いーぐる後藤の新ジャズ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-17

[] 08:15 2018-04-17 - いーぐる後藤の新ジャズ日記 を含むブックマーク 2018-04-17 - いーぐる後藤の新ジャズ日記 のブックマークコメント



●第643回 4月28日(土曜日)午後3時30分より 参加費500円+飲食

Jazz Thing ジャズという何か・ジャズが追い求めたサウンド』(仮タイトル)DU BOOKS

従来あまり語られることのなかった80年代以降のジャズ状況をテーマとした原雅明さんの新著刊行記念イヴェントです。この問題は『100年のジャズを聴く』(シンコーミュージック)でも重要な論点となりましたので、『100年のジャズを聴く』鼎談の参加者である後藤雅洋が対談形式で原さんに新著のお話をうかがいます。

                          後藤雅洋 × 原 雅明



●5月19日 (土曜日) 14:00〜15:30 

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

(今回の講座は定員に達したため予約を締め切りました。参加ご希望の方は、

同内容の追加講座を6月2日に行いますので、そちらにご参加ください。)

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。




●第644回 5月26日(土曜日) 午後3時30分より 参加費1300円+飲食

サッチモ大使の旅』  

ジャズ大使、音楽大使として1950年代世界を廻ったサッチモヨーロッパでの大歓迎、黒人奴隷の故郷アフリカ訪問、そしてレナード・バーンスタイン指揮NYフィルとの共演も記録した貴重なドキュメンタリー他、超レアー映像を特集

この映像は、ルイ・アームストロングが 「音楽大使」 としてヨーロッパアフリカを廻ったツアー、そしてニューヨークでのNYフィルとの共演などを米CBSテレビのドキュメンタリー・クルーが密着取材し1957年(昭和32年)、CBSテレビ・ドキュメンタリー番組『サッチモ・ザ・グレート』(日本公開時、邦題 サッチモは世界を廻る)として放送されたものです。今回ご紹介するのは、外山喜雄秘蔵のジャズ映像コレクションからのもので、WJFの例会でも、その短縮版は何度か紹介されたこともありますが、今回は、その全編(65分)を鮮明にデジタル化し、本邦初の簡潔な日本語の字幕も挿入したものです。解説のナレーションは、CBSドキュメンタリー・シリーズ「See It Now」 を担当していた名キャスターエドワード・R・マロー氏。

そのほかにも映像やお話など盛りだくさんです。

                              解説 外山喜雄



●6月2日 (土曜日) 14:00〜15:30 

【追加講座】

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。(5月19日の講座と同内容です)

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。



●第645回 6月9日(土曜日) 午後3時30分より 参加費無料 飲食代金のみ

タイトル未定

小川隆夫さんと常盤武彦さんのトーク・ショー』

詳細は後ほど告知いたします。

                      小川隆夫 × 常盤武彦




●第646回 6月16日(土曜日) 午後3時30分より 参加費800円+飲食

タイトル未定

ハード・バップを語らしたら右に出るものの無い阿部さんによる久しぶりのハード・バップ特集です。

詳細は後ほど告知いたします。

                          解説 阿部 等

2018-03-28

[] 09:13 2018-03-28 - いーぐる後藤の新ジャズ日記 を含むブックマーク 2018-03-28 - いーぐる後藤の新ジャズ日記 のブックマークコメント


●第640回 3月31日(土曜日)午後3時30分より 参加費1000円+飲食

バロック音楽の総決算としてのバッハロマン派の父としてのバッハ

横断的クラシック講座

バロック以前の音楽の豊かさが知られるようになったいま、 「音楽の父バッハ」という教科書的な考え方は、いまや完全に時代遅れのものとなっています。グレン・グールドバッハも素晴らしいですが、それは決して唯一絶対というわけではありません。バッハの演奏解釈はもっと多様で、エキサイティングなものが数多くあります。今回は、新しく魅力的なバッハ像を存分に楽しんでいただきたいと思います。

                              解説 林田直樹



●第641回 4月7日(土曜日)午後3時30分より 参加費500円+飲食

村井康司『現代ジャズのレッスン 1959年から考える』(アルテスパブリッシング)刊行記念トーク

2000年に刊行された『ジャズの明日へ コンテンポラリージャズの歴史』が、書き下ろし原稿約30ページ分を増補して復刊!

