drinkmeのブログ。

2016-08-14

誕生会 → King Park 再び。

21:34

f:id:drinkmee:20160815020129j:image

昼前から、午後半ばまで、エルソブランテ付近でお友だちの誕生会。少し遠いですが、楽しい誕生会でした。出てきたタイ料理が美味しすぎて、私ひとりでカレー3杯、チキンサテ5本、きゅうりのサラダをボウルにいっぱい。いくらなんでもそれは食べすぎだろうと思いつつ。子どもはチョコケーキを食べ過ぎたので、帰宅してから運動。またKing。友だちがいたので(Kingに来るとだいたい誰かいる)2時間走り回る。

ところで私の趣味はランニングですが、走るときにWalkmanを聞いています。その昔に集めていたMP3をひっくりかえして探し出し、今日聞きながら走りました。「恋に落ちて」小林明子、「Endless Game山下達郎、が入っていました。偶然にも80年代と90年代の不倫ドラマの主題歌だったわけですが、聞いていていろいろ思うところがありました。

この頃の不倫というのは、「結婚しているカップルが別れて、再婚する」なんていうことは絶対になかったわけです。だから、エンドレスゲームであり、ダイヤル回しても手を止めるのです。不倫というのは、たとえ不倫をしていても、絶対に成就しない夢物語現実逃避。だから世間不倫に優しい……というか、大目に見ているところがあった時代でした。

今は、不倫をすると本当にそのまま別れることが多くなっているし、ひょっとするとそのまま再婚することも珍しくなくなっています。だからこそ逆に不倫に対する目は、ものすごく厳しくなってますね……

浮気をしている男がアメリカ人なら、男が本当に愛しているのは愛人。イギリス人なら妻。ロシア人ならウォッカユダヤ人なら母親。フランス人は両方、というどうでもいい冗談がありますが、アメリカ人も不倫して離婚してそのまま再婚することに対する倫理的な敷居は日本人よりもっと低いかもです。アメリカ人と一口に言っても、いろいろなので一概には言えませんが。

……と、まぁ、本当にどうでもいいことを考えながら今日もせっせと走りました。

日本時間で、本日終戦の日敗戦記念日

2016-01-28

「そんなときにワインを1杯流し込むの。」

13:43

f:id:drinkmee:20160127134226j:image:w480

■××(自粛)生活に問題があり、カウンセリングとかそういう関係のものを格安か無料でやってくれるところが近所にないものかとググって検索したことがあります。そうしたら、どうしたことか摂食障害セラピーが大量に出てきてしまいました(しかも有料、高い)。裕福な人が多く住んでいる場所で、……UCバークレーの関係者も多いですから知的エリートもたくさんいるわけですが、こういう場所で摂食障害がこれほど問題になっているというのは、実に興味深いことです。

アメリカは、日本と比較すると激しい階級社会です。貧乏な人とお金持ちの差が激しく、異なる階級の人たちが交流する機会というのもほとんどありません。そのせいなのかはわかりませんが、摂食障害はともかくとして、アルコール依存や薬物依存を、中流以上の人たちが「自分の問題」と受け止めるのは難しいようです。「アル中やヤク中は、黒人やホームレスの問題」というわけです。

■しかし、実はそうでもないんじゃないか? というのが私が周辺を見渡していて思うことです(これが今アメリカで問題を引き起こしています、これについては後日)。アルコール依存は「否認の病」と言われ、自分がアルコール依存であるという自覚を持てないまま病気が進行します。私の個人的な知り合いの中だけでも、深刻なアルコール依存の疑いのある人が5〜6人います。シーバスリーガルのボトルが2日で半分以上なくなるというのは尋常ではありません。

■某所にあるCVSチェーン店の大規模な薬屋)はホームレス御用達となっていますが、ここでかなり良い身なりをした単独男性が、こそこそとウォッカやジンやウィスキーのボトルを買っているのを何度も見たことがあります。

■「中産階級以上のアルコール依存」に焦点を当てた小説があります。この本と同じ著者の別の作品について、ここでも以前書きました(精神障害とホームレスに関する小説です)。今回紹介したいと思っている本では、子育て中のお母さんが「キッチンドリンカー」になってしまいます。アルコールに呑まれていることを必死に隠そうとしますが、結局バレます。そして今度は我が子の親権を剥奪されそうになる(つまり子どもをとりあげられる)、という話です。

子どもと二人っきりで、何時間もごっこ遊びをしなければならないのよ。スーパーマンにやっつけられる悪者役を何時間もやるの。そんなときにワインを1杯流し込むの。そうすると、少しはいい気分になれるわ

ものすごいリアリティですねー。(続く)