いーぐる後藤の新ジャズ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-03

[] 15:20 を含むブックマーク のブックマークコメント


●5月19日 (土曜日) 14:00〜15:30 

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

(今回の講座は定員に達したため予約を締め切りました。参加ご希望の方は、

同内容の追加講座を6月2日に行いますので、そちらにご参加ください。)

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。



● 5月22日(火曜日)20:00〜22:00

“NEW ARRIVALS”Vol.51

《予約不要、飲食代金のみでご参加いただけます》

今回ユニバーサルさんはECMを特集します。ユニオンさんはブラッド・メルドーの新譜が目玉です。

ユニバーサルジャズディスクユニオンの共同主催による、新譜紹介イヴェント。毎回話題の新作をていねいな解説付きでゆっくりとご試聴いただけます。お気に入りのアルバムをその場で購入することも出来ます。ジャズシーンの動向がいち早く知れる話題のイヴェントで、私も大いに参考にさせていただいてます。みなさま、ぜひお気軽にご参加ください。

*なお、試聴中はお静かにお聴きくださりますよう、お願いいたしておりますので、その旨ご配慮ください。


●第644回 5月26日(土曜日) 午後3時30分より 参加費1300円+飲食

サッチモ大使の旅』  

ジャズ大使、音楽大使として1950年代世界を廻ったサッチモヨーロッパでの大歓迎、黒人奴隷の故郷アフリカ訪問、そしてレナード・バーンスタイン指揮NYフィルとの共演も記録した貴重なドキュメンタリー他、超レアー映像を特集

この映像は、ルイ・アームストロングが 「音楽大使」 としてヨーロッパアフリカを廻ったツアー、そしてニューヨークでのNYフィルとの共演などを米CBSテレビのドキュメンタリー・クルーが密着取材し1957年(昭和32年)、CBSテレビ・ドキュメンタリー番組『サッチモ・ザ・グレート』(日本公開時、邦題 サッチモは世界を廻る)として放送されたものです。今回ご紹介するのは、外山喜雄秘蔵のジャズ映像コレクションからのもので、WJFの例会でも、その短縮版は何度か紹介されたこともありますが、今回は、その全編(65分)を鮮明にデジタル化し、本邦初の簡潔な日本語の字幕も挿入したものです。解説のナレーションは、CBSドキュメンタリー・シリーズ「See It Now」 を担当していた名キャスターエドワード・R・マロー氏。

そのほかにも映像やお話など盛りだくさんです。

                              解説 外山喜雄



●6月2日 (土曜日) 14:00〜15:30 

【追加講座】

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。(5月19日の講座と同内容です)

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。



●第645回 6月9日(土曜日) 午後3時30分より 参加費無料 飲食代金のみ

タイトル未定

小川隆夫さんと常盤武彦さんのトーク・ショー』

詳細は後ほど告知いたします。

                      小川隆夫 × 常盤武彦




●第646回 6月16日(土曜日) 午後3時30分より 参加費800円+飲食

タイトル未定

ハード・バップを語らしたら右に出るものの無い阿部さんによる久しぶりのハード・バップ特集です。

詳細は後ほど告知いたします。

                          解説 阿部 等




●『ジャズ・ワールド・ビート徹底検証!』 6月23日(土曜日)

 オープン15:00 スタート 15:30 参加費無料 飲食代金のみ

世界の音楽シーンを繋ぐ、「ジャズ」の現在

〜ジプシー・スウィングから昭和歌謡まで〜

       ゲスト 徳永伸一郎(音楽ライター)  後藤雅洋(いーぐる)

2018-04-20

[] 18:58 を含むブックマーク のブックマークコメント

横断的クラシック講座

バロック音楽の総決算としてのバッハ ロマン派の父としてのバッハ

林田直樹


〜同じ前奏曲フーガを聴き比べてみる〜

J.S.バッハ(1685-1750):平均律クラヴィーア曲集第2巻 〜第20番イ短調BWV889

リュック・ボーセジュールチェンバロ) ※約7分

Naxos

アンドラーシュ・シフピアノ) ※約8分

ECM


〜壮麗な建築物としてのオルガン音楽の粋〜

J.S.バッハトッカータフーガ ハ長調 BWV540 約15分

ベルナール・フォクルール(オルガン

Ricercar


ロマン派におけるバッハの肥大化現象

J.S.バッハ/ストコフスキー編:神はわがやぐら(カンタータ第80番「神は堅き砦」より) ※約4分

ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮フィラデルフィア管弦楽団

EMI


〜器楽における“聖典”〜

J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調BWV1011 〜プレリュード ※約6分

オフェリー・ガイヤール(チェロ

〜響きの違いへの意識〜

J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲第6番ニ長調BWV1012 〜プレリュード ※約5分

