ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

下総ミリタリースクエア このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-07-26

幻のてき弾銃

04:16 | 幻のてき弾銃を含むブックマーク 幻のてき弾銃のブックマークコメント

 第一次大戦下の1916年9月15日、ソンムにおいてイギリス軍が戦車を史上初めて実戦投入しました。ほとんどの歩兵火器が効かない歩兵の敵の出現により、従来の歩兵火器の系統から枝分かれし、別の進化を辿ることになる火器、即ち対戦車火器が生まれることになります。

 戦車の出現に対して、当初のドイツ軍は遠距離射撃・拠点攻撃用に小銃で使われていたタングステン鋼弾芯のK弾を対戦車徹甲弾として小銃手1人につき5発支給することで対応しますが、1917年6月にイギリス軍がK弾に耐える装甲を持ったMK.IV戦車を投入したため、新たな対策を迫られます。この結果、1918年に世界初の対戦車火器(対戦車ライフル)であるモーゼルT型小銃(口径13mm)が誕生しました。しかしながら、対戦車ライフルは戦車が急激に発達した第二次世界大戦を機に衰退し、現在は対物ライフルとして復活したものの、対戦車火器としての性格は薄くなってしまいました。

 そして現在、対戦車火器の主流は成型炸薬弾(HEAT)となっています。携行型対戦車火器としての成型炸薬弾には様々な投射手段がありますが、現在はミサイル(誘導弾)、無反動砲、ロケット(若しくは、RPG-7の様に無反動砲とロケット推進を合わせたもの)が主流となっています。さらに軽装甲車両・対人用として、小銃てき弾・てき弾銃(グレネードランチャー)があり、前者は自衛隊の06式小銃てき弾、後者はアメリカのM203、M79グレネードランチャー等があります。

 過去にはイギリス軍のPIATの様なバネと火薬の推進力で発射する変態チックなモノもありましたが、おおむね戦後は上に挙げたモノが対戦車火器の主役となっています。しかしながら、開発されたものの制式化されず、お蔵入りしてしまった変わり種の対戦車兵器が戦後もありました。名前こそ「てき弾銃」ではあるものの、その形状は従来の「てき弾銃」とは大きく異なるものでした。そして、それを開発していたのは日本です。本稿ではその姿に迫ってみたいと思います。


まずは

 軍事アナリストとして著名な小川和久氏の著書、「戦艦ミズーリの長い影」では自衛隊の装備開発の問題点を指摘しています。この本は首肯しかねる部分も多いのですが、常に装備調達契約のトップであるために「政商」と批判される三菱重工を「企業努力と研究開発上の蓄積」による結果と擁護したこと等、評価できる点もあるので自衛隊の装備開発に興味のある方は一読をお勧めします。

 話を戻します。この「戦艦ミズーリの長い影」で小川氏は、てき弾銃の開発とその失敗について触れ「失敗した研究開発は、それこそ跡形も残らぬほど、徹底的に“証拠隠滅”が図られる。その代表例ともいえるのが、擲弾銃のケースだろう」とまで述べています。この小川氏の表現は相当オーバーなものだとは思いますが(資料手に入るし)、てき弾銃の開発にある種の問題が内包されていたことは事実と思います。まずは、その概要と経緯を探ってみましょう。


概要

 てき弾銃とは言っても、現在の96式40mm自動てき弾銃とは大きく異なるもので、当時使われていた小銃擲弾及び89ミリロケット弾発射器の後継として、至近距離に置いて対戦車攻撃・一般地上目標の制圧のために開発されたものです。主要な要目はこの通りになっています。

