Hatena::ブログ(Diary)

かまやんのAudio Life

2018-09-23 ノグチトランス廃業

ノグチトランスが廃業するらしい。

タムラのトランスが安く買えて、昔はよく利用した。

オリジナルの安物の小型トランスでもショートリング付なので

安心感があった。

オークション真空管アンプ用のトランスはけっこう良い値段で取引されているのに

どうしてかなぁ。

ポンポコ所長ポンポコ所長 2018/09/24 20:39 かまやん様,

復調されたようですね,良かった.


悲しいですねぇ.ドンドン廃業ですか.
私もノグチは電源,OPTなど使ってきました.
だんだんとさらなる入手難が差し迫ってきたようです.

タムラは手に入りますが,とにかく高い,
アマチュア用はもう輸入しかダメでしょうか.

1626s のOPT,イチカワのITS2,5WSなのですが,
もう安価に手に入るのは,春日,東栄,イチカワ位でしょうか.
春日(SEL),東栄(イチカワ)と聞きましたがどうなのでしょうか.

残るはやはり中古しか無いのかもしれません.もうこれ以上買う気はなかったのですが,中古OPTを探すべきかもしれません.

2018-08-04 夏祭り

今年1年は自治会班長に当たっている。

自治会には、総務部や広報部等の役があって、

私は文化スポーツ部に配属希望した。

その役割はズバリ夏祭りの開催である。

その夏祭りの中で私はビールチューハイの販売を担当した。

f:id:ducati750s:20180804173522j:image:w640

水槽4つ(4つめは右奥に少し見えている)が割り当てられたが

地面に直置きでは腰が痛くなるだろうと

1×4と2×4を組み合わせて水槽の台を作成。

代金や品物をやりとりするため、水槽の上に板を載せた。

暑すぎるくらい暑いのと、廉価で販売したので

商品は完売、今年の自治会の役を気持ちよく終える事ができた。

後は打ち上げと、3月まで月例班長会にただただ顔を出すのみ。

夏祭りが終わり、

これからは・・・・出張のシーズン突入である。とほほ。

P.S.

このブログの容量はいっぱいになってきており、

引っ越しを検討しています。

ポンポコ所長ポンポコ所長 2018/08/16 14:02 かまやん様

ご無沙汰をしています.
書き込みありがとうございます.

また,班長のお役目ご苦労様です.

それにしても,最も暑かったときに夏祭り,写真を見ているだけで汗が噴き出しそうです.
売れるのも当然でしょうけど,私なら,自分で買って飲んでしまいそうです.

来月は学会シーズン,出張も増えるでしょうけど,まだまだ暑いし,何分体力が尽き果てる季節です.
十分ご注意をしてください.
名古屋に来られたら,是非とも元祖,熱田蓬莱軒のひつまぶし(\3600)を召し上がってください.
今は何処に行ってもありますが,やはり,ここが発祥ですから.

特注トランスはすでに手元にありますが,外観は春日とほぼ同じです.
多層巻の出力トランスも巻いてくれるそうですので,ショートリングもOKと思います.
もう苦労をして抵抗で調節などする気にならなくなりそうです.
特に,欧州管の場合は,便利です.
タムラの欧州管用特注電源トランスを売り払おうかと思ってしまいます.

次には,私もショートリング付きを頼みたいです.
私はかまやんさんどころではなく,行き当たりバッタリで配置や配線をしますので,
ノイズが出てから,大慌てで,何処だ何処だと・・.

ブログの引越を検討されているとのこと,情報をお願いいたします.

2018-05-20 買いそびれた

[]SHUREカートリッジ生産終了 02:32

MCカートリッジランニングコストが高いので

1つ入手しようと思っていた。


イコライザーの3段増幅化で調子が良くなってから、

値段をずーっと観察していたが

GW明けに値段が急に跳ね上がった。

M44GやM44-7が7千円台から1.1万円くらいまで。


理由がやっと判った。


SURE フォノカートリッジから撤退

2018-04-03 九州旅行2018(3日目)

最終日である。

嫁をお約束の温泉にぶち込む。山のホテル夢想園、らしい。

f:id:ducati750s:20180403115041j:image

宿泊した訳ではなく、嫁の入浴だけです(恥

[]無量塔Tan's Bar 14:13

f:id:ducati750s:20180403094053j:image

もう何も言う事はない。


今回の大分旅行は、

文化の香りがした。


立ち飲みでベロベロな毎日ではダメだと思い知らされた旅行だった。

ポンポコ所長ポンポコ所長 2018/04/10 22:10 かまやん様

九州ですか,正直うらやましいです.

嫁さんを温泉に連れて行ってほっておける,
なんと言う良い身分でしょうか.
うちの嫁は自分で何もしませんので,常に面倒を意味なければなりません.
行く場所には文句を言いませんが・・・.

