Hatena::ブログ(Diary)

時代のセンサー<今を見つめ考える>

2018-10-10

加計理事長という人物は何者なのか?

加計理事長が2015年2月に会ったことは、本人がいくら否定しようが、間違いなく〈事実〉である、というのがいわば世間一般の見方となっています。

そのような点からすると、愛媛県の獣医学部に対して今後毎年数十億円もの〈補助金〉という名の税金が国などから支給されて行くこと自体、妥当性を著しく欠くことは明らかです。

さらに、獣医学部の補助金請求について、「過大請求」の疑惑が出ていることも報じられており、その設立の根底に〈補助金頼み〉があった可能性が極めて高い、と言うことができます。

したがって、安倍総理と長年に渡って友人関係にある加計理事長が補助金つまり国民の税金を〈利用〉して、新しい獣医学部を作ろうと画策し、そしてそれは実現された、というのが真実なのである、ということです。

そのような人物が安倍総理を巡る疑惑などを含めすべて否定しているわけで、これはもはや「国賊」以外の何者でもない、と言う他ありません。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証