EeePCHP2133 ほど小さくないものの、Wind Notebook よりは小さく、Aspire One と同等程度で 10インチと大きめ画面を搭載。そして HDD 搭載機ということで、EeePC とは違って“普通に使えるミニノート”志向の一品。

私が Wind Notebook 他ではなく EeePC を選んだ理由は、livedoor Blog の方に長文を書き捨ててあるけれど、これは Wind Notebook と同様、画面解像度以外は普通のノートPC として使えるレベルにあるし、何よりも個人的なには、

  • タッチパッドのボタンがちゃんとパッドの下に2つある。おまけに EeePC 同様にマルチタッチ仕様(Mac 系ノートと同じ感覚で操作できる。2本指スクロールは欠かせないしね!)
  • Bluetooth はちゃんと内蔵。11b/g 無線LANメディアリーダーといった Netbook の基本仕様はもちろん、HP2133 とともに Express Card が利用できるのは大きなポイント。
  • 3セルバッテリ以外に6セルの大容量バッテリもあるようで、大手 Leveno だけにバッテリの供給が予定は未定にはなさなさそう。
  • 特筆できるデザインじゃないけど、この手のモノの中では薄くて軽いのは断然魅力(その分、左に大きく開いた排気口がファンのうるささを不安にさせるが…)
  • キーボードはやや小さめで、Wind Notebook や HP2133 よりは落ちそうだが、EeePC みたいな“キーボードは我慢してね”な感じはなさそう。Enter キーが一段サイズという以外は…

という感じで、かなりポイント高い。まぁ

Leveno なんだし、トラックポイントが付いていたらなぁ…

とは思うが、格差をつけるためにもトラックポイントの採用は当面見込み薄な予感。

それでも、SSD 搭載で極小環境な(それを楽しむマシンでもあるが)EeePC とは別に、“普通に使えるミニノート”を買うとしたら、現状ではコレが一番候補になりそう。つーか、EeePC 買ったばかりだけど、欲しくなるくらいだ。まぁ実際には Wind Notebook や Aspire One とは被るけど、EeePC とはあまり被らない仕様だけどね。これも5万円前後からになりそうだし、ホント良い時代になったもんだねぇ。

Lenovoも小型ノートPC参入。399ドルから

Lenovo、Atom/10.2型液晶搭載のネットブック「IdeaPad S10」

Macで地デジ「CaptyTV Hi-Vision」まもなく登場

ようやく Mac でも地デジ環境が整うことになりそうな気配。どれだけ需要があるかは疑問だけど、Mac が1年ほど毎月2桁増の売り上げを更新している状況で、さらにもう一息進めるにはテレビ連携は必要になってくるのかもしれない。

ただ、日本のデジタル放送における強力な縛り(コピーカード)の関係上、iPod へ転送して見ることは勿論、iTunes と連携も期待薄(録画したものを iTunes で見ること自体が無理)だろうから、なんつーか実際には単体の DVD レコーダーと同じレベルで「見れます」「録画できます」というだけになってしまいそうなのが残念。メーカーが悪いわけじゃないけどね。

おまけに、本体とディスプレイの接続は HDCP 対応でないとPC での地デジの再生は許さない、という縛りもあるので、Mac ではノートPC と iMac といったディスプレイ一体機のみ動作になる模様。こういうのを欲しがるのは、iMacMacBook ユーザーが中心になりそうだから大きな問題にはならないかもしれないが、なんだかなーな話である。

私自身は、そんな制約がある状況では、とてもじゃないが欲しいとは思わないけど…

Macで地デジ「CaptyTV Hi-Vision」まもなく登場 - 限定予約品は早くも売り切れ

サンパック、シューを折り畳めるTTL対応ストロボ

このサイズで上 90度のバウンスができるのは、ちょっと良いかも。嵩張るのが嫌でストロボを持ち歩かない自分だからこそ、小さくてバウンスができるストロボは気になる。

サンパック、シューを折り畳めるTTL対応ストロボ

最近出荷分の EeePC 901 にも ZIF コネクタ搭載分が結構あるらしい

某スレや某スレを見ていると、先週末に購入した人でも ZIF コネクタがあったという人が多い。前述の通り、うちにはなかったので微妙にハズレ引いた気分。今のところ ZIF コネクタを利用して HDD や ZIF コネクタ向け SSD換装しようとは思ってないが、将来どう思うかは判らないし…

もっとも、仕様外の ZIF コネクタがあろうがなかろうが、十分以上に満足はしている。6万円でこんな“使える”ミニノートが手に入れられるとは良い時代になったものだと、つくづく思う。感想は別途まとめて書く予定だ(書いてる)けど、週末から作業の傍ら環境構築をして、8割方終わった。しばらく素で遊んでから、ガッツリとチューンするつもりだったが、その必要は全く感じない。

Cドライブの少なさを過剰に意識して、DドライブにインストールしたものをCに入れ直したりと試行錯誤してることもあるが、初代 EeePC と違ってDドライブに SSD が追加で載ってるのは大きいし、CPU パワーにも余裕がある。SDHC カードの HDD 化みたいなことはしないでもいいし、チューニングもライトで十分で、やりすぎてから戻したことが多々あった。

初代 EeePC を意識してると、思ったよりそのままでも実用的に使えるマシンだというのが第一印象。まぁ環境設定の工夫を楽しめ、使うソフトのセレクトをきちんとできる人が使うマシンには変わりないけどね。

Connection: close