著書の村井康司が、コンテンポラリージャズの先端を切り開くピアニスト坪口昌恭氏をゲストに、モード以降現代に至るまでのジャズについて語ります。

「名著『ジャズの明日へ』を読んで村井康司さんのポジティブな文体、バランス感覚に惚れ込んだのでした。その増改訂版発刊イベントで対談させて頂きます」(坪口昌恭

当日、書籍の販売も行います。

解説 村井康司 × ゲスト 坪口昌恭




●第642回 4月14日(土曜日)午後3時30分より 参加費800円+飲食

デューク・エリントン特集』

主に後期の大作(組曲宗教曲など)

                             解説 小針俊郎



●第643回 4月28日(土曜日)午後3時30分より 参加費500円+飲食

Jazz Thing ジャズという何か・ジャズが追い求めたサウンド』(仮タイトル)DU BOOKS

従来あまり語られることのなかった80年代以降のジャズ状況をテーマとした原雅明さんの新著刊行記念イヴェントです。この問題は『100年のジャズを聴く』(シンコーミュージック)でも重要な論点となりましたので、『100年のジャズを聴く』鼎談の参加者である後藤雅洋が対談形式で原さんに新著のお話をうかがいます。

                          後藤雅洋 × 原 雅明



●5月19日 (土曜日) 14:00〜15:30 

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

(今回の講座は定員に達したため予約を締め切りました。参加ご希望の方は、

同内容の追加講座を6月2日に行いますので、そちらにご参加ください。)

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。




●第644回 5月26日(土曜日) 午後3時30分より 参加費1300円+飲食

サッチモ大使の旅』  

ジャズ大使、音楽大使として1950年代世界を廻ったサッチモヨーロッパでの大歓迎、黒人奴隷の故郷アフリカ訪問、そしてレナード・バーンスタイン指揮NYフィルとの共演も記録した貴重なドキュメンタリー他、超レアー映像を特集

この映像は、ルイ・アームストロングが 「音楽大使」 としてヨーロッパアフリカを廻ったツアー、そしてニューヨークでのNYフィルとの共演などを米CBSテレビのドキュメンタリー・クルーが密着取材し1957年(昭和32年)、CBSテレビ・ドキュメンタリー番組『サッチモ・ザ・グレート』(日本公開時、邦題 サッチモは世界を廻る)として放送されたものです。今回ご紹介するのは、外山喜雄秘蔵のジャズ映像コレクションからのもので、WJFの例会でも、その短縮版は何度か紹介されたこともありますが、今回は、その全編(65分)を鮮明にデジタル化し、本邦初の簡潔な日本語の字幕も挿入したものです。解説のナレーションは、CBSドキュメンタリー・シリーズ「See It Now」 を担当していた名キャスターエドワード・R・マロー氏。

そのほかにも映像やお話など盛りだくさんです。

                              解説 外山喜雄



●6月2日 (土曜日) 14:00〜15:30 

【追加講座】

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。(5月19日の講座と同内容です)

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。

2018-03-25

[] 10:15 2018-03-25 - いーぐる後藤の新ジャズ日記 を含むブックマーク 2018-03-25 - いーぐる後藤の新ジャズ日記 のブックマークコメント


●第640回 3月31日(土曜日)午後3時30分より 参加費1000円+飲食

バロック音楽の総決算としてのバッハロマン派の父としてのバッハ

                              解説 林田直樹



●第641回 4月7日(土曜日)午後3時30分より 参加費500円+飲食

村井康司『現代ジャズのレッスン 1959年から考える』(アルテスパブリッシング)刊行記念トーク

2000年に刊行された『ジャズの明日へ コンテンポラリージャズの歴史』が、書き下ろし原稿約30ページ分を増補して復刊!