オフェリー・ガイヤール(ピッコロチェロ、5弦)

Aparte


バロックにおける狂気〜

J.S.バッハ幻想曲イ短調BWV922、フーガ イ短調BWV959 ※約11分

アーポ・ハッキネンチェンバロ

Naxos


〜永遠の安らぎを求める〜

J.S.バッハカンタータ第82番「我は満ち足れり」BWV82 〜まどろめ、疲れし眼よ

フィリップ・ジャルスキーカウンターテナー、指揮) フライブルクバロックオーケストラ ※約10分

Erato


〜貴族の豪華な宴〜

J.S.バッハブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調BWV1050 〜第1楽章 ※約10分

ジョルディ・サヴァール指揮 ル・コンセール・デ・ナシオン

マルク・アンタイ(フラウト・トラヴェルソ)、ファビオ・ビオンディコンサートマスター)、ピエール・アンタイ(チェンバロ

AliaVox


バッハ次男カール・フィリップエマヌエルの激しさ〜

C.P.E.バッハ(1714-88):シンフォニア変ホ長調Wq179 〜第1楽章 ※約4分

ベルリン古楽アカデミー

HarmoniaMundi


〜ゴルトベルク聴き比べ(1)〜

J.S.バッハゴルトベルク変奏曲BWV988 〜第30変奏、アリア ※約10分

アレクサンドル・クニャーゼフ(オルガン

Exton


〜ゴルトベルク聴き比べ(2)〜

J.S.バッハ/ユリ・ケイン:ゴルトベルク変奏曲 〜第29変奏、第30変奏 ※約5分

ユリ・ケイン・アンサンブル

Winter&Winter


〜時代も地域も超えて、普遍的世界へ〜

J.S.バッハ:ミサ曲ロ短調BWV232(初期稿) 〜「グローリア」後半部分 ※約23分

ラファエル・ピション指揮 アンサンブル・ピグマリオン

Alpha




ジャンル横断的クラシック講座(第16回)

「響き 〜大胆なる音の革命家たち」


〜壮麗な空間でのサラウンドな音響を追求〜

●ハインリヒ・イグナツ・フランツビーバー(1644-1704)

53声部の「ザルツブルク大聖堂ミサ曲」 〜キリエ ※約5分30秒

トン・コープマン指揮 アムステルダムバロックオーケストラ

Erato


〜世界の始まりとしての混沌〜

●ジャン=フェリ・ルベル(1666-1747)

四大元素」 〜カオス ※約6分

マルク・ミンコフスキ指揮 レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル・グルノーブル

Erato


アメリカアヴァンギャルドの先駆者〜

●ヘンリー・カウエル(1897-1965)

ピアノ協奏曲 〜第2、3楽章 ※約11分

ジェレミー・デンク(ピアノ) マイケル・ティルソン・トーマス指揮 サンフランシスコ交響楽団

SFS Media


オカルト的神秘と、音響全体への探求〜

エドガー・ヴァレーズ(1883-1965)

アルカナ ※約18分

リッカルド・シャイー指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

Decca


ジャズのはじまりの時代のアメリカにおける混沌〜

チャールズ・アイヴズ(1874-1954)

交響曲第4番 ※約32分

サー・アンドリュー・デイヴィス指揮 メルボルン交響楽団

Chandos


〜徹底して切り詰め、凝縮すること〜

アントンヴェーベルン(1883-1945)

第1カンタータop.29 ※約9分

クリスティアーネ・エルツェ(ソプラノ) ピエール・ブーレーズ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団BBCシンガーズ

Deutsche Grammophon


クラシックジャズ境界にあるもの(1)〜

ピョートル・チャイコフスキー(1840-93)

バレエ音楽くるみ割り人形」 〜金平糖の踊り ※約2分半

サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Warner

デューク・エリントン(1899-1974)

組曲くるみ割り人形」 〜金平糖の踊り ※約3分

デューク・エリントンオーケストラ

Columbia


クラシックジャズ境界にあるもの(2)〜

ニコライ・カプースチン(1937-)

ピアノソナタ第12番op.102 〜第2楽章 ※約6分

ニコライ・カプースチンピアノ

Triton


〜高等数学を使った、うねる音空間〜

ヤニス・クセナキス(1922-2001)

