社会派DS このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-12-27 今更「アジアの安全な…」について

[]「アジアの安全な…」が「このブログがすごい!」に選ばれた件

先日の12月16日に発売された宝島社の『このブログがすごい!』を立ち読みしました。今年話題を集めたブログ

アジアの安全な食べ物:中国の7色に輝く河川と食品

が1位に選ばれていました。一瞬驚きましたが、宝島社の人が選ぶのならあり得るかな、と思い直しました*1


また、ライブドアPJオピニオンの特集

『ネットマナーを検証する』第五回(最終回)

でも「アジアの安全な…」問題が取り上げられていました。


やはり、この件は今年のブログ界では大ニュースだったのかも知れません。


そこで、ここを政治ブログと定める前に「裏ブログ」で書いていた文章を、若干の修正と追記を加えつつ以下に転載します。日本人の中国観にも関わる問題なので、ここで扱う意義はあるでしょう。

[]中国食物論もしくは松屋

(以下は今年の9月10日に別所で書いた文章です)


ご存知の方も少なくないと思いますが、8月のはじめごろ、次のようなブログ(とは言ってもエントリ1つだけ)がWebの一部で話題になりました。

アジアの安全な食べ物:中国の7色に輝く河川と食品

汚染された川の画像のようなものを並べ、更に汚染された中国食品の事例を書き並べて、中国産の食物の危険性を喧伝しています。


ブログのコメントやトラバ欄には「中国産のものは二度と食べない」のようなコメント多数。ブログ本文の記述を額面通りに受け取った場合の素直な感想だと思います。「中国に行ったら未知のウィルス感染して死ぬのは目に見えてますね」のような客観的正当性皆無の嫌中コメントも散見します。


一方、エントリ本文に情報ソースが書かれていないことを批判するコメントもいくつかあります。もっともな指摘だと思います。しかしこの種のコメントに対して「工作員はコメント書くな。中国を擁護するなら日本から出てけよ非国民が」のような典型的な2chネット右翼のような反応を示す輩もいます。


なお、ソースはコメンターによって幾つか提示されています。どうやら、ごく一部の画像は中国のものではなかったものの、正しい情報も含まれていたようです。詳しくはコメントログをご参照ください(長くて読むのが大変ですが)。


いずれにしても、中国の一部地域の環境汚染が深刻であることは確かなようです。日本の数十年前もこれに近い状況だったのでしょう。


さて、上記ブログに対する痛烈な批判を書いたブログも現れました。ブログ「真性引き篭もり」の中の

「アジアの安全な食べ物」という犯罪者と、それに踊らされる馬鹿。

です。特に次の部分は、最後の一文の感情的表現を除けば、かなり説得力ある批判になっていると思いました。

当然の話であるが、重工業地帯と農業地帯はイコールではない。我が国にも放射性残土や重金属で汚染され、回復の見込みが無い土地は多くある。それらのみを取り出して「国産品は汚染されている。危険だ。」とするのと同じ事をしている。


また、輸入品には国によるチェックが入る。国よりも犯罪者を信じるとは、一体何事なのだと言わざるをえない。恐怖を煽るという典型的な思想操作に引っ掛かる人間はマイナスイオン級の馬鹿だ。

ただ、この批判エントリを書いたhankakueisuuさんという方は、各所に対して挑発的なことを常習的に書かれています*2。更に、政治思想的に2chの多数派と異なる考え方をお持ちのようです。よって、多数の批判返しコメントがやトラバが寄せられています。その中で、次のトラバ記事が印象に残りました。

「アジアの安全な食べ物」という犯罪者と、それに踊らされる馬鹿。(「わたしのものさし(はてな版)」)

どのソースを信じ、どのソースを切り捨て、何を善とし、何を悪とするか。すべては相対的なものであり、絶対的なモノは存在しないと思います。決めるのはあなた自身。私はささやかに自らの意見を提起するだけで押しつけるつもりはありません。こういった他人を非難するやり方がゆくゆくは戦争なんかにつながって行くのではないだろうか?


なーんて、大げさに書いてみましたが。要は私はあの記事を見て、中国食品は食べたくないなぁと思った。あなたはこれを見ても中国食品を食べ続ける。それでいいんじゃないっすか?

戦争云々はよく分かりませんが、この意見にも賛同できます。「感じ方は人それぞれ」で片付けられていますが、Web上の争いごとを収束させるには、相対主義的な結論が賢いのかも知れません。


話は少し変わります。私は今日*3はじめて知ったのですが、2chのB級グルメ板の松屋スレッド*4では、アジアの安全な食べ物のリンクが真っ先に張られています。2chらしいというか何というか…… 一方、松屋のサイトのQ&Aの記述は見事です。感服しました。引用します。

Q1. 松屋の牛めしは安全な牛肉を使用しているのですか?

A1. 松屋では中国産の安全でおいしい牛肉を使用しています。ご安心してお召し上がりください。

2chの一部の連中はこれを見て嗤っていますが、危険でない中国産の食物が厳然と存在することは確実でしょう。実は、私は松屋牛肉を週に2回くらい約2年間食べ続けていますが、今のところ身体の変調はありません*5


さて、私自身は、上記の通り、中国の環境汚染が深刻であることは確信していますが、それでも、松屋の牛肉をはじめとする中国産食物については、全く気にすることなく食べ続けます。


【追記】ここからは現在の視点での補足です。私は、今年の8月にアジアの安全な食べ物…を初めて一読した瞬間「このブログは信用しない」と決めていました。何故か。記事の書き方や行間から、中国に対する感情的な嫌悪感が感じられたからです。昨日書いた通り、私は感情的な中国全否定論を一切信用しません。

*1:ただし、私が選者なら絶対にランキングには入れません。後述の通り、内容面で共感できない点が多々あるし、エントリ1つだけというのも私的にはマイナス要素だからです

*2:実際、他のエントリの中には行き過ぎた批判ではないかと思えるものもあります

*3:この文章を書いた9月10日のこと

*4:現在はDAT落ち

*5:ただ、松屋の牛めしは私には少し量が多すぎるので、ダイエット的には好ましくないのですが…