ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Doubletのちょっとピンボケ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-07-24-Thu

[]引っ越しだいたい終わり 引っ越しだいたい終わりを含むブックマーク 引っ越しだいたい終わりのブックマークコメント

引っ越しました。駅から歩いて15分ぐらい。

遊びに来てください。ビール出します。


18畳間に、スタジオを構えて、猫手亭改造三ヵ年計画をさらに進行させましょう!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doublet/20140724

2014-07-16-Wed

[]Rayfact Rayfactを含むブックマーク Rayfactのブックマークコメント

旧 Printing Nikkor 類の見積もりを取ってみたんです。

Rayfact_見積もり

1倍が旧105mm、2倍が 95mm なんですが。やっぱり60諭吉越しちゃいますね。

別倍率特注品は、100諭吉越えですね。


今、Printing Nikkor 150mm が販売されたら、やっぱり120諭吉近くになるのではないかと予想。


え。買いません買いません。買えません。

住宅ローン返済でキュウキュウ言ってます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doublet/20140716

2014-07-03-Thu

[]新北極星 新北極星を含むブックマーク 新北極星のブックマークコメント

100mm が 75euro って、安くないですか?

www.ebay.de/itm/REICHERT-Wien-Macro-Piece-with-objective-100-mm-Mikroskop-Microscope-/291174728330


これ、マウントに異常に苦労するんですが、好きなレンズです。

[] を含むブックマーク のブックマークコメント

MWS の「本日の写真」

http://micro.sakura.ne.jp/mws/todaysimage.htm


顕微鏡対物レンズの分解能は,開口数で決まります。プランアポだろうがアクロマートだろうが,開口数が同じなら,解像限界は同じですから,同じように微細構造が見えます。当サイトの画像群を眺めて,高級なレンズを使っているから画像も綺麗なんだろうと思っている方々がいますが,コトはそう簡単ではありません。目的に応じて細かい使い分けをしているから画像がきれいなのです。


これは感じますね。Plan Apo が万能というわけではなく、開口の大きな対物レンズであれば良いというものでもありません。

実は、私が一番よく使っているのは、160mm 鏡筒長の Fluor だったりします。

でも、とりあえず Plan Apo を集めずにはいられない、という。


使用用途や状況にもよるんですが、Plan Apo どころか Fluor どころかただの Plan でいい、あるいは、Plan 対物レンズである必要もない、ということも大いにあったり。

[]現代化学 現代化学を含むブックマーク 現代化学のブックマークコメント

雑誌「現代化学」7月号の「結晶美術館」は、柘榴石(ガーネット)の話を。

様々な天然および合成ガーネットの話、ガーネットは地下からの手紙という話、産業上の利用や産出のエピソードなどをちょこっと紹介しました。

流石に乙吉さんのワラジの話は書けませんでした。

f:id:doublet:20140703113542j:image:w640

[]あいかわらず畑作 あいかわらず畑作を含むブックマーク あいかわらず畑作のブックマークコメント

夏野菜の収穫がだいぶ本格化してきました。

もう食べきれないよ・・・。

f:id:doublet:20140703114043j:image:w640

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doublet/20140703

2014-07-01-Tue

[]ロシアン偏光顕微鏡 ロシアン偏光顕微鏡を含むブックマーク ロシアン偏光顕微鏡のブックマークコメント

LOMO POLAM を買ってみたんですが、小さくてちょっとびっくり。

てっきり、ロシアンなんでえらくでかいと思ってたんですが。

大変チープな感じがします。Zeiss Jenapol や Reichert Polyvar MET と比べるのが間違ってるのかもしれませんが、Optiphot-POL や BH-2 P に比べてもまだ安っぽい。

大丈夫なんかな、これ・・・。

たぶん、ほとんど使われていません。しかしカビカビ。

丸っこい部品番号のシールは、ロシア(ソ連)出荷時から付いてた組み立て図の部品番号っぽいです。

f:id:doublet:20140703114423j:image:w640

と思うと、微分干渉のポラライザが、ポラロイド板じゃなくって方解石のウォラストンプリズムだったりします。

f:id:doublet:20140703114424j:image:w640

よくわからない、謎顕微鏡なのです。

カビカビで、とてもではないけどそのまま使えそうにないので、何年かかけてじっくり直すことにしましょう。

かわいいんですけどね。


160mm, 170mm, 190mm, 210mm の、様々な有限鏡筒長ってのは実に困りますよね。

160mm, 210mm に留めておくべきであったんでしょうかね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doublet/20140701