Hatena::ブログ(Diary)

Rowing to another dawn.

2018-06-02

生存報告

昨年一年は命の危機を感じて居ましたが、漸く落ち着いてきました。他で色々やっているのでここは殆ど更新していませんが谷川雁関係等があるので削除の予定はないです。ボチボチ有朋寮の昔の写真とか出していって良いモノだろうか(写ルンですで撮っていた写真とかが出てきたらしい)。

2017-02-23

単行本未収録作品発掘作業のための

ずいぶん久しぶりの記事ではてな記法もすっかり忘れてしまった。思えばmixiだのFbだのを試したこともあるが、どうも合わない。合わないといえば聞こえはいいが、たいてい距離感を間違えて尻尾を巻いて撤退する体たらくという訳だ。今やブログも風前の灯で、たいていはスマホから更新する形態に適応進化を遂げているわけだが、私は相変わらずあの有朋寮の崩れかけた木造建築物の中で読みもしない蔵書に囲まれてAMITYを覗いていたあたりからまるで進歩していないという次第だ。

さて、細々と続けている谷川雁単行本未収録作品の発掘だが、久しぶりにいくつか網に引っ掛かってきた。だが、どこかでこの表題は目にしたことがあるはずで、それをいま確認しているところ。もしどこにも記録がないのに読んだことがあるような気がしているなら、いよいよ私もボケが始まっているというわけかもしれない。

松本さんは『永久工作者の言霊』に続く仕事として精力的に原稿を書かれていたが、いよいよラボ教育センター時代谷川雁の発言について資料をまとめ始められているらしい。遠からず、"沈黙期"の饒舌さの実態が姿を現すことになるわけで、こればっかりは読まずには死なれないので、もう少し気合を入れて戦闘的に生きていきたいところではある。

なんとか一年の間をあけずに更新できた。忘れているわけではないのだが。毎度のことだが、これを書いたということは、このあと多少は浮上をしていくに違いない。

2016-04-10

今年に入って初めての記事とか

信じられん。エイプリルフールもとっくに終わったのに大概にしてくれ。

年明けからこっち連日帰宅が22時23時辺りまで、休みは片手に余るという前職よりさらに酷い状況です。まぁ自業自得というか、立場的に仕方ないのですが。

もちろんこれをよしとしているわけでは無く、将来的に楽になるための下地造りをしているということで。

そんなわけで少なくともGWまではこんな感じです。体感的に新年が明けたのは昨日ぐらいの感じなのです。なんと長く、そして一瞬の三ヶ月だったことか。というか昨年度がまるで三年分の濃さだったので時間の感覚がおかしい。

色々やっていると研修の講師をやってくれなんて声がかかったり色々ありがたい評価も受けるんですが、正直そんな余裕は無く、自分の足場を固めるのに精一杯なのです。

もちろん色んなところで発言するのを止めれば良いんですが、しかし将来を考えると布石をうっておく必要はあり。そう考えると研修の講師ぐらいは引き受けておくべきでしょうかね、顔と恩を売っておくという意味で。バランスが難しい。

2015-12-31

まぁ、今年は

最終二か月、いつ倒れるかという体調不良を感じていたのはこれまでの人生でなかったこと。それも病気とかではなく、疲労で。歳を取ったということか。来年は職場の環境改善にまい進しなければならぬ。今もそのために頑張ってるつもりではあるのですが。

まぁ、今年は。

平沢進のライブに15年ぶりに参加したし、新譜が予想外によかった(というか改めてここ数年の仕事はゴミだったと思った)し、研究会でそこそこの発表はできたし、最低限の原稿は投稿できたし、悪くはなかったんじゃないの。

そして、これから毎年恒例部屋のお片付け。きっとことしも除夜の鐘をききながら汗だくになっている。それができるってのが幸せってことさね。

今週のお題「年末年始の風景

2015-11-11

谷川雁年表未記載文章拾遺/「十代」誌の整理

ものがたり文化の会(十代の会)の機関誌「十代」(1981〜)の手持ち分をざっと確認してみると、これまた年表に載っていなかったり単行本に収録されていなかったりする文章ががっつり載りまくっていて悶絶。これまでその時々の問題関心で拾い読みしていたから、今回みたいな書誌情報的な関心でチェックしたことは無かったのだ。一部はものがたり文化の会が発行した単行本に収録されているけれど、対談集に収録されているのもごく一部だったのだなぁ。

さて、年始の特集号に載せられたら面白そうな文章を一つ松本会長に報告したものの、もう掲載スペースはなさそうな模様。ただ、私が担当する予定の年表未記載文章リストに収録するように命令が下る。自分で自分の首締めたワ…

あ、なお、インフォメーションを確認すると人体交響劇の発表会が以下のスケジュールであるようです。

  • 2015年
  • 2016年
    • 1月17日(日)第36回賢治童話人体交響劇発表会
      • 場所:国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟1F小ホール

大分と、年明けの関東には行けるかなぁと、行けるようにしないとね。

D