ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

おはか 時時刻刻 RSSフィード

@鎌倉新書の いいお墓 ブログ

2014-07-25 グリーフケア〜今は亡きあの人への言葉〜

グリーフケア〜今は亡きあの人への言葉〜

| 09:15

んにちは。新人日記を今日も書かせていただきます。


たまに、肉親を亡くされたばかりの方からご連絡をいただきます。


大事な人を亡くされた方は、葬儀やそのあとで目の前に現れる“やらなければいけないこと”を一つ一つ終わらせていくと、亡くなった方に何かをしてあげられたように感じ、痛みが和らぐそうです。

悲しみを癒すグリーフケア、お墓にもその効果はあると考えられます。


今日は一件、お墓とは直接関係はないのですが、弊社の取り組みを紹介させていただきます。


今は亡きあの人へ伝えたい言葉

――亡くなった方への思いを綴ってもらい、本にまとめたものです。


D

D

D




それでは、みなさんよい週末を。




2014年7月25日(金)

株式会社鎌倉新書 ライフエンディング事業1部

中坪 俊




f:id:e-ohaka:20140417151843g:image

2014-07-15 大人の終活ツアー

こんにちは、「いいお墓」スタッフの小林です。


先日、生まれて初めて海洋散骨を体験してきました。と言っても、本当の散骨ではなくで模擬散骨です。なので、海に撒いたのは遺骨ではなく遺骨に見立てた「塩」です。


どうやって海洋散骨の模擬体験ができたのか? というと、実は旅行会社のクラブツーリズムで開催している「大人の終活ツアー」に参加させていただいたからなんです。

終活イベントはいろいろありますが、実際に船に乗船できるイベントってなかなかないですよね。


この「大人の終活ツアー」、今年の1月から始まったツアーで、東京埼玉の樹林墓地やガーデニング墓地を巡るツアーと、自動搬送式の納骨堂の見学と海洋散骨模擬体験できるツアーがあります。

どちらも日帰り。終活に興味はあっても、一人でいろいろ回るのは大変だな、という方にはおすすめです。

旅行会社が主催しているツアーなので、もちろん添乗員さんもずっと一緒にいて案内してくれますし、果物狩りとか、有名店での美味しいお昼ごはんとか、お楽しみ企画もついてます。


*   *   *   *   *   *   *


さて、私が参加したツアーは6月28日の「東京湾散骨模擬体験貸切クルーズと都内最新納骨堂見学」ツアー。東京・赤坂にある自動搬送式の納骨堂、赤坂浄苑の見学と、東京湾での散骨模擬体験クルーズです。


当日は、朝10時に東京メトロ赤坂見附駅に集合。徒歩で約2分の赤坂浄苑に向かいます。


f:id:e-ohaka:20140227001056j:image:w360

*このツアーを企画したクラブツーリズムの前川昇平さんが、一日の流れを説明してます


赤坂浄苑の中では、2つのグループに分かれて見学。

まずは参拝ブース。パネルにカードをかざすと墓標が現れてお参りできます。

「思い立ったら気軽にお墓参りできます」という説明に、「仕事帰りでも来られるわねえ」と参加者も納得顔。いつでもきれいなお花も飾ってあるし、草取りとかもいらないし、近くにお店もたくさんあるので、美味しいもの食べれるし。


f:id:e-ohaka:20140227003105j:image:w360

*何人も入れるブースのほか、個人でお参りできるブースもあります


f:id:e-ohaka:20140227003900j:image:w360

*本堂でお葬式をあげることもできます


*   *   *   *   *   *   *


赤坂浄苑の見学のあとは、隣にある、歌舞伎役者の三代目市川猿之助さんがプロデュースする「赤坂うまや」で昼食。「市川猿之助の楽屋めし」をいただきました。が、食べるのに夢中で写真撮り忘れてしまいました。


おなかもいっぱいになって、いよいよ散骨模擬体験です。

地下鉄勝どき駅に移動して、そこから歩いて朝潮桟橋へ。海洋散骨ブルーオーシャンセレモニークルーザーに乗り込みます。


中に入ると、花祭壇が飾ってあって、出航とともに、模擬「船上お別れ会」スタートです。

体験ツアーなので、ツアーの参加者が喪主、遺族、参列者になりきって、実際のお別れ会と同じ流れでセレモニーを行います。

司会進行は、ブルーオーシャンセレモニーの村田ますみ代表です。


f:id:e-ohaka:20140227035950j:image:w360

喪主(役)の挨拶のあと、祭壇に献花します


「船上お別れ会」が終わったら、散骨ポイントに到着するまでしばし歓談。

2階のデッキからは羽田空港を飛び立った飛行機が見えます。かもめの餌付けもできちゃうとか?


