ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

下総ミリタリースクエア このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-11-28

ランキング?

00:08 | ランキング?を含むブックマーク ランキング?のブックマークコメント

 世間話みたいなものでエントリするのに引っかかるものがあるとは言え、当分は記事も書けそうにないので軽い話を。

 

 youtubeをちらほら見ていると、どこの国の人間も考えることは同じなんだなと思うことしばし。

 例えば、こんなんとか。

The Top 10 Best Tank in the World 

D

 香港出身のChineseKungFu01による世界の戦車ベスト10ランキング。最初はArmor誌のランキングでも引用したのかと思っていましたが、「火力、装甲、機動力に基づいている」と冒頭にありますので、ChineseKungFu01の独断のようです。ランキング結果は見て頂ければ判りますし、個人が思うことは勝手ですのでここでは割愛させて頂きますが、配備も始まっていないK2をランクに据えるのはどうよ、という気も少し。

 さて、国の陸軍の象徴的装備をランキングされているわけですから、コメント欄には世界各国からの書込みがあるのは必然でしょう。再生数70万に対して5000件近いコメントが寄せられていますが、これがまた面白い。

 M1A2がレオパルド2A6・チャレンジャー2より低い評価がされていることにアメリカ人が「アメリカは真剣に新戦車を必要としている。独英より下? ファック!」と書きこむと、「いつからドイツイギリスアメリカの敵になったんだ。NATOの一員だろ」とスロバキア人から突っ込まれていたりと、なんかどこかで見たことあるような感じで面白いのです。

 あと、中国人が韓国戦車を貶していて、そのコメントが高評価だったりするのはお約束。


Leopard 2a6 demonstration

D

 レオパルド2A6のデモンストレーションです。

 横から見て、「うわ、バランス悪ぅ!」と言ってはいけない。

 相次ぐ改良により、未だ第一線に留まっている戦車ではありますが、走行中から急制動をかけますと、停止時にかなりたゆんたゆんと動揺(特に1分49秒あたり)していることが見てとれます。ブレーキかけても、舗装路面の上で数メートル滑って勢いが削がれていてもです。

 比較として、90式戦車の機動を見てみましょう。


平成20年度 富士総合火力演習 90式戦車

D

 不整地でブレーキ後、すぐに車体も停止したにも関わらず、かなり早いペースで動揺が収まっているように見えます。

 こうして比較すると、いくら火器や電装を換装したとしても、足回りやフレームの性能の差というものは埋めにくいものではないかと思われます。


ネタ

Leopard 2A6 vs. Nissan Micra

D

 なんという日本車叩き……。90年代前半のアメリカ人の比じゃない……

 と思いきや、

Leopard 2A6 v.s. Volkswagen Golf

D

 あら。

dragonerdragoner 2008/11/29 00:28  今回はチラウラみたいなエントリだけど、ここでもチラウラ。
 件のランキング、製作コメント読んでいると、重量と口径と速度で決めたような気がしてならない。

afvfanafvfan 2008/12/07 20:14  はじめまして.
 いつも興味深く拝見させていただいております.
 戦車ランキングは,各国のマニアの自尊心を激しく刺激するらしく(笑)youtubeの戦車関連の動画はどうしても「やっぱりウチの国の戦車が一番!」というコメントで埋まるのは仕方ないと思います.
 各国の軍事関連掲示板なんかも同じですね.(苦笑)
 Pumaの動画とかを見てもそう感じるのですが,90式や新戦車の動画に慣れた日本人にとっては,「あんなんで大丈夫なのか?」(汗)と感じるほど,レオ2,たゆんたゆんと揺れてますね.
 改めて,我が国の技術力の高さをを再認識する,というと,レオ2には気の毒でしょうか.
 今後も良い考察をお願いいたします.

dragonerdragoner 2008/12/07 21:38 afvfanさま
 初めまして。
 私も以前から色々な所でafvfanさまの書き込みを拝見しており、勉強させて頂いております。
 色んな国の人が色んなとこでランキングしているのを見ますが、軍ヲタの性は世界共通なんだなあ、と思う日々です(笑)。ランク付けにあまり意味はないと思うんですけど、こればっかりは……。
 レオ2に関して言えば、日本の技術力の高さと言うより、やはり開発年代の差が大きいのではないでしょうか。レオ2も元が70年代の戦車ですし、いくらFCSや火砲を弄ったとしても、足回りはそうそう弄れないことを物語っているように思えます。改良による性能向上には限界があるんだなあ、と。
>今後も良い考察をお願いいたします.
 考察と言えないようなチラウラ記事が今後も多いと思いますが、これからも宜しくお願いいたします。

Connection: close