しかし,皆さん 300B とは恐れ入ります.また,SP も凄いですね.
大分はMJにも時々出るくらいオーディオが盛んなんですね.

骨休めをして,さぁ,仕事と製作ですか.
記事の掲載を楽しみに待っています.

ぴょこっとぴょこっと 2018/04/26 02:10 こんばんは。
お久しぶりです。
ブログリニューアルされていて新鮮に感じております。

この旅行は企画が大変だったのではと…
また、結構、お店があるのには驚きました。
良かれ悪しかれ自分の糧にして製作に結び付けていければ
いいですね。

2018-04-02 九州旅行2018(2日目)

大分2日目の私の目的は、佐伯市にあるJAZZ喫茶である。

途中、嫁の機嫌取りのためにお約束の温泉である。

長湯温泉。別名ラムネ温泉

f:id:ducati750s:20180402111512j:image

私は温泉に興味はないので、温泉関係の写真はない。

それでも、佐伯のお店と約束した時間にちょっと早く着き過ぎそうなので

竹田に寄り道した。

まずは岡城址。二の丸跡にある滝廉太郎像。

f:id:ducati750s:20180402125804j:image


この城跡は巨大で、よくもまぁこんな辺鄙なところにこれだけの規模のお城(石垣)を

造ったものだとつくづく感心させられた。

[]但馬屋茶房だんだん 13:51

入場券売り場に戻り竹田市内のランチどころを紹介するパンフをもらい、

但馬屋茶房だんだんに目を付けた。

城跡の駐車場から10分以内で到着。

f:id:ducati750s:20180402141344j:image

120年前の建物のくぐり戸から入ると

f:id:ducati750s:20180402134225j:image

薄暗い落ち着いた雰囲気。店の間に鎮座するスピーカー。


ほっほー

こんなものを期待した訳ではなかった。

古楽器を用いた音楽が静かに流れる。


それより、驚いたのは、

f:id:ducati750s:20180402134147j:image

新藤ラボのオールWestern球の300Bシングル。

トランスは菅野か?、モノラル構成である。


f:id:ducati750s:20180402134100j:image

説明は不要だろう・・・・


もっともこれらが鳴るかどうかは不明。

このお店に来た目的は、

f:id:ducati750s:20180402135410j:image

ランチだったので。

[]JAZZ珈琲 いとう 13:51

竹田から1時間はかかっただろうか。

目的地に到達した。

ご主人によると、宣伝する気は全くないということ、

ご主人と1対1でずーっとお話をうかがったので

写真を撮らせてください、というのも厚かましいので言えず、

このお店、というより秘密基地の写真は撮らず仕舞である。

ビジュアルは佐伯市の公式HPを参照いただきたい。

郵便局に勤務され、ご定年を迎える機会にこのお店、というか

お住まいを建築されたらしい。

とんでもない、と、あえて言わせていただくが、山の中で、

家までの道も新たに切り開いたとの事。


オーディオルーム(喫茶室?)にはJBL4343とDIATONEのモニタースピーカー2S305があり、

今回は2S305が鳴っていた。


解放された縁側から涼しい風が吹き込む。

部屋は30畳ほどあるんだろうか・・・・


ドライブするアンプは香音の丘に続いて300Bであり、

違いはシングルではなくP.P.でタンゴの段間トランスでドライブされていた。


これ以外のトランスはチョークを含めタムラ。

他に211Bシングルも鎮座していた。


音源はCD。レコードはCDより劣るとの事だ。

プリアンプはクリスキットを使用されている。

入力のセレクターにCDplayerの文字が見え、

これは私のには刻まれていなかった。私のより新しいバージョンなんだろう。

お部屋あるアップライトピアノに白字で数多くのサインがされており

どこかのライブハウスからのもらい物?と伺ったところ、

大分でJAZZのコンサートをプロデュースする方のご紹介で

有名なミュージシャンのライブを

なんと、このお店で何度も開催されており、

ライブ時に撮影した写真を見せていただいた。

菅野邦彦をはじめ多くの有名どころが来られている。


こんな田舎(失礼)でほんとうに?である。


肝心の音だが、大きなバスレフポートのせいか、重低音は空振りしているが

立ち上がりのシャープな音であった。


別府のほか、大分には数人オーディオ仲間がおられるようで

うらやましい限りだ。

さらに東京にお住まいのお嬢さんが秋葉原でアンプの部品を調達して送ってくれるらしい。

恵まれた人生、恵まれた老後、というところか。


抹茶茶碗コーヒーと奥様手作りのクッキーをいただき、

2時間ほどでお暇した。

すがすがしい、息のしやすい空間だった。