drunker’s high

 | 

2018-08-03

TIF2018 一日目@お台場

TOKYO IDOL FESTIVAL 2018 1日目

@お台場・青海周辺エリア


まゆむらさんを落としたセンスのないフェスということもあるし

メンツ的にも面白みないなーってのとそもそも興味の方向が違うというので

今年は久しぶりに行かないつもりだったんですが、

今日の午後の支援先が品川シーサイドだったので帰りに寄れるな、

ってのと、丁度無銭ステージにいい感じのがあったので来ました。

着いたぐらいには暑かったんだけど、だんだん風も涼やかになって助かった。


PASSPO☆

フジテレビ前の野外特設ステージ、前方が有料エリアみたい。

後方エリアも階段のところも結構一杯でした。

多分これで見納めの、ぽ、さん。

まだメンバー7人いたのね。

ってかもう半分以上メンバーの名前も忘れちゃった。

曲もイマイチ知らん曲ばかり、「くちゃラブ」は聞いたことあるような。


PASSPO☆ x 風男塾

女性客やたらいると思ったらふだんじゅくがコラボするんだね。

なんかお互い仲いいのかなんなのか、カワイー、と、カッコイイの

しょうもない褒めあいをステージで、どーでもいー。

コラボ各組半分に分けてそれぞれの曲を一曲ずつやって

最後に「マテリアルガール」。

これがほんとに、ぽ、の納め。

上、前、開いて、ヘイヘイ。

昔楽しかったな、2012年TIF、ステージ観ないで友達と飲みながら

マテリアルガール」のフリコピやって。

ぽ、さんいろいろ思うとこあるけど、でもいままでありがとう。


THERE THERE THERES

ガラッと客減ってぜあーさん、わざわざ場内放送が入ります。

モッシュや連続ジャンプはしないように、っていう。

そしてこのクソ熱い中野外には似つかわしくない黒衣装5人。

最初の曲は「ゼアズサムシング」、ファンはいいだろうけどこれ一般人も

たくさん見ている場所でやる曲か?という印象。

そっから「レイニー」ですよ、どよめいたけど、暴れるわけでもなく

なんでべるはちゃん曲でもこれをもってくるのかという疑問。

3曲目「ソイル」ノエさんは初のパフォーマンス参加だったようです、

それには意味があるんだろうし、いい曲だしとても好きだけど、

ここでやるか、っていうのはやっぱりあるね。

盛り上がりには非常に欠ける状態で進んでラスト「アスマ」、おお。

ボンズが急に忙しく、それを振り切ってサークルが有料エリアだけでなく

無料エリアにもできてました。

暴動ぐらいにはなってて髭ボンズが弱そうなヲタクに暴力をふるって

イキってましたね。

ボンズマジダサい。

なんというか「アスマ」だけ?みたいなセトリ、このステージでやる意味?

っていう、まあもう離れた、ってかぜあーのファンではない俺に

言われたくないだろうけど。

そんな中でポニーで登場したみずほは活き活きとしたパフォーマンス。

2曲目ですぐにポニーは取れちゃって、ソイルの終盤のところで叫び声を

上げたり、一転してアスマでは笑顔が弾けたり、とても良かった。

ちょっと髪に赤メッシュいれてる?まあもう21、大人だもんな。


セトリ

1.ゼアズサムシング〜

2.レイニー

3.ソイル

4.アスマ


amiinA

アスマのごたごたが落ち着いてしばらく間おいてからのステージ。

こちらはステージをしっかり味方につけたとてもさわやかな良いステージ。

2曲目の「キャンバス」はちょっと面食らった。

歌う心の準備とか前々出来てなかったので曲前にあみが「一緒に

歌いましょう」って言ってて、え、あ、そうかキャンバスか、みたいな。

まあそこそこちゃんと合唱になってていい光景だったと思います。

そして「コーリン」と新曲の「ユニコーン」の流れはとても良い。

ユニコーン」の作者の人TESSEI TOJOって知らないけどいい曲です。

で、これで終わればすっきり立ったんだが最後に「ジュビリー」。

まあ普通に考えたらやるわな。

その変たなかと違ってひねくれてないから素直に今の看板曲やる。

まあ盛り上がっていたけど、俺はどうもやっぱりダメかも。


セトリ

1.ソアー

2.キャンバス

3.コーリン

4.ユニコーン

5.ジュビリー


私立恵比寿中学

時間はせまってたんだがゆっくりとスマイルガーデンへ。

近づいていくと聞いたことある音楽、えびの入場SEだ。

からの「春の嵐」、あー照井曲、去年のTIFも初日ラストえびを見て、

その時におおってなったヤツね。

それが終わる頃にスマイルガーデンの無銭エリア後方へ、かろうじて

ステージが見えるぐらいのところ。

地下現場に慣れた俺からすると膨大な人数がステージを見てますね。

これも去年も見た「ラブリースマイリー」。

廣田さんのボーカルパートはかほちゃん?になったのかな。

そう、ステージにはもう6人しかいない。

廣田さんが居ないステージでその不在を感じるライブ。

たいていの廣田さんパートはかほちゃんなのかな、一部りこさんだったり。

MCとあまり知らない曲をはさんでイントロでどよめきとともに

始まったのがなんと「梅」ですよ。

そして最後なんと「放課後下駄ロックンロール」ですよ。

えびメジャー直後とその後の後ぐらいの曲、ナツい。

こんだけメンバー減ったとこで何故その曲がくるかという。

音がうすっぺらくてマイクの調子も悪かったが久々観れたのは良かったな。


セトリ

1.春の嵐

2.ラブリースマイリーベイベー

3.シンガロングシンガソング

4.梅

5.MX

麺 大井町 天天有

大井町 京都一乗寺 中華そば 天天大井町

・ブラック+炒飯(黒)セット 950 九条ねぎ大盛り(無料)


ちょうど4年ぶりに入店。

1227ほぼ一杯でテーブル片付け待ち、さすがに平日昼時は

大半がサラリーマン客で盛況。

ところでこの店の店員、関西(京都)弁教育受けてる?

それとも出身者をとってる?

フロアの2人の店員両方完璧な関西弁、というより京都弁でしたな。

あと、一乗寺にこんな店あったっけなって思ったけど少なくとも今

一乗寺に店はないので元々発祥は一乗寺でも俺がいたころにはもう

なかったのかも。

ラーメン自体はおいしいけど黒はチャーハンも含めちょっとしょっぱい。

少なくとも来月までは近辺の支援先の契約があるし、飲み系も完全に

行けるので今後使うこともあるかも。

 |