口径:66mm

弾種:対人榴弾・対戦車弾の2種

重量:約8kg

特徴:後方爆風無し。屋内からでも射撃可能。ロケット推進併用。

 映像資料をニコニコにアップしましたので、概要はてっとり早くそちらへどうぞ。以下の映像になります。色々な事情からアレなとこがありますが、そこはお察し下さい。

D


開発までの経緯

 昭和40年代、陸上自衛隊の普通科部隊における携行型対戦車火器は、朝鮮戦争で活躍した89ミリロケット発射器(M20A1、通称スーパーバズーカ)が主力でしたが、戦車の高度化に伴い陳腐化が懸念されていました。そのために89ミリロケット発射器の後継装備として、1972年よりてき弾銃の研究が進められます。ところが、この研究の段階で問題があったと小川氏は指摘しています。これを理解する為の助けとして、装備開発の流れを下に図式化しました。

f:id:dragoner:20080729222849j:image

※火器弾薬技術ハンドブックより作成

 上図のフローは兵器が構想、研究、開発を経て装備化される流れを表しており、図の下段は防衛省の用語に置き換えたものです。所内研究は技研本部の各研究所が行う考案・調査研究、研究試作は技研本部・研究所の開発官が行う開発段階における研究段階の試作となっています。研究所で技術的可能性が検討されてから、開発官が研究試作を行うという手順で研究開発が行われるのですが、小川氏によれば、この「技術的可能性の検討」にてき弾銃開発の問題があるそうです。

 では問題とはなんでしょうか。それは、てき弾銃の研究として第一研究所(現・先進技術推進センター)が製作した装置が銃の形をしていたため、内局の担当者が「研究所が開発するとは何事か」と怒り、研究が完了しないまま開発官に開発を命じてしまった、というのです。先ほど述べた通り、研究所→開発官というフローでは研究所は研究を行い、開発は開発官が行うことになっています。要はこの内局の担当者は、研究所が勝手に開発を始めたと誤解して怒り、研究フローをすっ飛ばして開発を始めさせてしまったという下らない話だったということです。

追記(2008/8/1):また、「技術研究本部は勝手に装備品を企画・開発することができない」とのご指摘を当記事のコメント欄で受けました。内局の担当者が怒った原因がここにあり、内局以前に正常な研究開発フローからの逸脱があったそうです。ご指摘された、さむざむ。氏に感謝します。


開発

 そんなこんなで、てき弾銃開発は技術的可能性が曖昧なまま、見切り発車でスタートします。ここで、その開発経緯を以下に図式化してみました。

f:id:dragoner:20080727042730j:image

 研究3年、開発6年、実用試験3年となっています。自衛隊最新の携行対戦車火器である01式軽対戦車誘導弾の試作・技術試験・実用試験が合わせて4年で終了したことを考えると、非常に長い開発期間と言えるでしょう。この期間の長さから、開発段階で相当の苦労があったと推測されます。実際、開発中で直面した大きな問題はその命中精度にあったようです。61式戦車、74式戦車の開発にも携わられ、陸上開発官としててき弾銃の開発トップだった近藤清秀氏は、開発の初期ではせいぜい20%の命中率、日産自動車の宇宙開発部(現・IHIエアロスペース)がロケット部分を担当するようになると、80%ほどの命中率にまで上がったと語っています。

 さてこの近藤氏の話で具体的な企業名が出てきたので、てき弾銃の開発関係企業を整理してみましょう。てき弾銃開発の初期は銃器を豊和工業、弾薬をダイキン工業が開発担当していましたが、昭和46年度にダイキン工業は開発を辞退し、代わりに日産自動車が弾薬の開発を行った模様です。各社のてき弾銃開発に関する見解の要約を以下に示します。

豊和工業:日産と10年かけて開発したが、防衛庁の要求性能を満足できず研究中止。

ダイキン工業:対機甲弾開発に技術面で行き詰り、昭和46年度に開発を辞退。他社が50年から54年にかけて開発試作を行ったが、目処がつかずに開発テーマ終了。

日産自動車:言及資料見つからず。

技術研究本部・近藤氏:最初は20%、日産が係ると80%の命中率になった。

 いくつか微妙な違いがありますが、これらを突き合わせると、

 「豊和とダイキンが開発していたが、弾薬担当のダイキンは対機甲弾の開発に行き詰り辞退し、代わって日産が弾薬を担当したところ飛躍的に改善はしたものの、結局はダメだった」というところでしょうか。今まで挙がってきた証言などから推測すると、どうも問題は対戦車弾にあるようです。

