Hatena::ブログ(Diary)

積読自慢はカッコワルイと思います。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-04

[]古龍『マーベラス・ツインズ1 謎の宝の地図

マーベラス・ツインズ (1)謎の宝の地図 (GAMECITY文庫)

マーベラス・ツインズ (1)謎の宝の地図 (GAMECITY文庫)

 2008年1月購入。2年7ヶ月の放置。極悪人の巣窟、悪人谷でも最も恐れられた存在である「十大悪人」のうちの五人に育てられた小魚児こと江小魚は齢14にして一人江湖を旅することに。悪知恵が働く悪戯者である小魚児は出会った人々をからかったりして騒動を起こすのだが、偶然にも宝の地図を手に入れる。この地図のおかげで武術の達人たちに狙われることになるのだった。

 次から次へと魅力的なキャラクターが怒涛のごとく登場し、ストーリーはテンポよく進んでいく。性格のきついドS美女の小仙女・張菁や彼女の友人で暗器の使い手・慕容九妹、それぞれ十二支動物にちなんだ特徴のある「十二星相」たちに命を狙われる小魚児の武器は「十大悪人」仕込みの悪知恵である――こう書くと、小魚児は小憎らしい男のようであるが、愛嬌たっぷりの言動は読み手にとってむしろ好ましいものであり、まことに魅力的な主人公であるといえる。これは作中の登場人物にとっても同様であるようで、鉄心蘭という彼を慕う少女がいたり、あるいは義賊である黒蜘蛛なる人物が彼と義兄弟の契りを結びたがったりと、様々な人物を惹きつけてやまない。後半は彼のライバルであるイケメン少年・花無缺が登場し、いよいよ盛り上がるというところで終了。続きが実に楽しみな一冊である。

 なお、本書の原題は『絶代双驕』。読み手の想像力を刺激する好タイトルで、邦訳版もこちらで問題ないと思われる。また、漢字イメージ喚起力を活かした表現も、武侠小説の魅力の一つであろう。にもかかわらず、『マーベラス・ツインズ』などとベタ英訳採用したのはいかがなものか。カタカナタイトルのほうが日本読者に馴染み易との考えであるなら、武侠小説ファンは舐められたものだ。世紀の愚訳『コンドルヒーロー*1』から何も学んでいない。

*1金庸の傑作武侠小説神雕侠侶(邦題『神雕剣侠』)』のアニメ版

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/drunkershigh/20100804/1280926303
なかのひと