Hatena::ブログ(Diary)

Rogi073.Diary このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-03-25

[]Coheed and Cambria 待望の来日公演 代官山にて


遂に

エモでメタルプログレッシブなバンド Coheed and Cambria が遂に来日。私が見に行ったのは、2008年3月25日東京代官山UNITでのライブ。


少ない

もともと、海外と日本とでは、人気が雲泥の差のバンドなため、来日してもお客は入るのだろうかと心配していたのだけれども、実際は、その心配の通りで、とても、小さなライブハウスなのだけれども、前の方が少しつまり気味なだけで、後ろは結構余裕あり。こないだいった、ANEKDOTEN よりも入りは少なかったのではないかとさえ思う。

さらに、こういった海外では人気があるけど日本での知名度が低いバンドのライブって、外国人のオーディエンス率が上がるのだけれども、今回のライブはまさにその通り。かなりの比率で外国人。Tool も結構日本でも人気あるけど、それでも他のバンドに比べると外国人オーディエンスが多い気がする。

お客さんが少ない分、かなり間近でみることが出来るというのは、かなりラッキーではある。海外のライブ映像みるとスゴイ事になっているから、バンドのメンバーも少しショックなのではないかとも思ってみたり。


さて、ライブ

しかし、ライブはやっぱりすさまじい事この上ない。

まずは、来日メンバーだけれども、ベーシストVISAの問題で来日出来ずで、サポートメンバーが代役。あと、キーボードもサポートが入ってのライブもあるみたいなのだけれども、今回のライブではなし。だけれども、コーラスで、女性ボーカルが二人。なので、4+2 という構成。

間近でみると、やっぱり、Claudio の髪型と体格はすごい。それに圧倒されたまま、ライブが始まると、もう、あの粘着質で耳について離れないメロディーのオンパレードで、かなりの盛り上がり。さらに、外国人のオーディエンスがあまりにも元気で、跳びはねるはぶつかり合ってはしゃぐは、歌い上げるはで、まぁ、盛り上がってすごく良かったのだけれども、時々、勢い余って、何度か足を踏まれ、体当たりされたり。多分、あの程度の客の入りで良かったと思う。すし詰めだったら大変な事になっていそう。


ボーカル

Claudio のボーカルは、ライブDVDでもそうだったけれども、演奏に夢中になりすぎたりして、入りのタイミングを何度か逃したりする。けれども、そんなのはお構いなしで、とにかくあのハイトーン粘着ボイスはライブでも健在。さらに、それを、女性コーラスが支えているから、なかなか鋭い。さらに、オーディエンスも歌いまくるから、それも何となくフォローになっていたり。


とにかく

とにかく、あのキラーエモメロディーがあるから、盛り上がりまくる。で、メロディーで盛り上げた後に、メタル系リフと早弾きでまたまた、別の盛り上がりに持って行くから、楽しみまくれる。ホント、理屈をこね回さなくてもいい、この体感は、これはこれでとても楽しい。


勿体ない

なので、これだけしか人が入らないのは、なんとも勿体ない。こんな入りだと、もう二度と来日公演は無いのではないかと、ちょっと危惧してしまう。

なかなか、こういったタイプのバンドは日本では受け入れられないのかもしれないけれども。


前座

ちなみに、前座で30分程度演奏していた日本のバンド(バンド名がよくわからなかった)が、意外にとてもいい演奏で驚き。結構、前座のバンドの演奏って、がっかりさせられることが多いけれども、今回はむしろ驚き。こういったバンドの受け皿が日本にあるのかが心配だけれども、今後の活躍を期待したい気がした。

関連リンク:

dLINKbRING.Music.Coheed and Cambria

COHEED AND CAMBRIA

MySpace.com - coheed and cambria - NEW YORK, NEW YORK - Alternative / Progressive / Rock - www.myspace.com/coheedandcambria

UNIT

Creativeman Productions

関連サーチ:

coheed and cambria(AMAZON.co.jp)

coheed and cambria(Google)

coheed and cambria(Technorati.jp)

coheed and cambria(flickr)

coheed and cambria(del.icio.us)

coheed and cambria(Last.fm)

coheed and cambria(YouTube)

Powered BY AmazoRogi

No World for Tomorrow
発売元 : Sony
発売日 : 2007-10-23 (2CD)
売上ランク : 90530 位 (AMAZON.co.jp)
¥ 2,852 通常24時間以内に発送
評価平均 : /1人
究極の萌え
Powered BY AmazoRogi Data as of 2008-03-25
See detail & latest visit AMAZON.co.jp

fuckky fuckky  2008/03/28 01:00 こんばんは、初めてお邪魔させていただくものです。
CACの来日について調べていたところ、こちらへ辿り着きました。

私も25日の方に参加しましたが、ある程度の予想はしていたものの、
海外とのあまりの温度差にかなり相当なショックを受けました…(涙)
それにしてもANEKDOTENより少なかったですか?!平日だったことも少
なからず関係があるのでしょうかね…??
当初は会場がUNITというのもどうなのか(狭すぎるという意味で)…と
思っていたのですが、もしあれ以上大きいところであったら、客入り
の面で正直厳しかったのでは、とさえ感じるほどの少なさでしたね…(哀)

私は前方の詰まった方(それでもまだスペースにはゆとりがある程でし
たが)におりましたが、やはり自分の倍くらいはありそうな(汗)ガイジ
ンさんから吹っ飛ばされたり、激しく肘鉄をくらったりしていました…。
それでもあの入りでしたので、そこまで危険なことも無かったのですが。

お客さんはじっ…と観ている方が多かったですね。私も最初はそれでま
んじりとしつつも控えめにしていましたが、「Trooper」以降は自主的に(笑)
箍を外して、ガイジンさんたちと一緒に飛んだり跳ねたり歌ったりして楽
しんでいました。終演後は、「ヘイ!」「プリーズ!!」の二語のみでセット
リストをゲット出来たし(笑)、まあ入りの少なさが幸いした部分もありま
したね。

クラウディオは、ホントに演奏に夢中でしたね…(爆)何だか微笑ましかっ
たです。歯弾き(?)とかはちょっと予想外でしたが、プレイヤーとしても
素晴らしいですね。
最後に彼だけ出て来なかったので、客の少なさについにはキレてしまった
のでは…と、ずっと心配していましたが、よく考えてみると、あれは持ち
場をリレーして行って〆る…というカンジで、ああいう終わり方なのかも
しれないですね。否、むしろそうだと信じたいです(涙)

とにかく来日を待って待って待って待って、それでこれか〜…(溜息&涙)
という、不完全燃焼というか、拍子抜けしてしまった部分もありましたが、
また来てくれることを祈るばかりですね〜。ちっちゃいハコで単独よりは、
フェスなんかで来る方がいいのかもしれないですね。

では、長々と失礼致しました!!

dzd12061dzd12061 2008/03/28 22:57 はじめまして。
ANEKDOTEN のほうが、会場のキャパが小さかった事もありますが、ANEKDOTENは、かなり人が入っていたという気がしました。それに比べると、やっぱり、寂しい感じでした、Coheed and Cambria。やっぱり平日で、しかも、代官山となると、移動時間も含めて、なかなか難しい気もします。あとは、やっぱり、PRが少なすぎではって気もしてます。私も、実は結構な直前まで来日することに気づいてませんでした。
でも、あのレベルのバンドをあんなに間近で体感できたのは、やっぱりラッキーとしか言いようがないです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dzd12061/20080325/1206455799