We Love Goalie! このページをアンテナに追加 RSSフィード

〜告知です!!〜
この度、ゴールキーパー専門のオンラインショップを開店致しました。
現在はゴールキーパーグローブを中心に販売致しておりますが、ユニフォーム、グッズ等も取り扱っていきたいと考えております。
参考までに一度ご来店ください!
↓↓↓↓
ショップの入り口はこちらです!

GK PROSHOP FINESAVE!

2008-09-09

[] を含むブックマーク

1998年地元開催ワールドカップで優勝し、2000年欧州選手権優勝、さらにはグレゴリー・クペ(クラブアトレティコ・マドリースペイン)との激しいポジション争いを制して準優勝に貢献した2006年ワールドカップなどを経験した、元フランス代表GKファビアン・バルテス氏(37)が、現代表期待の若手、スティーブ・マンダンダ(オリンピック・マルセイユ)とユーゴ・ヨリス(オリンピック・リヨン)を指導。「当初ファビアンは少しためらっていたが、最終的に引き受けてくれた」とはドメネク監督の弁。

いいよいいよーーwwwwwいいよいいよーーwwwww 2009/06/15 02:21
シャワー後にイ ラ マ チ オ・ク ン ニで指ホジリしながらクリを攻めていたら
女はカリに舌をレロレロしながら足ピーン!でヒクヒクでした(´・ω・`)
下口がつゆだくだったので、もちろんそのまま生騎乗(`・ω・´)
女がイって思考回路落ちてる隙を狙って中 出 し実行wwwwww
やっぱ中 出 しがイイよねー(・∀・)!!

http://shiofuki.navi-y.net/C9nAUVK/

マンスジが大好物だwwwwマンスジが大好物だwwww 2009/06/22 16:16
マンスジフリークの俺様としてはやっぱ一人じゃ足りないんだよねw
いつもとりあえず3人呼んでお気に入りのスジの子にパンツのまま顔に乗ってもらって他の子はハメたり舐めてもらったりって感じかなー?
3人まとめての方がバイト代も多くもらえるし一石二鳥だろ( ̄ー ̄)にやり

http://ahan.yumenokuni.net/V0Gx42s/

ぎょはぁ!!!!!ぎょはぁ!!!!! 2009/08/14 10:07
ヘイヘイ!!あひひひほはぁwwwwwww ちょwwいきなりごめwwwwww
寝てるだけで5 万もらっちゃって真面目な自分がヴァカらしくなってさwwwww
はぁーいま女シャワー浴びてんだけど、もう1ラウンドでまた5 万くれるってYO!wwwwww
またマグロでさっさと中 出 しするわwwwwwwwww

http://kachi.strowcrue.net/HWL8Sof/

2007-01-19 オレクサンデル・ショフコフスキー

dragan2007-01-19

[] を含むブックマーク

 フットボール関係者の中でよく使われるフレーズに、「ゴールキーパーには30歳を越えてからピークが訪れる」というものがある。2006年のウクライナ年間最優秀ゴールキーパーにも選出された(通算で5度目の受賞)ショフコフスキーはまさにその典型といえるプレーヤーだ。

 もちろん、ゴールキーパー各人によって「ピーク」がどこに存在するかは異なるが、31歳にして国際舞台としてはもっとも大規模なワールドカップに出場を果たし、自らも「私のキャリアではピークはまだやって来ていないし、またこれから数多くのゲームを通して達成感が得られるであろう」と公言していることからも、彼が今後ますます脂の乗ったパフォーマンスを披露してくれる公算は非常に大きい。

 もっとも、若いころから国内では注目された存在であり、時折ヨーロッパ戦線にも顔を出す強豪クラブディナモ・キエフでの活躍が認められ、U−21代表で12試合に出場するなど実力は折り紙つきであった。A代表でも12年間で63キャップを刻み、不動の守護神としてゴールマウスに君臨している。2006年のウクライナ選手権時に相手とのコンタクトプレーで鎖骨を骨折してW杯出場が危ぶまれたが、本大会ではそれを感じさせないプレーで幾度となくチームを救い、初出場で8強入りという快挙の原動力となった。

 特に圧巻だったのは決勝トーナメント1回戦のスイス戦。120分を戦い抜き、PK戦にもつれ込んだこの試合でウクライナに勝利を手繰り寄せたのは間違いなくショフコフスキーであった。なんと3本受けたキックで相手に1本も決めさせず、しかも2本は手と足でストップしたのである(トランキッロ・バルネッタが放った1本はゴールマウスを捉えることができなかった)!

 代表チームではDFアンドリー・ルソルがスイーパー的な役割を果たしているため、ショフコフスキー自身はそれほど広いディフェンディングエリアを守ることはないが、本来はアグレッシブスタイルでのゴールキーピングが身上。時折大ポカもあるが、国内リーグ戦なども彼一人で勝ち点を稼ぎ出したゲームも少なくない。また「掴むか、弾くか」の判断力やシュートストップスキルも高いレベルで備えている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dragan/20070119

2007-01-02 ティム・ハワード

dragan2007-01-02

[] を含むブックマーク

 アフリカ系アメリカ人の父とハンガリー人の母の間に生まれたハワードは、子どものころには決して経済的に裕福とは言えない生活をしていた。しかし、ハイスクール時代にサッカーと出会った。

190センチ長身ゴールキーパーであるハワードは、ハイスクール卒業後すぐにプロに入り。ノースジャージーインペリアルズで長期にわたってプレー。1998年メジャーリーグサッカーと契約しニューヨークメトロスターズに加わり、ゴールキーパーとして2001年まで在籍した。ゴールキーパーは一般的に「経験値」が重要視されるが、ハワードは比較的キャリアが短いにも拘らずそのポテンシャルを証明するように、2001年メジャーリーグサッカーの最優秀キーパーに選出されている。

やがてハワードアメリカで最高のゴールキーパーとして知られるようになり、代表チームにも選ばれ2002年にデビュー。世界的なメガクラブマンチェスター・ユナイテッドイングランド)の注目するところとなる。そしてついに2003年にはメジャーリーグサッカーからイギリスプレミアリーグへ移り、アメリカサッカー界を揺るがせた。

 移籍当初はあのファビアン・バルテス(元フランス代表)を押しのけゴールマウスを守ったが、2004年シーズンにパフォーマンスが低下したことをきっかけにロイ・キャロル北アイルランド代表)にポジションを奪われた。若さゆえに一度落としたパフォーマンスを取り戻すのに相当期間を要することとなり、それが「赤い悪魔」にとってピーター・シュマイケルの幻影を振り払えない要因ともなってしまった。

2006−2007シーズンからは心機一転エバートンでプレーしている。代表でも2006ドイツW杯こそケイシー・ケラーの壁を越えることは出来なかったが、今後アメリカファーストキーパー候補であることには変わりない。また自身が「トゥーレット症候群」という神経性の疾患を克服しており、その関係でユニセフボランティアにも積極的に参加している。

 


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dragan/20070102
Connection: close