「響き、花、間」 ※約18分

ヤニス・クセナキス(電子音響)

Mode


〜過去も未来も飲み込む豊饒なエネルギー

グスタフ・マーラー1860-1911)

交響曲第6番イ短調「悲劇的」 〜第4楽章

アントニオ・パッパーノ指揮 ローマ・サンタチェチーリア国立アカデミー管弦楽団

Warner

2018-04-19

[連続講演選曲リスト} 07:39 [連続講演選曲リスト}を含むブックマーク [連続講演選曲リスト}のブックマークコメント

●第642回 デューク・エリントン特集 4月14日

選曲

24JazzJapan 小針俊郎



1 Come Sunday Duke Ellington & his Orchestra、feat. Mahalia Jackson, voc.

2 The Star-Crossed Lovers Duke Ellington & his Orchestra

3 Sunset and Mocking Bird Duke Ellington & his Orchestra

4 Lightning Bugs and Frogs Duke Ellington & his Orchestra

5 Northern Lights      Duke Ellington & his Orchestra

6 The Single Petal of Rose Duke Ellington, pf., Jimmy Woode, b.

7 La Plus Belle Africane Duke Ellington & his Orchestra

8 Blues for New Orleans Duke Ellington & his Orchestra

9 Night Creature 1st Mov. Blind Bug Duke Ellington & his Orchestra, w. The Stockholm Symphony Orchestra

10 Night Creature 2nd Mov. Stalking Monster Duke Ellington & his Orchestra, w. The Stockholm Symphony Orchestra

11 Night Creature 3rd Mov. Dazzling Creature Duke Ellington & his Orchestra, w. The Paris Symphony Orchestra

12 Ad Lib on Nippon Duke Ellington & his Orchestra

13 A Tone Parallel to Harlem Duke Ellington & his Orchestra

2018-04-17

[] 08:15 を含むブックマーク のブックマークコメント



●第643回 4月28日(土曜日)午後3時30分より 参加費500円+飲食

Jazz Thing ジャズという何か・ジャズが追い求めたサウンド』(仮タイトル)DU BOOKS

従来あまり語られることのなかった80年代以降のジャズ状況をテーマとした原雅明さんの新著刊行記念イヴェントです。この問題は『100年のジャズを聴く』(シンコーミュージック)でも重要な論点となりましたので、『100年のジャズを聴く』鼎談の参加者である後藤雅洋が対談形式で原さんに新著のお話をうかがいます。

                          後藤雅洋 × 原 雅明



●5月19日 (土曜日) 14:00〜15:30 

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

(今回の講座は定員に達したため予約を締め切りました。参加ご希望の方は、

同内容の追加講座を6月2日に行いますので、そちらにご参加ください。)

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。




●第644回 5月26日(土曜日) 午後3時30分より 参加費1300円+飲食

サッチモ大使の旅』  

ジャズ大使、音楽大使として1950年代世界を廻ったサッチモヨーロッパでの大歓迎、黒人奴隷の故郷アフリカ訪問、そしてレナード・バーンスタイン指揮NYフィルとの共演も記録した貴重なドキュメンタリー他、超レアー映像を特集

この映像は、ルイ・アームストロングが 「音楽大使」 としてヨーロッパアフリカを廻ったツアー、そしてニューヨークでのNYフィルとの共演などを米CBSテレビのドキュメンタリー・クルーが密着取材し1957年(昭和32年)、CBSテレビ・ドキュメンタリー番組『サッチモ・ザ・グレート』(日本公開時、邦題 サッチモは世界を廻る)として放送されたものです。今回ご紹介するのは、外山喜雄秘蔵のジャズ映像コレクションからのもので、WJFの例会でも、その短縮版は何度か紹介されたこともありますが、今回は、その全編(65分)を鮮明にデジタル化し、本邦初の簡潔な日本語の字幕も挿入したものです。解説のナレーションは、CBSドキュメンタリー・シリーズ「See It Now」 を担当していた名キャスターエドワード・R・マロー氏。

そのほかにも映像やお話など盛りだくさんです。

                              解説 外山喜雄



●6月2日 (土曜日) 14:00〜15:30 

【追加講座】

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。(5月19日の講座と同内容です)

