Hatena::ブログ(Diary)

ドレーパー記念幼稚園園だより

2018-05-09 2018年 5月 

キリスト教保育の願い 1)           園長 佐 竹 和 平 
 幼稚園での新しい歩みも1ヶ月が経ちました。お子さんの様子を保護者の皆様はどのように見ておられるでしょうか。新しい環境の中にいる子どもたちについては各担任のクラスだよりに記されていますが、一人ひとりがその存在を認められつつの幼稚園生活となっています。一人ひとりが持つ人間の個性は異なりますので、その成長も異なります。その子自身の持つ成長の速度を理解し、慌てず、焦らずに子どもの成長を見守っていきましょう。

  子どもが、自分自身を大切なひとりとして受け入れられていることを感じ取り、
  自分自身を喜びと感謝をもって受け入れるようになる。

 所属するキリスト教保育連盟によるキリスト教保育のねらいとして6項目が挙げられているのですが、その一番目に挙げられているのが上記の項目です。キリスト教保育の始まりは「子どもが、自分自身を大切なひとりとして受け入れられていることを感じ取り」から、「自分自身を喜びと感謝をもって受け入れるようになる。」へと導かれることにあります。
ドレーパー記念幼稚園の生活には「お祈り」「さんびか」「聖書の言葉」があります。これらのことを通じて、自分自身が神様、家族、お友達、保育者に愛されている、大切なものだと感じ取って行きます。このことが生きていく上での出発点になります。このことを知るからこそ、自分自身が大切な存在だとわかるからこそ、目の前にいるお友達のことも大切な存在だということがわかっていくのです。キリスト教には「隣人愛」という言葉がありますがこれは「自分を愛するように、隣人を愛しなさい」というイエス様の教えですが、その前提にあるのは「神様に愛されている自分を愛する」ことにあります。

 さて、保護者の皆さん自身の幼稚園生活にはどのような感想を持たれているでしょうか。新入園児の保護者の皆さんは、まだまだ、馴染めない・・といった感じの方も見受けられます。これからクラス懇談会、サークル活動なども行われるようになります。幼稚園生活で新しいお友だちを増やしていく子どものように保護者の皆様もお友だちを増やしていきましょう。一緒に何かをする事によって親しくなるものです。子どものみならず保護者の皆様にとっても幼稚園での生活が楽しく、充実したものとなるよう願っています。

2018-04-12

2018年 4月

イエスさまとともに生きる 〜愛の交わりの中で〜 
                      園長 佐 竹 和 平 

 4月は新しい出会いのときです。新入園の子どもたちの中には、初めての集団生活にとても緊張し、不安な気持ちでいっぱいの子もいるでしょう。進級の子は新たな友だち、新たな先生にワクワクしているのではないでしょうか。保護者の方は不安と期待を胸に抱き、子どもを園に送り出す日々となるでしょう。子どもや保護者の不安や期待を受け止めつつ、教職員一同、協力し合って安心、喜びの日々になるように努めて参ります。

 始業式では進級の子どもたちは一人ひとり先生からバッチを胸につけてもらいました。入園式では菊池牧師が入園の子どもたち一人ひとりと握手をして回りました。その後には全園児の点呼が各クラスの先生によりなされました。不安な気持ちを持っているそれぞれの子どもたちを「クラスの中の一人、大勢の中の一人」として見るのではなく、一人ひとりの名前、顔、声、動きをしっかりと覚え「私とあなた」という関わりを深めたいとの思いです。一人ひとりの子どもとの出会いを大切にしていきたいと願っています。

 ドレーパー記念幼稚園はキリスト教主義の幼稚園としてそのカリキュラム(教育課程)はキリスト教保育連盟の示すものに準拠しています。年間の主題があり、月の主題があり、月ごとの願いがあります。年間の主題は「イエスさまとともに生きる〜愛の交わりの中で〜」とされています。これは聖書(ヨハネの手紙毅款錬雲瓠砲砲△襦岼Δ垢觴圓燭繊⊃世このように私たちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。」から導かれた主題です。

 「愛」という言葉はキリスト教ではとても大切な言葉です。キリスト教は愛の宗教と言われたりもします。愛は人が生きていくうえでとても大切なものですが、はっきりとこれが愛だと目に見えるものではありません。しかし、確かに愛はあります。幼稚園の誕生会で歌うさんびかに「うまれるまえから」というものがあります。

