森皮フ科クリニック院長の中央林間日記

2007-10-09 ジャージの似合う男

連休に、横浜ららぽーとに行ってきました。

横浜ららぽーとは、一応横浜市にありますから、

東京ディズニーランドほど看板にいつわりがあるわけではありませんが、


結論から言って、

全く横浜の匂いがしません。



アビスガンダムはガンダムのうちに入らない、とか

王蛇は仮面ライダーのうちに入らない、とか

ヒトエはスピードのうちに入らない、とか

ザラメおかきはスイーツのうちに入らない、とか

北関東は関東のうちに入らない、とか

皮膚科医は医者のうちにはいらない、とか



いう言い方でいうと、全然横浜のうちに入りません

(ホントは、横浜なんですけどね)



で、そこで私は、寒くなってきたのに着る服がないので、

自宅で着る用の、ジャージを買いました。


お店は、塚本高史が看板にでてるお洒落な感じのところで、

店員の若いお兄ちゃんたちは、

みんな

ジャニーズとホストを足して2で割ったようなイケメンぞろいです。



でも、残念ながら、

話し方までジャニーズとホストを足して2で割ったような感じで、



「この服、超かっこいいっすよね。5店舗だけの特別アイテムなんっすよ。いいっしょ。ね。」


と、少し頭痛がしてきます。


それでも一応、接客しようという気はあるらしく、


試着した私を褒めてくれるんですが、



「お客さん、ジャージ似合いますねー!!」




それ、悪い褒め方の例だから、