水たまりの雨音 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 09 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 04 | 09 |
2011 | 09 |

2011-09-07 さて久々に

さて久々に

| さて久々にを含むブックマーク さて久々にのブックマークコメント

 更新が途絶えて3年経過した中で,時折ブクマが増えているのは知っていたのだが(メールで知らせが来る),昨日コメントを頂いた.ブログとはいえ何かしらアウトプットしておくと,それが何か役に立つことがあるんだなあというのが面白い.

 この3年間で凹んだり,楽しいことがあったり,研究が全くできなくなったり,環境を変えてみたり,逃避してみたり,と紆余曲折ありましたが,何とか研究者として生きる生活に戻ってきました.3年前とは全く考え方も立ち位置も変わりましたね.

 考えたこと・感じたことをまたアウトプットしてみようかなと思いました.久々なので今日はこんなところで.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dropsound/20110907

2008-09-16 5ヶ月経っての自分語り

5ヶ月経っての自分語り

| 5ヶ月経っての自分語りを含むブックマーク 5ヶ月経っての自分語りのブックマークコメント

 更新が途切れてから半年くらい経とうとしてたんですね.前回のエントリ内容で立ち直ったように見えつつ,スランプから完全に脱出できずにgdgdな半年を送ってました.当初予定していた論文執筆計画は崩れ,最低限の論文投稿だけは済ませました.

立ち止まることって怖いよね

 今までの人生,自分なりには山あり谷ありのつもりなんだけど,人から見ると順風に見えるようです.客観的に見れば確かにそうなのかもね.浪人もしなかったし,どの段階もストレートで進んだし,Ph.D取得後もどうにか食べいける生活を送れてるし.

 でも,そういった生活が普通になってきてたから,立ち止まること・失敗することを妙に恐れるようになっていた気がします.というか立ち止まり方,そして立ち止まったところからのアクセルの踏みなおし方がわかってないんですよね.経験無しに学ぶことは難しく,自分の中でやり方が確立されてなかった.

 そんなわけで,今年に入ってからの半年間くらいのスランプは,私にとっては貴重な時間でした.もちろん雇われ先のプロジェクトボスと先輩にはかなり迷惑をかけてしまったわけで,そこは償っていかないといかんわけですが.でも,迷惑をかけたおかげで自分の人生観が少し変わったような気がします.

 アクセルを踏み続けなくても良いんだ.もっと人を頼ってもいいんだ.つらいときには立ち止まってみても良いんだ.立ち止まってもまた走りなおせるんだ.書いていくと恥ずかしい内容ばかりですが,そんなことに気づけた半年だったようです.

 まだ上手い速度調整は身につけてないけど,止まり方くらいは覚えられたかな.

人生の目標を見定め直す

 前回のエントリを改めて読み直したけど恥ずかしい.だいぶスランプに陥ってたんですな.目標というか完全に自分を見失ってるね.悪いスパイラルに嵌っていたようです.

 「研究者になりたい」という目標は変わってないです.「大先生になりたい!」「歴史に名を刻みたい!」「ノーベル賞とりたい!」など大目標を掲げてみるのも面白いけど,今の自分の目標は「研究者として生きながら,研究者として人生を目一杯楽しみたい」ですかね.妙に漠然としてるけど,異様にしっくりきます.

 形のある目標も大切にしたいけど,無形の前向きな目標が自分にあってるような気がしました.

環境の変化

 こんなエントリを書けるようになったのも,実は今月に大きな環境の変化があったことが一因です.かねてから海外研究してみたいなあと思っていましたが,色々な縁があって実現に至りました.海外でのポスドク生活が始まりまして,今はアメリカにいます.この環境の変化を利用して心機一転,研究にのめりこむ生活を復活させようと思います.

今後,このブログをどうして行くのか?

 やはり考えたことをアウトプットしていくのも楽しいですよね.こちらでも月に2-4回程度はアウトプットも続けていければなあと思っています.研究に関することが多くなるとは思いますが,日本との文化の違いを認識しながら,『考えること』『教えること』について思うことを吐き出そうかな.


 というわけで生存報告でした.