  生まれる前から 神様に守られてきた友だちの 誕生日ですおめでとう
 
 生まれて今日まで みんなから愛されてきた友だちの 誕生日ですおめでとう

 今、目の前にいる子どもは母親の胎内にいるときから大切に神様に守られて生命を受けた子どもです。生まれてから今日まで神様、イエス様、家族から愛され、大切にされてきた子どもです。目の前にいる子どもの存在は目に見える愛とも言えるのではないでしょうか。愛はもちろん人との関わりの中でも見ることが出来ます。子どもと子ども、子どもと保育者、子どもと保護者、保護者と保育者、保護者と保育者との交わりの中に愛を見ることがあります。そして何よりイエスさま、聖書の教えの中に愛を見ることができます。 

 この一年もたくさんの愛を子どもも保護者も保育者も見られるように、その喜びを共有できるようにと願っています。

2018-03-06

2018年 3月 希望

                      園長 佐 竹 和 平 

 幼稚園の毎日の礼拝では聖句暗唱を行っています。おはようブックの左ページのリトルジョイの絵の下に記されている月ごとの聖句をみんなで声をそろえて言うのです。この一年、どのような聖句があったか、お子さんと一緒にぜひ、読み返してみてください。

4月 わたしは よみがえりです いのちです
5月 いつまでも のこるものは しんこうと きぼうと あいです
6月 みよ わたしは あたらしいことをする  いま もうそれが おころうとしている
7月 ひかりの こどもらしく あゆみなさい
8月 あなたの りんじんを あなたじしんのように あいせよ
9月 わたしたちは たがいに あいしあいましょう
10月 たねをまくひとは みことばをまくのです
11月 へいわをつくるもの はさいわいです
12月 きょう ダビデのまちで あなたがたのために すくいぬしが おうまれになりました
1月 しゅは あなたを まもるかた 
2月 かみは よろこんで あたえるひとを あいしてくださいます
3月 あいは けっして たえることがありません

 3月のカリキュラムのテーマは「希望」となっています。この希望の聖句は5月に暗唱しています。「いつまでも残るものは信仰と希望と愛です」と聖書には記されています。神様は私たちのことを愛してくださっています。その愛を受けていると信じて生きていくことが信仰です。愛に基づく信仰があれば神様は私たちの人生を必ず良いように導いてくださると希望が持てるのです。信仰、希望、愛この3つをいつまでも残るものとしています。なぜ、いつまでもの残るのでしょうか。目には見えない物で、心の中にあって壊れないし、人に盗られないものだからです。形あるもは古くなり、壊れたり、無くしたりすることがあります。しかし、信仰、希望、愛はそれがしっかりとしたものであればいつまでも残るのです。これが人生を歩んでいく上での土台となるのです。ドレーパー記念幼稚園で過ごす中でお子さんのみならず、保護者の皆さまにもこのことが少しでも伝わっていればとの願いを持っています。

 いよいよ2017年度のドレーパー記念幼稚園の生活も終わりが近くなってきました。年長のほし組さんは幼稚園を卒業し、4月からは小学校へ進学、年少、年中は進級となりそれぞれ新しい環境の中での幼稚園生活となります。どのような環境の中にあっても、神様の祝福とお守りをいただいて、安心して生活ができるようにとお祈りしています。

2018-02-14

2月 育ちあう

                    園長 佐 竹 和 平 

 わ〜すれな〜いで〜いつもイエスさまは〜きみのことを〜みつめている〜♪ 2月のさんびかは「忘れないで」です。この時期、年長のほし組は卒業の言葉も多く聞くこととなり、幼稚園を卒業し、小学校に行くことへの喜びと不安をもって生活しています。年少、年中はそれぞれ進級に向けて、憧れの一つ上のバッチに期待をふくらましている子もいるようです。そのようなときに、忘れないで欲しいことがあるので、2月にこのさんびかを歌っています。

 忘れないで欲しいことは、みんなが神様、イエス様に愛され、守られている大切な存在だと言うこと。そして、みんな、一人ひとりが大切な存在なので、互いに愛し合いましょうということ。困っている人がいたら助けてあげましょうということ。幼稚園に在園している皆さんはこのことを礼拝の中で聞き、友だちとの関係の中で体験し、行ってきていたのだから、忘れないでいて欲しいのです。いつも忘れずに生活することはないかもしれません。でも、辛いとき、嫌なことがあったときに思い出して欲しいのです。それは希望になるでしょう。うれしいときにも思い出して欲しいのです。それは感謝になるでしょう。大切なことをしっかり持って、忘れずに人生を歩んで欲しいと願っています。