散骨ポイントに到着して、散骨模擬体験が始まります。一人ひとり、船の後方デッキから水溶性の紙に詰めた遺骨(しつこいですが、今回は塩です)と花びらを海に送ります。

参列者が全員散骨模擬体験を終えたら、2階のデッキに集合して、最後のお別れをします。


f:id:e-ohaka:20140227044815j:image:w360

*色鮮やかな花びらが風に舞ってとてもきれいです


f:id:e-ohaka:20140227045047j:image:w360

喪主(役)の方が献花した花束を、散骨ポイントに向けて投じます


f:id:e-ohaka:20140227045151j:image:w360

*村田代表が10回鐘を鳴らして、皆で黙祷します


無事に散骨を終えたら、船は散骨ポイントを3回旋回して、港へ戻ります。

帰りの船の中では、村田代表による、海洋散骨ミニ講座。

後悔しない散骨のコツを教えてくれました。


*   *   *   *   *   *   *


今回、大人の終活ツアーに参加してみて感じたのは、とても楽しいということ。

参加者の皆さんにお話を伺っても、真剣に自分たちの将来のことを考えているけれども、決してネガティブではありません。むしろ前向き。

特に印象的だったのは、朝、集合した時は初めて顔を合わせた参加者同士が、ツアーを通じて仲の良い、お友達のようになったこと。

船の上でも、楽しそうな会話が弾んでいました。

「墓とも」ってこんな感じなのかなと、思いました。


クラブツーリズムの大人の終活ツアーは、http://www.club-t.com/ending/ から。ツアーだけでなく、終活講座も多数開催されています。



株式会社鎌倉新書 ライフエンディング事業部

小林 憲行



f:id:e-ohaka:20140417151843g:image

2014-07-04 子どもの人気とネコと墓

子どもの人気とネコと墓

| 18:33

んにちは。新人日記を今日も書かせていただきます。f:id:e-ohaka:20140704124900j:image:medium:left





子どもの間では今、とあるネコが人気です。そのネコは目が真ん丸くて、赤みがかった毛並で愛嬌もたっぷり。その上、地縛霊だそうです。


なんの話かというと、ゲームやマンガ、アニメにおもちゃと幅広く展開中の“妖怪ウォッチ”の話です。

この“妖怪ウォッチ”という作品、先日、小学生に聞かれて「よく知らない」と答えたところ、「知らないのー!?」と騒がれてしまいました(汗)

勉強を約束することで、その場は許してもらいましたが、こういう時、彼らは手厳しくて大変です。

でも、勉強してみると面白いものですよ。


物語は、『不思議な時計“妖怪ウォッチ”を着けることで妖怪が見えるようになった少年少女が、普通の街の中にいる妖怪(見えないだけで実はいた!)と友達になっていく。』というものです。

身近な世界に身近な主人公、冒頭で述べたネコの地縛霊(ジバニャンって言います)もかわいらしいし、彼らが夢中になるのも分かるんですよね。

ただ、職業病と言ってはあれですが、葬儀やお墓はどうなっているのか気になるところ。


*   *   *   *   *   *   *



コやイヌといったペットの葬儀は、民主党の時代に悪い業者を取り締まる法律を作ろうとしていたのも記憶に新しいところかと思います。これは、法律上、ペットは死んだら「一般廃棄物」となってしまうので、人の場合と比べて法規制が少ないのをいいことに、インチキ業者がたくさん増えていたことが背景にあります。ペットは家族の一員という考えの普及とともに、昔よりもペットにかけるお金が増えているのも、関係があるようです。

ペットの数自体は、平成25年度の時点でイヌとネコ合わせておよそ2000万頭と、15歳未満の子どもの数およそ1600万人を上回っています。飼い主の方で一番多いのは50歳代となっており、少子高齢化の影響もあって、子供や孫の代わりにペットを飼う方も少なからずいらっしゃいます。

参考:一般社団法人ペットフード協会『平成25年度 全国犬・猫飼育実態調査 結果』や総務省『我が国のこどもの数』より


f:id:e-ohaka:20080703183704j:image:w360

※道端で出会ったさすらいのネコ


そんなペットのお墓、注意が必要なのは、ペットが入れるお墓と、ペットと入れるお墓は違うということ。ペット用のお墓はあっても、人とペットが一緒に入れるお墓は多くないんですね。

海外にもペットと一緒に入れるお墓はあります。ただ、海外のサイトを見ていると一緒に埋葬されていても、人間側の遺族がそれを嫌がって、ペットはペット用の霊園に改めて埋葬されたという話もあるそうです。弊社ポータルサイトいいお墓には、現在115件、ペットと一緒に入れるお墓があります。地域別にみると、そのうち関東だけで90件もあります! そのほとんどは民営霊園で宗教不問のところです。

柿の木坂さんのコラムにあるように2012年には掲載は100件だったことを考えると、次第にペットと一緒に入れるお墓は今後も増えていきそうですね。


・・・ジバニャンからだいぶ話が飛びました。

それにしても、ただ見えないだけで、何もないところにも、心が通じ合う何かがいるって考えると、普段の街並みや家の中も、少しだけ見え方が変わってきますね。


それでは、みなさんよい週末を。




2014年7月4日(金)

株式会社鎌倉新書 ライフエンディング事業1部

中坪 俊




f:id:e-ohaka:20140417151843g:image