Dr.マッコイの非論理的な世界 このページをアンテナに追加 RSSフィード

[記事一覧] [政治] [歴史] [靖国] [天皇] [極東] [欧米] [反日] [売国] [社会] [報道] [科学] [読書] [音楽] [雑感] [資料]

2005-12-27

[][] 北海道が中国になる日

(最後に中国の歴史に関して追記)

中国というのは莫大な人口をかかえている国。ちょっとしたはずみで大量の難民が日本列島に押し寄せてくる可能性すらある。中国としても、世界中に中国人をおくりだそうとしている。華僑なんかは昔から有名だし、彼らが世界中に散らばれば散らばるほど、反日も世界中にまき散らされる。それどころか、莫大な人口の受け皿として、日本の、土地の面積の割には人口の少ない北海道をねらっているのでは!?という話を「Speak Easy 社会」さん「中国による北海道乗っ取り計画」で知った。なんと国土交通省北海道開発局では、中国人等を大量に受け入れる計画を練っているとか・・・。

国土交通省 北海道開発局 第6回 夢未来懇談会

議事次第 PDFファイルより以下引用。

○基調報告(その2)

(資料3「北海道人口1,000万人戦略」説明(有)北海道チャイナワーク 張相律代表取締役)

北海道の人口を増やす必要性としては、世界的な人口流動の受け皿、福利制度破綻の解消、経済規模の拡大等が挙げられる。一方、北海道の土地、食糧自給率、自然、住居環境、新しい歴史・文化、整備された社会基盤などについては人口が増える好条件である。

・北海道の人口を1000万人にする戦略は以下のとおり。

(1) 北海道の将来像(ビジョン)を明確にし、道民全体で共有するとともに、対外的にPRする。

(2) 外国人労働者を受け入れ、産業コストを下げることにより、安くて安心な衣食住を提供する。

(3) 北海道独自の入国管理法を制定し、外国人が来道しやすくする。

(4) 外国人労働者の受け入れに伴う安い労働力と、広い土地を生かした企業誘致を行う。

(5) 災害対策を含め、北海道の長所を売りに国内からの移住者を増やす。

(6) 次世代の育成を視野に入れた教育制度の改善を図る。

(7) 北海道の観光振興施策を担当する行政機関を集中させ、観光PR戦略を策定する。

(8) グローバル化に対応した国際都市を建設する(中華街など国際的な街作り)。

配付資料 資料3 「北海道人口1,000万人戦略」PDFファイルから以下、内容を抜粋。

北海道人口1000万人戦略

北海道チャイナワーク 代表取締役 張 相律


北海道人口を増やす必要性

 ■世界人口大流動の受け皿になる。

  人口爆発、グローバル経済、協力計画経済


北海道人口1000万人戦略2

  衣食住は基本の基本

 ■海外からの労働力を本格的呼ぶ。

   IT、バイオ、農業、漁業、建築業、運送、福祉、観光業、製造業など

 ■安くて安心な衣食住の提供戦略。

  ・海外の安い労働力を呼び、農水産業・建築業の生産コストを下げる。

  ・徹底した技術指導を行い安心できる生産技術を伝授する。

  ・海外から安い生活用品と建築資材を輸入。(本州は進んでいる)

 目標:衣食住に掛かる費用を韓国・台湾レベルに!


北海道人口1000万人戦略3

  外国人来道者は道民の予備軍

 ■北海道独自の入国管理法を制定

  ・今の研修制度を見直し、正式な就労者としてビザ発給

  ・短期観光客に対してはノービザ制度を投入

  ・留学生を積極的に受け入れ、北海道に残る仕組みをつくる。

  ・住宅、不動産など購入した人は簡単に長期滞在ビザ発給

  ・世界の画家・音楽家などにアトリエ聖地にする。

 目標:観光にきたお客様が北海道に住みたくなるようにする

  海に囲まれた島だから可能(第2の香港)、刑法強化


北海道人口1000万人戦略4

  安い労働力と土地で企業誘致

 ■福祉・福利関連企業誘致。

  海外の安い労働を利用した、福利福祉施設


北海道人口1000万人戦略5

  移住者を200万に


北海道人口1000万人戦略8

  国際都市の建設

 ■中華街など国際的な街を作る。

ここで盛んに、「外国人を受け入れる=安い労働力が手に入る」などと安直な事が書いてあるが、外国人労働者を受け入れることもしくは移民を受け入れることにはかなりコストがかかる事を忘れてはいけない。ただ彼らを受け入れても、仕事なんかできない。まず日本語を教育してさらには日本社会に適応できるようにして、その上、職業訓練もしなければならない。貧しい外国人が増えれば治安も悪化するのでその対策だってコストがかかる。

外国人労働者を受け入れればバラ色みたいなでたらめをばらまくのはやめていただきたい。それなりの対価というか、かなりのコストがかかる事なのだ。

それはともかく、上の議事次第などを見ると、具体的に国土交通省(北海道開発局)が、中国人等を大量に受け入れる計画を練っているというより、張という中国人のスパイが日本を中国化させるための工作活動をさかんに行っている段階だと思う。今のうちにこのような「北海道中国化」の芽を摘んでおかねばならない。北海道を「リアル北斗の拳ワールド(by三輪の何某さん)」にしてはいけない。

