THE KAWASAKI CHAINSAW MASSACRE

   ※ブクマする時はエントリタイトル横の丸をクリックしてからお願いします。

2009-08-04

[][]Coraline US盤Blu-ray

f:id:doy:20090804191652j:image


Coraline (Blu-ray/DVD Combo + Digital Copy w/ 3D) [Blu-ray] (2009)

f:id:doy:20090804192941j:image


コララインとボタンの魔女-THE KAWASAKI CHAINSAW MASSACRE


未だ日本公開の話が見えてこない「コラライン」。そうこうしてるうちにUS盤Blu-rayが発売されたので購入。改めて書くと「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督が、ニール・ゲイマンの児童文学を元に製作したストップモーション・アニメ+3D映画。主役のコララインの声をダコタ・ファニング担当してます。


ストーリーはほとんど原作通り。

アパート引っ越して来た少女コララインは両親が仕事に忙しく構ってくれずにイライラ。そんな中、部屋の中にカギのかかった小さなドアを見つけるが、昼に見たときはブロックで塞がれていた。しかし夜になるとなぜか「もう1つのアパート」に繋がっていてそこには優しくて楽しい両親や隣人達がいた。ただしその世界の住人は皆、目がボタンでできていた...。


不思議なドアを抜けると...。

f:id:doy:20090804191736j:image


↓そこにいたのは目がボタンの「もう1人のママ」。

f:id:doy:20090804195924j:image



原作にはないWybieという新キャラもいるし、ラストもちょっと違うので原作ファンでも楽しめます。


現実世界をつまらなく感じていたコララインが訪れる「もう1つの世界」の描写が奇想天外でとにかく楽しくて美しい。このあたりは明らかに「不思議の国のアリス」の影響下にあって、観客はシュールで奇妙な世界を堪能できます。


「もう1つの世界」における真実が徐々に判明するにしたがって、今までは楽しいと思えた世界が一気に恐ろしく気持ち悪く感じてしまう。このバランス感が絶妙!後半はほとんどホラー映画といってもいいくらいで、前半楽しいアニメと思って見ていた子供は震え上がること間違いなし。


↓徐々に本性を現す「もう1人のママ」。

f:id:doy:20090804192655j:image


ダコタ・ファニングの声優はさすがの一言。ちょっと気の強い少女を堂々と見事に演じてます。音楽も派手さはないけどMumっぽくって私好み。もちろんストップモーション・アニメ独特の動きは、見てるだけでアドレナリンが出てくるほど楽しい。一見かわいいけど実はかなりダークなところとか、とにかく私のツボ突きまくりの大傑作。


続いてBlu-ray仕様について。


Blu-ray1枚と、iTunes等にDIGITAL COPY可能なDVDの2枚組。ただしこのDVDリージョン1なので通常のPCでは読み込み不可。Blu-rayは「2D Feature」と「3D Feature」に分かれていて、3Dの方は付属の「赤青メガネ」(4つ付)で鑑賞すれば3D映像を楽しめます。ただし「赤青」仕様なんで、せっかくの美しい色彩が楽しめないので、個人的には「2D」の方がオススメ


↓こちらが付属の赤青メガネ。「Coraline」ロゴ入り。

f:id:doy:20090804194727j:image


音声は英語スペイン語フランス語DTS-HD Master Audio)。字幕もこの3種類から選択可能。特典はヘンリー・セリックコメンタリ(残念ながら英語字幕なし)と、メイキング各種(こちらは英語字幕あり!)がおよそ1時間ほど。


こんなに面白いのにどうして日本公開決まらないのかなぁ...。期待していた3Dがこの仕様ではあまり楽しめなかったので、ぜひ日本で3D上映して欲しい。「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」があれだけ人気がある国なんだから動員もそれなりに見込めると思うんだけどなー。


映画とは別に「Coraline」のグラフィック・ノベルがあるらしい。

f:id:doy:20090804195244j:image


うわー、全然雰囲気違う!こっちも読んでみたい!


↓The Making of Coraline - It's Alive

D


(参考)

Coraline Official

映画絵日記その3「コラライン」-THE KAWASAKI CHAINSAW MASSACRE


コララインとボタンの魔女

コララインとボタンの魔女

Coraline

Coraline