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。



●第645回 6月9日(土曜日) 午後3時30分より 参加費無料 飲食代金のみ

タイトル未定

小川隆夫さんと常盤武彦さんのトーク・ショー』

詳細は後ほど告知いたします。

                      小川隆夫 × 常盤武彦




●第646回 6月16日(土曜日) 午後3時30分より 参加費800円+飲食

タイトル未定

ハード・バップを語らしたら右に出るものの無い阿部さんによる久しぶりのハード・バップ特集です。

詳細は後ほど告知いたします。

                          解説 阿部 等

2018-03-28

[] 09:13 を含むブックマーク のブックマークコメント


●第640回 3月31日(土曜日)午後3時30分より 参加費1000円+飲食

バロック音楽の総決算としてのバッハロマン派の父としてのバッハ

横断的クラシック講座

バロック以前の音楽の豊かさが知られるようになったいま、 「音楽の父バッハ」という教科書的な考え方は、いまや完全に時代遅れのものとなっています。グレン・グールドバッハも素晴らしいですが、それは決して唯一絶対というわけではありません。バッハの演奏解釈はもっと多様で、エキサイティングなものが数多くあります。今回は、新しく魅力的なバッハ像を存分に楽しんでいただきたいと思います。

                              解説 林田直樹



●第641回 4月7日(土曜日)午後3時30分より 参加費500円+飲食

村井康司『現代ジャズのレッスン 1959年から考える』(アルテスパブリッシング)刊行記念トーク

2000年に刊行された『ジャズの明日へ コンテンポラリージャズの歴史』が、書き下ろし原稿約30ページ分を増補して復刊!

著書の村井康司が、コンテンポラリージャズの先端を切り開くピアニスト坪口昌恭氏をゲストに、モード以降現代に至るまでのジャズについて語ります。

「名著『ジャズの明日へ』を読んで村井康司さんのポジティブな文体、バランス感覚に惚れ込んだのでした。その増改訂版発刊イベントで対談させて頂きます」(坪口昌恭

当日、書籍の販売も行います。

解説 村井康司 × ゲスト 坪口昌恭




●第642回 4月14日(土曜日)午後3時30分より 参加費800円+飲食

デューク・エリントン特集』

主に後期の大作(組曲宗教曲など)

                             解説 小針俊郎



●第643回 4月28日(土曜日)午後3時30分より 参加費500円+飲食

Jazz Thing ジャズという何か・ジャズが追い求めたサウンド』(仮タイトル)DU BOOKS

従来あまり語られることのなかった80年代以降のジャズ状況をテーマとした原雅明さんの新著刊行記念イヴェントです。この問題は『100年のジャズを聴く』(シンコーミュージック)でも重要な論点となりましたので、『100年のジャズを聴く』鼎談の参加者である後藤雅洋が対談形式で原さんに新著のお話をうかがいます。

                          後藤雅洋 × 原 雅明



●5月19日 (土曜日) 14:00〜15:30 

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

(今回の講座は定員に達したため予約を締め切りました。参加ご希望の方は、

同内容の追加講座を6月2日に行いますので、そちらにご参加ください。)

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。




●第644回 5月26日(土曜日) 午後3時30分より 参加費1300円+飲食

サッチモ大使の旅』  

ジャズ大使、音楽大使として1950年代世界を廻ったサッチモヨーロッパでの大歓迎、黒人奴隷の故郷アフリカ訪問、そしてレナード・バーンスタイン指揮NYフィルとの共演も記録した貴重なドキュメンタリー他、超レアー映像を特集

この映像は、ルイ・アームストロングが 「音楽大使」 としてヨーロッパアフリカを廻ったツアー、そしてニューヨークでのNYフィルとの共演などを米CBSテレビのドキュメンタリー・クルーが密着取材し1957年(昭和32年)、CBSテレビ・ドキュメンタリー番組『サッチモ・ザ・グレート』(日本公開時、邦題 サッチモは世界を廻る)として放送されたものです。今回ご紹介するのは、外山喜雄秘蔵のジャズ映像コレクションからのもので、WJFの例会でも、その短縮版は何度か紹介されたこともありますが、今回は、その全編(65分)を鮮明にデジタル化し、本邦初の簡潔な日本語の字幕も挿入したものです。解説のナレーションは、CBSドキュメンタリー・シリーズ「See It Now」 を担当していた名キャスターエドワード・R・マロー氏。

そのほかにも映像やお話など盛りだくさんです。

                              解説 外山喜雄



●6月2日 (土曜日) 14:00〜15:30 

【追加講座】

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。(5月19日の講座と同内容です)

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。