ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Doubletのちょっとピンボケ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-10-19-Sun

[]久しぶりに鉱物採集 久しぶりに鉱物採集を含むブックマーク 久しぶりに鉱物採集のブックマークコメント

なんか最近忙しくて、ちっとも採集に行けなかったんですが、久しぶりに学会の出先から近場を周ってみました。

とりあえず、日の出と共に行動開始して、国道沿いの鉱山跡へ。もうホントに国道の脇らしいんです。

IMG_0150

本坑の場所がよくわかりません。とりあえずすごいビリ脈を押したっぽいのはわかります。

石英脈が見えて、隙間に米水晶がついているなー、ぐらい。

地質は堆積岩が接触変成を受けて、一緒に石英脈が入り込んでるようです。

IMG_0159

川向こうにも穴っぽいのはあるんですが、渡渉できず。

IMG_0157

どうもこれが掘り跡らしいんです。水晶、かくにん!よかった♡

IMG_0163


敗退して次に行きます。

IMG_0180

でも、これも場所がわかりません。うーん。

まったく鉱石鉱物が見つかりません。


あの稜線の向こうに、スカルン性の磁鉄鉱があるというのです。

IMG_0155

うーん。あそこまで行くのはつらい・・・。


近場だし、ついでに有名な蛍石鉱山に向かいます。

今はキノコのシーズンなので、単独で山に入るとキノコ泥棒と間違えられます。

地元のキノコ採りの皆さんと打ち合わせて、途中まで山に入りました。

IMG_0190

IMG_0204


旧坑口。もうだいぶ崩れましたね。

IMG_0216

IMG_0218


もう10年もすれば、穴が埋まるでしょうか。取り開ければいいんですが。

IMG_0213


この鉱山の歴史を地元のじいちゃんからいろいろ聞いてきました。

門田氏の「螢石及び螢石鉱床」にあるぐらい古い鉱山ですが、メインに掘ったのは昭和15−19年ぐらい(日本弗化鉱業)で、航空機用アルミ精錬に使う蛍石だったんだそうです。

じいちゃんは、この蛍石を焼いてアルミ粉にしたんだ、って言ってましたが、蛍石にはアルミニウムは含まれておらず、たぶんそれはじいちゃんの勘違いでしょう。ホール・エルー法の融解助剤原料ですね。

戦中の日本の航空機や戦闘機、例えばゼロ戦なんかにも、ここの蛍石は使われていたのかもしれませんね。

沢の出合に選鉱場があったらしいです。この施設の名残りは今でもあるとのこと。

昔は多くの人が働き、わざわざ近隣から嫁取りもしたそうです。


残鉱があるにはあるんですが、そんな大したものはありません。

IMG_0215

実は、この灰色っぽい母岩っぽいのも蛍石です。

硫化鉱かなにか入っているのでしょうか。

いくつか自形結晶を拾ってきました。欠片も拾ってきたので、加熱発光の実験に使えるでしょうか。

IMG_0222


下の集落で、かつて鉱山で産出したという蛍石を見せてもらいました。

すごいですよ。ピンクの蛍石の結晶があります。

八面体の結晶集合体に水晶がかぶっている物があります。結晶サイズは一辺 4cm ぐらいもあります。

IMG_0194

IMG_0192

これはでかい。どこで出たんでしょうね。

紫の褪色したピンクかなーと思って眺めてたんですが、やっぱりこれはピンク蛍石っぽいのです。


もう、秋もそろそろ終わり。紅葉シーズンは折り返しました。

ここは、冬になると2mを超える雪の下です。

IMG_0224

IMG_0226

IMG_0238


国道を延々とドライブして、のんびり帰ってきました。お疲れさまでした。


今回の写真、新しい iPhone6+ で写真撮ったのですが、ちょっと逆光に弱いですね。

レンズの保護ガラス(単結晶サファイアらしいです!)が汚れていたのかな?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doublet/20141019

2014-10-18-Sat

[] を含むブックマーク のブックマークコメント

久しぶりに地酒研究会に顔出してきました。

懐かしい皆さんも多いです。そういえば、この学会の前身から出席してますから、もう19年ですよね。


tkb大の学生さんが飲んだくれて、救急車送りになってましたが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doublet/20141018

2014-10-16-Thu

[]出張 出張を含むブックマーク 出張のブックマークコメント

出張の帰りに、鬼籍に入られた知人に線香をあげてきました。

うーん。いろいろ考えますね。

しかしアレですよ。危ないもんをコレクションしている人は、自分が死んだ後のことを考えなくちゃダメですよ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doublet/20141016

2014-10-07-Tue

[]D810 D810を含むブックマーク D810のブックマークコメント

買っちゃった。わーいわーい!

[]緑茶茶葉から昇華するカフェイン 緑茶茶葉から昇華するカフェインを含むブックマーク 緑茶茶葉から昇華するカフェインのブックマークコメント

緑茶はカフェインが重量%で1−4%と多く、200℃ちょっとに加熱すると、中に含まれるカフェインが昇華してきます。

上のほうの茶葉を芯にして、サボテンの棘のように結晶が成長してくるので面白いです。

単斜晶、空間群 P21/a です。

Sublimed crystals of caffeine


Sublimed crystals of caffeine


Caffeine needles

garimpogarimpo 2014/10/08 01:07 緑茶からカフェインの昇華はやってみたいと思ってはいるんですが、原料は身近にあるのに手を出さずにいますねー
近々やってみますかね。

doubletdoublet 2014/10/08 14:17 なかなか楽しいですね。ホントにお茶を焙じる温度です。
資料がありますので、ご参考にどうぞ。
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0CB8QFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww2.gsn.ed.jp%2Fhoukoku%2F2010c%2F10c20%2F10c20s.pdf&ei=u8g0VNy6NIrZ8gWzg4LoAw&usg=AFQjCNGdhNBS7hO7vlTIi2no_dqVD0-eVw&sig2=33gO5NeP_u_-7GAqOdNmXw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doublet/20141007