 先ほどの映像は装備開発実験隊による実用試験ですので、開発の後期段階のものと推測されます。ということは、改善されたはずの日産製対戦車弾が使用されているものと考えられますが、映像を見る限り実用に値するかは疑問が残ります。別の映像では非常に強い反動で砲口が上がり、標的上方に弾着するケースが散見できました。隊員の苦笑交じりの呟きも聞こえるなど、試験結果も芳しくなかったシーンもあります。比較対象として、同じく口径66mmのM72ロケットランチャーの発射の際の反動を見てみましょう。

D

 M72は後方爆風の問題こそあるものの、ほぼ無反動といってもよいほど安定した射撃です。同じ口径でこれほどの差があるのは問題でしょう。

 結局、実用試験を経てもてき弾銃の装備化は行われず、開発は失敗しました。てき弾銃が務めるかもしれなかった89ミリロケット発射器後継は、スウェーデンFFV社が開発したカールグスタフ無反動砲に決定します。実はこのカールグスタフ、てき弾銃開発に行き詰った豊和工業とダイキン工業が昭和46年に欧州に視察・技術調査を行った際にFFV社より説明を受けて報告書を防衛庁に提出しており、カールグスタフ導入への支援になったという因果な話があります。


開発の問題点

 このてき弾銃開発にあたっての最大の問題は、小川氏の言う通り、研究の成果を見極める前に開発に移行してしまったことに尽きるでしょう。十分な時間を与えることが許されずに失敗した兵器開発プロジェクトはどの国にもありますが、わが国においててき弾銃はその代表とも言える例ではないでしょうか。

 しかしながら、てき弾銃が仮に装備化に成功したとしても、66ミリという小さな口径でどれだけ対戦車戦に貢献できたかは疑問の余地があります。同口径のM72が、米軍では対装甲車輌としてではなく、対人・対拠点攻撃に活用されていたこと。陸上自衛隊でも口径84mmのカールグスタフを補完する形で、さらに強力な口径110mmのパンツァーファウスト3を採用していることを考えると、対戦車火器としてのてき弾銃の寿命はかなり短いものになっていたのかもしれません。


そして

 てき弾銃の開発が失敗に終わった20年後、カールグスタフの後継として01式軽対戦車誘導弾が開発されます。この01式は掩蓋内射撃が可能という対戦車火器という、てき弾銃の最大の特徴を備えている点は注目に値するでしょう。また、てき弾銃の開発経緯と比較すると面白いことが分かります。01式はてき弾銃より研究期間が1年長い4年である反面、開発・実用試験は4年でてき弾銃の7年より3年短い期間で終了しています。研究に時間を割けたことで、開発側の負担を減らして全体の効率化を達成することができた例と言えるでしょう。01式の成功によって、てき弾銃開発失敗の汚名を返上できたようです。

f:id:dragoner:20080727042729j:image

 現在、てき弾銃は土浦駐屯地の陸上自衛隊武器学校の資料館に展示されています。写真撮影は禁止されていますので、こちらには写真を掲載することはできませんが、興味のある方はイベントの際にでも寄られてみてはいかがでしょうか。

2008/11/16 追記:11/15の武器学校創立記念行事では写真撮影がOKでしたので、撮ってきました。

f:id:dragoner:20081115123539j:image

参考文献

小川和久「戦艦ミズーリの長い影」文藝春秋

ジョン・ウィークス「対戦車戦 戦車と戦う人間」原書房

弾道学研究会 編「火器弾薬技術ハンドブック」防衛技術協会

ダイキン工業株式会社社史編集委員会「ダイキン工業70年史」ダイキン工業

豊和工業「豊和工業八十年史」豊和工業

小林源文「武器と弾薬 悪夢のメカニズム図鑑」大日本絵画

戸梶功「軽対戦車誘導弾の開発について」防衛技術ジャーナル 2002年3月

dragonerdragoner 2008/07/27 11:57  チラウラというか言い訳。
 編集機材のレベルを上げてみたけど、操作が習熟していないもんだから編集に時間がかかる上、エンコードでノイズがのったりしたものだから、いくつかの映像のアップは断念しました。いずれ機会をみて、文章と一緒に再構成します。

dragonerdragoner 2008/07/27 12:34  チェックしてたら「汚名挽回」なんて壮絶な誤用が/(^o^)\
 文を修正しました。言い回しだけです。

