Hatena::ブログ(Diary)

Rowing to another dawn.

2012-03-16

吉本隆明 死去

黙祷。

    • 文学、思想、宗教を深く掘り下げ、戦後の思想に大きな影響を与え続けた評論家で詩人吉本隆明(よしもと・たかあき)氏が16日午前2時13分、肺炎のため東京都文京区日本医科大付属病院で死去した。
    • 87歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は未定。
    • 今年1月に肺炎で入院し、闘病していた。長女は漫画家ハルノ宵子さん、次女は作家よしもとばななさん。
    • 1947年東京工大卒。中小企業に勤めるが組合活動で失職。詩作を重ね、「固有時との対話」「転位のための十篇」などで硬質の思想と文体が注目された。戦中戦後の文学者らの戦争責任を追及し、共産党員らの転向問題で評論家花田清輝氏と論争した。
    • 既成の左翼運動を徹底して批判。「自立の思想」「大衆の原像」という理念は60年安保闘争で若者たちの理論的な支柱となった。詩人谷川雁氏らと雑誌「試行」を刊行し「言語にとって美とはなにか」を連載。国家や家族を原理的に探究した「共同幻想論」や「心的現象論序説」で独自の領域を切り開き、「戦後思想の巨人」と呼ばれた。
    • 80年代はロック音楽漫画ファッション時代の感性を探り、サブカルチャーの意味を積極的に掘り起こした「マス・イメージ論」や「ハイ・イメージ論」を刊行。時代状況への発言は容赦なく、反核運動も原理的に批判した。

どうも"思想家"という呼び方で素直にとらえられるのは、この世代までという感覚が自分のなかにあるのだ。

この世代で生き残っている思想家としては、あとは鶴見俊輔ぐらいのものだろうか。

最後の親鸞 (ちくま学芸文庫)

最後の親鸞 (ちくま学芸文庫)

谷川 雁 (KAWADE道の手帖)

谷川 雁 (KAWADE道の手帖)

北一輝論 (1970年)

北一輝論 (1970年)

回想の人びと (ちくま文庫)

回想の人びと (ちくま文庫)

渡辺京二は少し下になる。余談になるけれどヤマザキマリの「望遠ニッポン見聞録」がなかなか面白くて、そのなかで「逝きし世の面影」が参考文献に挙げられていて興味深く思ったところだった。、

望遠ニッポン見聞録

望遠ニッポン見聞録

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)

「試行」同人の一人、村上一郎が自刃した1975年から谷川雁が逝った1995年までの間隔が20年、そして吉本隆明が亡くなるまでの17年。世界はどちらのほうが、より大きく動いたのだろうか。