 2月のカリキュラムのテーマは「育ちあう」となっています。子どもの育ちの上で最も大切なのは家庭、親と子の関係です。親と子の関係の中で愛し、愛される絆が基いとなって社会(幼稚園)における人間関係が広がっていきます。親と子の関係で育ちあいは見られますが、やはり、最もその育ちあいが引き出されるのが子ども同士、友だちとの関係です。先日は園内でコマ大会を行いましたが、コマを回すコツを教え合う姿。上手く回せたら喜び合う姿。失敗したら励まし合う姿が見られます。育ちあうのです。園庭では縄跳びが行われています。首には縄跳びカードをぶら下げて、出来たらシールを貼ってもらいます。得意になって園長に見せに来てくれる子どもたちです。その子を見て、自分も頑張ろうと一生懸命に取り組む子がいます。競い合いの中で育ち合うのです。一人では頑張らないかもしれないけど競い合う相手がいるから頑張り、育つのです。こういう育ち合う仲間がいることが大切なのです。

 笑いあって、泣きあって、喜びあって、協力しあって、分けあって、時には争いあいもありました。愛しあって、歌いあって、祈りあった仲間です。幼稚園生活を通じて、お子さんのみならず保護者の方も仲間ができたのではないでしょうか。育ちあう仲間づくりは幼稚園だけでなく、ずっと続いて行きます。人が育っていくうえではどのような人と仲間になるかはとても重要なことです。幼稚園での仲間づくりの経験を活かし、その場その時にあって、素敵な仲間がお子さん共々、保護者の皆様にも与えられるよう願っています。

2018-01-10

1月 守られて

                       園長 佐 竹 和 平 
 毎月のカリキュラムの中にある【願い】とは、このような経験を子どもたちにしてもらいたいという願いであり、教師はこの願いが叶えられるような環境づくりをしていく必要があります。「環境」というのは幼児教育における重要な単語で、幼稚園教育要領には「幼児教育は幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うもの」と示されています。ここで言う「環境」とはその子の周りにあるもの全てです。園庭ではブランコやすべり台などの備え付けの遊具、スクーターやシャベルなどの遊具、砂場、土、水、木、花、動物、太陽・・・。 室内ではピアノ、机、おもちゃ、壁面、絵の具、クレヨン、ねんど、絵本・・・。環境の中には人(友だち、異年齢の子ども、保護者、教師)も含まれます。かけっこ、歌、礼拝、お弁当なども環境です。教師はその日、そのクラス、その季節、その気候を考慮し、子どもが育っていく過程において必要な体験ができるような環境づくりを心がけています。保護者の皆様にもこの環境作りにご理解、ご協力いただいていることも多くあります。

 1月の願いの中に「繰り返し取り組むことで、原因を見つけたり、コツをつかんだりする」とあります。この時期には環境の中に「こま」が入ってくることを想定しての「願い」です。幼稚園では年齢、段階に併せて異なるこまで子どもたちは遊ぶことになっています。年少さんは手のひらを使って回すこま、年中さんは引きごま、年長さんは投げごまです。それぞれの年齢にとってちょうど良い難しさがあります。ここでの環境は「こま」があると言うだけではなく、こまが回せる子がいる、回せない子がいる。年少中児から見ると年長さんのこまは難しそうで、あこがれを持ち、年長になったら出来るんだと期待を持ちます。年長児にしてみると、年中、年少のこまはもう体験済みという自信があることも環境に含まれます。教え合う、見せ合う、喜び合う環境があります。そのような環境の中で「繰り返し取り組むことで、原因を見つけたり、コツをつかんだりする」という体験をしてもらいたいというのが「願い」なのです。単にこまが回れば良いというのではなく、この経験を通じて、生きていく力を養って欲しいという願いなのです。

 「健康に過ごすための生活習慣を身につける」ではこの時期、インフルエンザ、風邪などが流行しますが、早寝、早起き、食事、うがい、手洗い、歯磨き、顔洗い、衣服の選択、着脱などを子どもが自分の判断でできるように育つ環境作りが求められます。

 「神様が守り、導いていることを知る。」という「願い」も示されています。クリスマスを経て、神様が私たちにイエス様を授けてくださったことの意味を知り、共に喜ぶ経験をした子どもたちです。今一度、丁寧に「あなたは神様に守られ、導かれている大切な子です」というメッセージが子どもたちに伝わるよう願っています。