だるまだるま 2008/10/14 02:45 はじめまして。通りすがりの者です。
自分がどうなりたいのか、というのはなかなか決まらないんですよね。過去の日記のグダグダ感とか、がんばれ論とか、過去の自分と近いものを感じました。
振り返ってみればスランプ期間は学ぶことも多くて、人間的に成長するためにはそういう時期が必要なんじゃないかと(今だから?)思います。
私流のスランプの過ごし方ですが、「仕事の能率が上がらないときは残業を減らして、普段なかなかできない地味な勉強をする」、勉強する気も起きないときは「頭をからっぽにして散歩して風呂に入って寝る」、これに尽きます。

はるあやsはるあやs 2011/09/06 13:05 はじめまして。通りすがりの者です。
googleで論文投稿,という検索をしてこちらのブログにきました。
私はまだphDを習得できていなくて,論文投稿も数えるほどです。
あと数日でまた初めの投稿となるのですが,読めば読むほどダメなような気がします。
でもこれから先のことを考えると,いろんなことが怖くなっています。

でもこちらのブログを読ませて頂いて,自分以外にも同じような気持ちの方がいるんだと思うとちょっと気が楽になりました。
どうしても御礼を伝えたくて,コメントさせて頂きました。

dropsounddropsound 2011/09/07 17:44 >はるあやs さん
相当久々に開いてみたらタイミングよくコメントをいただきました.
ありがとうございます.

研究の世界は安定感を得るのが難しくて,自分ではなかなか先が見えないから不安が大きいですよね.
不安に思うのは当然のことなので,あまり自分を責める方向に向かわない方がいいと思います.
危機感を持ちつつも「まあ何とかなるだろう」という心の余裕を持てるといいですね.

自分の研究は自分が思っているよりも評価してもらえることがあります.
自分はなまじ内容を知っているだけに悪い部分ばかりが目についちゃって
研究のいい部分・面白い部分が見えづらくなります.
なので不安は大きいとは思いますが,多少気を楽にして投稿しちゃえばいいと思います.
戻ってきたら直せばいいだけの話なのです.

いろいろと紆余曲折ありましたが,自分はいま研究者として働けています.
悩んだ期間は無駄ではなかったなあと思ってます.
はるあやs さんにも良い研究生活が訪れますように.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dropsound/20080916

2008-04-03 スランプに陥った話

スランプに陥った話

| 17:19 | スランプに陥った話を含むブックマーク スランプに陥った話のブックマークコメント

 この記事は完全に自分語りです.そういうのが嫌いな人は気分を害するはずので読まない方が良いと思います.公開しといてなんだっつう話ですが,一応,先に明言しておきます.この記事は,飽くまでも自分のためのアウトプットです.

スランプ

 2-3月は研究の進みが悪かった.精神的なスランプに陥った.何をやろうにもやる気が出てこない.何をするにも先ばかりが気になって手元の研究に手がつかない.やりたいこと・やるべきこと・やらなければならないことが多すぎて,自分で優先順位をつけられない状況が続いた.毎週リストを作り変えては,代り映えのしないリスト項目にゲンナリする毎日.〆切が迫って本当にやらなければならないことはやったけど,だましだましで一日を過ごしてた.

 「自分に甘いだけなんじゃないの?」と問い正されればそれまでなんだけど,そういう叱咤でも自分の気持ちを変えられないからこそのスランプだったわけで.少し凹むくらいの状況なら,その叱咤で回復できるんですけどね.

スランプの原因: 自分はどうしたいのか?

 一つは燃え尽き症候群.昨年後半の怒涛のコラボ研究が楽しく,各地を観測で巡るのが楽しすぎた.デスクワークだけが残ってしまったことに辟易したのかもしれない.

 でもメインの原因は違う.心の問題

 「研究者になりたい」.これが高校以来の自分の目標だった.研究者になるには博士の称号を得ることがまず必要なのだということを知った.この目標に向かって大学受けたし,大学院進学も迷いなく決めた.院生時代も苦しいこととか大変なことがそれなりにあったけど,それを苦と思わない自分がいた.目標がはっきりしてたから楽しかったのだ.苦しくてもやってやりゃいいじゃん,と.