さむざむ。さむざむ。 2008/07/31 20:38 何時も指摘ばかりで申し訳なく思いますが、開発フローについては微妙に足りない部分があります。
というのは、基本的に技術研究本部は勝手に装備品を企画・開発することができません。内局が切れた背景がそこにこそあります。

本来ならば、陸幕が装備品の開発要求を行い、その要求を受ける事で要素技術の研究及び(要素)試作そして(全体)開発が行われるのが一般的というか、それ以外の方法はありません。当然ですが開発要求を行う際には非公式・公式含めた実現の可否(フィジビリティスタディ)を技本・想定されるプライムに打診を行い、実現可能性が高いと陸幕(及びその配下の、、例えば当時で言えば武器学校の研究課や学校の同様部署が行いますが)が判断して初めて開発要求を行い滞りなく開発フローがスタートします。では何故突然開発に移行したのか、まぁ、ざっくりと言えば基礎的研究の中で完成品に近い状態の試作を行ってしまったからです(もっと言えば、技本・プライムの意向を聞かずに開発要求したものだから当該部署が開発を受けなかったのにという背景もある)。本来ならばもっとプリミティブな状態、例えば機関部のみの試作・評価というレベルで終わっていたのであれば、問題なくフローがスタートしたと思うのですが、完成品に近い状態でいきなり試作したという部分が迷走させる直接的な結果になった次第。

ただ、開発にタッチする現場側の視点で見れば、そもそもレベルで本質的に脆弱である人間が操作するものにしてはペイロードが大きすぎ、そしてロングリコイルでその反動を吸収することで密閉空間下での射撃を可能とするという要求事項は、非常どころか異常にハードルが高すぎなものであるため、システム全体で反動を吸収・相殺する方向でしか軽量化・低反動化が達成できなかったであろうことは容易に推測できますし、実際そうでした。まぁ、当時の内局某部署の担当官が技術に関しては余り精通していなかった事、そして開発現場の説明が稚拙すぎたというか、端折りすぎたことによる感情的な誤解があの迷走を産んだ背景にあるだろうことが想像できますね。

dragonerdragoner 2008/07/31 22:45 さむざむ。さま

 指摘を受けるのは、自分に至らぬところや調査不足の部分がある為ですし、資料をなかなか見つけられなかったので勇み足の部分が多かったと思っています。ご指摘を頂けるだけでも、誤りは訂正できますからありがたいです。
 ご指摘の部分ですが、「基本的に技術研究本部は勝手に装備品を企画・開発することができない」の点は全くの説明不足でした。小川氏の著書でもそこはきちんと説明されているため、一切の誤謬はそこを明示しなかった自分にあります。
 ただ、「基礎的研究の中で完成品に近い状態の試作」が行われたことは初めて知りました。自分が調べた中では「てき弾銃の形をした研究用の装置」的な表現でしたので、完成品とはほど遠いものだと思っていたのですが、そんな状態だったとは。考えてみれば、各研究所がそのようなものを作ること自体妙な話とも思えますので、思慮が浅かったです。
 迷走の原因については、映像で見た反動の大きさからして内局の問題だけで片付けられない(そもそも無理があった)とは思っていたのですが、そこまで多くの問題を抱えていたのですね……。小川氏の著書の中では、技研の近藤氏や普通科の連隊長は残念がっていたようですが、66mmのタマをあれだけのスピードで発射していたことの凄さ(悪い意味で)を考えて、残念論は鵜呑みにはしなかったのですが、思っていた以上に色々あったとは。
 ご指摘、ありがとうございました。

 感情的な誤解なりすれ違いによって、プロジェクト(装備開発に限らず)が迷走するっていう話は二次大戦のネタ本にいくらでも載っていますが、てき弾銃を調べるうちに戦後日本にもあると知って随分複雑な気持ちになりました。組織として宿命みたいなもんですけど、今後は無ければいいですね……。