今の北海道はかなり弱っていてワラにもすがりたい気持ちもあるかもしれないし、今の国土交通大臣はあの草加学会・北側氏である。本当にやりかねない気がする・・・。

で、真名さんのところに書かれていた北海道乗っ取り、最悪のシナリオは・・・

1.北海道に独自の制度を設け、最終的に独立に持って行く。

2.中国から移民を受け入れ人口逆転を起こす。

3.中華系の政権となる。

4.多数決で中華人民共和国の自治区となる。

5.移行期間を経て、中華人民共和国北海道省となる。

北海道は私の故郷だから、こんな事は断じて許せない!しかし残念ながら北海道という土地は歴史が浅く、日本の良き伝統も薄い土地柄。リベラルな人間がいまだに幅をきかせている。「国から地方へ」というその実は国による地方切り捨て政策によって、景気は低迷しつづけ、不況にあえいでいる。国がその気なら、こっちだっていっその事独立してやろうか・・・などという気持ちになるのもやむを得ないのかもしれない。

そんな北海道民の気質を考えると、本当に中国に乗っ取られかねないなあと感じてしまう。

軍隊がワーっと攻めてくるような侵略なら、武器を持って戦えば良いわけだが、このように「ジワジワと」そして「民主的な」方法を利用した侵略に対抗するには有効な手だてが無い。拝外主義と言われようとも、水際での流入を阻止するしか無いだろう。あとは北海道民の教育だ。教育を地方にまかせれば、北海道の左翼的教育はますます暴走する。特に小学校・中学校の教育は国の責任でやるくらいの覚悟が必要だろう。

こんなニュースもあるようだし。

「沖縄独立を」25% 4割「沖縄人」と認識

地方をないがしろにするとかならずしっぺ返しがくる。北海道や沖縄がこのような現状で、地方分権だの「国から地方へ」など言っているようでは、将来的に日本の安全保障にもかかわるような重大事になりかねない。

国は地方をしっかりとつなぎとめておくべきだ。中国の脅威は軍事面だけでない。彼らの野心には警戒をおこたってはいけないだろう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(追記)中国 侵略の歴史

どうも中国の軍事的脅威すら認めたくない人もいるようで、sanhao_82さんの「■[社会] シナ共産党政府が何でそんなに好きなんだろう?」で見かけた「中国・侵略の歴史」を参考までに・・・。中国がどんな国かよくわかる。これでも中国が軍事的脅威ではないと言えるのか!?

中国の主な歴史。(「あんた何様?日記」12.14付より

1949年   中国がウイグルを侵略

1950年〜  文化大革命・中国国内外で以降粛清・民族浄化及び餓死で3000万人以上が死亡

1950年   中国が朝鮮戦争に参戦

1951年   中国がチベットに侵略し現地民数百万人を虐殺

1959年   中国がインドと国境紛争、カシミール地方の占領

1969年   珍宝島で中国軍がソビエト軍が衝突

1972年   日中国交樹立

1973年   中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射

1978年   米中国交樹立

1979年   中国がベトナムを武力侵略。中国が懲罰戦争と表明

1989年   中国天安門にて発生した学生による民主化運動を軍隊で強行鎮圧し死者300人以上

1992年   中国が領海法制定により南沙諸島と西沙諸島の領有を宣言

1995年   中国が歴史的にフィリピンが領有してきたミスチーフ環礁を占領

1996年   中国が台湾海峡でミサイル発射し台湾を恫喝

1997年   中国がフィリピンが歴史的に領有してきたスカーボロ環礁に領有権を主張

同年    中国が日本が固有の領土として主張してきた尖閣諸島の領有を主張

2000年   中国の軍艦が日本列島を一周。中国が尖閣諸島付近で日本の領海内の海底油田調査を敢行

2004年   中国が沖ノ鳥島は岩であり日本の領海とは認めないと主張

同年    中国の潜水艦が石垣島の日本の領海を侵犯

2005年   中国が反分裂国家法を制定し台湾に対して武力行使を明言

同年    台湾問題に介入するなら核攻撃を行うとアメリカを恫喝

同年    アメリカが中国の巨大軍事国家化を指摘

同年    中国が沖縄の日本帰属に疑問を示し沖縄は歴史的に中国のものと主張

同年    中国海軍が春暁ガス田付近に軍艦派遣で示威行動

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。

管理者Dr.マッコイにメッセージを送る

mackymacky 2005/12/27 11:24 近未来SFの構想を自分の頭の中で描くことが多いのですが、2千某年、中国は国連にて「人工減少国は人工増大国に併合されることを国連勧告とする」案を提出し、賛成国多数で可決された。中国はこの決議により近いうち日本を始めネパール、モンゴルなどを中国領とする勧告案を国連理事会に提出するものと予想される。 みたいなことを考えたことがあります。実際中国共産党の本音は沖縄北海道だけではなく日本すべてをなくしてやりたいということでしょうから。

drmccoydrmccoy 2005/12/27 11:59 いやー、単なるSFの話なら良いのですが、おっしゃる通り「中国共産党の本音は沖縄北海道だけではなく日本すべてをなくしてやりたい」でしょうし、今の反日教育で育った世代が中心になると、本当に日本を滅ぼしてやろうと武力攻撃しかねないんじゃないかとすら思えますね。

(^-^)風顛老人爺(^-^)風顛老人爺 2006/04/25 02:14 拝啓、シナをはじめまとする特亜三国への援助は鐚一文残らず停止しましょう。 国連分担金 在日米軍に対する思いやり予算・上納金は値切りましょう。 目一杯と。 浮いたお金で北海道に投資しましょう。 その第一歩として 廃棄している牛乳を買い上げてチーズを作り 給食に提供しましょう。 全国の役場にて、お茶替わりに飲みましょう。 こうして北海道経済が少しずつ回復すれば、シナに頼る むやみな外人労働者受入という暴論は消えて行くと思われますわ。 よし、明日から北海道の乳製品を買おうと、しかし 私は牛乳が体質的に飲めない。 腹を壊す。 うーむ、困った。 よし小樽か十勝ワインを愛飲する事にします。 貧者の一灯なれども。 拙文ながら。 草々