 で,実際に大学を修了して研究者になった.目標が叶った.その喜びで半年は持った.半年たっても忙しさにかまけて,そういう思考を持つに至らなかった.

 で,年が明けて忙しさから解放された時に急に気付いた「研究者になったまでは良い.で,どんな研究者になりたいんだ?」 明確な答えを持っていない自分にがっかりした.今更ここで悩むのかよ.学生じゃあるまいし.そしたら急にポッカリしちゃって,仕事が手につかなくなってしまった.「なんのためにこれやってるんだろう」「これ,本当にやってて面白いのだろうか」「こんな論文書いても意味ないんじゃないのか」

半年前の自分が襲ってくる

 答えを持っていない自分にくよくよしていたころ,半年前の自分が襲ってきた.これに打ちのめされた.

 研究に限らないのかもしれないけど,研究職についていると成果が遅れて着いてくる.たった今頑張っていることが立った今評価されることなんてほとんどない.学会前に発表準備して,学会当日に発表が上手くいった,くらいの即物的なものもあるけど,発表できるだけの素地を整えた(観測・実験・測定・データ解析・議論など)のはもっと昔の話.昔の頑張りが後々評価される.

 論文などの書いたものの成果がわかりやすい.論文執筆→論文投稿→査読→査読結果に合わせて修正稿作成→再投稿→上手くいくと受理→掲載,と時間がかかる.一番頑張るのは初めの執筆.次が修正稿作成.受理まで行けばあとは掲載まで待つのみである.雑誌によりけりだが,受理されてから掲載されるまで半年以上かかることもざらである.

 スランプに陥ってた時,それまでの自分はけっこう頑張っていたので(自分で言うのも変だけど),その恩恵がかなり降ってきた.論文が掲載されたり,雑誌に寄稿した記事が掲載されたり,翻訳を手伝った本が発刊されたりした.もっと昔に書いた論文を見ず知らずのヨーロッパの研究者が引用してくれたりした.

 どれもこれも,とても嬉しい話で本来なら大いに喜びたいのだが,その時点でのスランプ自分の不甲斐なさが目立つように感じてしまい,余計に鬱気味に.半年前の自分の影に怯えてしまい萎縮してしまう.

 今頑張れていないことが怖い.半年前の自分みたいでいなければならないのか.怖い怖い.

 そんなことばかり気になるようになってしまい,喜べることすら喜べなくなっていた.

ひどい風邪にかかって考えた

 年度末から体調不良続きで仕事を休まねばならない事態に陥った(おかげで年度末の学会発表は,それはもうひどいものだったが).強制的に仕事から頭を切り離した.休みをいただいて一週間ほど実家で静養した.

 おかげで,自分を冷静に見つめなおせる良い機会ができた.自分がスランプだった原因とか,本当はどうしたいのかとか考えた.熱にうなされただけの考えもあったけど,布団の中で自分のことを考えた.

 まだ「どんな研究者になりたいのか」については明確に答えが出ていない.でも自分は人にものを教えるのが好きだということを再確認できた.だから「大学の先生になって学生指導しながら研究したい」という目標が1つできた.もともとこの目標を持っていたような気もするが,忘れていた.思い出せただけでも良い機会であった.

今思うこと

 この2ヶ月の期間に計画していた仕事があったけど,それは確実に先送りになった.そのことで自分が不利益をこうむることもあるだろうし,他の人に迷惑をかけてることもある.でも今まであまり立ち止まる事無くやってきていて,そのスピードを維持するのは無理があり過ぎると,とストップをかけてくれたのかもしれない.と好意的に・積極的にとらえることにした.もともと前向き人間なので.前向き思考が顔を出し始めただけでも自分にとっては良い収穫である.他人に欠けているだろう迷惑をこれから回収しに行きます.

 妙な自分語りをネットで公開してスイマセン.書くことで自分の心を整理する性質なので,書いてみました.だいぶスッキリしてきたし自分の中での葛藤も終わり,スランプ抜けだせそうです.

 また前向きなブログ記事を書いていこうと思います.     終わり.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dropsound/20080403