著書の村井康司が、コンテンポラリージャズの先端を切り開くピアニスト坪口昌恭氏をゲストに、モード以降現代に至るまでのジャズについて語ります。

「名著『ジャズの明日へ』を読んで村井康司さんのポジティブな文体、バランス感覚に惚れ込んだのでした。その増改訂版発刊イベントで対談させて頂きます」(坪口昌恭

当日、書籍の販売も行います。

解説 村井康司 × ゲスト 坪口昌恭




●第642回 4月14日(土曜日)午後3時30分より 参加費800円+飲食

デューク・エリントン特集』

主に後期の大作(組曲宗教曲など)

                             解説 小針俊郎



●第643回 4月28日(土曜日)午後3時30分より 参加費500円+飲食

Jazz Thing ジャズという何か・ジャズが追い求めたサウンド』(仮タイトル)DU BOOKS

従来あまり語られることのなかった80年代以降のジャズ状況をテーマとした原雅明さんの新著刊行記念イヴェントです。この問題は『100年のジャズを聴く』(シンコーミュージック)でも重要な論点となりましたので、『100年のジャズを聴く』鼎談の参加者である後藤雅洋が対談形式で原さんに新著のお話をうかがいます。

                          後藤雅洋 × 原 雅明



●5月19日 (土曜日) 14:00〜15:30 

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

(今回の講座は定員に達したため予約を締め切りました。参加ご希望の方は、

同内容の追加講座を6月2日に行いますので、そちらにご参加ください。)

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。




●第644回 5月26日(土曜日) 午後3時30分より 参加費1300円+飲食

サッチモ大使の旅』  

ジャズ大使、音楽大使として1950年代世界を廻ったサッチモヨーロッパでの大歓迎、黒人奴隷の故郷アフリカ訪問、そしてレナード・バーンスタイン指揮NYフィルとの共演も記録した貴重なドキュメンタリー他、超レアー映像を特集

この映像は、ルイ・アームストロングが 「音楽大使」 としてヨーロッパアフリカを廻ったツアー、そしてニューヨークでのNYフィルとの共演などを米CBSテレビのドキュメンタリー・クルーが密着取材し1957年(昭和32年)、CBSテレビ・ドキュメンタリー番組『サッチモ・ザ・グレート』(日本公開時、邦題 サッチモは世界を廻る)として放送されたものです。今回ご紹介するのは、外山喜雄秘蔵のジャズ映像コレクションからのもので、WJFの例会でも、その短縮版は何度か紹介されたこともありますが、今回は、その全編(65分)を鮮明にデジタル化し、本邦初の簡潔な日本語の字幕も挿入したものです。解説のナレーションは、CBSドキュメンタリー・シリーズ「See It Now」 を担当していた名キャスターエドワード・R・マロー氏。

そのほかにも映像やお話など盛りだくさんです。

                              解説 外山喜雄



●6月2日 (土曜日) 14:00〜15:30 

【追加講座】

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。(5月19日の講座と同内容です)

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。

2018-03-14

[] 17:29 2018-03-14 - いーぐる後藤の新ジャズ日記 を含むブックマーク 2018-03-14 - いーぐる後藤の新ジャズ日記 のブックマークコメント

●第639回 3月24日(土曜日)午後3時30分より 参加費800円+飲食

『カークは晩年を聴け』

1975年、カーク・ミュージックは最後の転機を迎えます。彼が標榜した「ブラック・クラシカル・ミュージックの啓蒙と救済」を、以前の声高なかたちではなくポップな衣装もまとって穏やかに訴えかける方向にシフトしました。同年11月、ワーナーへの移籍作の録音が進行中に脳梗塞で倒れ右半身付随になります。1976年4月、奇跡的な復活を遂げてから発表された同セッションからの『天才ローランド・カークの復活』『カーカトロン』は聴きかけはポップなのに柔じゃない、軽やかなのに深くて黒く、想像力に溢れ無類に心地よい、カークが到達した最高峰と断言してはばかりません。なかでも後者は残り物のはずなのに一段と味わい深く、ライヴ音源や黒人文化遺産の埋め草も功を奏し、「カーク・パノラマ」というべき畢生の傑作になったのでした。講演では初期〜前期〜後期を概観し、晩年の名演をたっぷりお楽しみいただきます。ラサーニアンはもちろん、昨年12月に渋谷「ユーロスペース」で開催されたカーク・ドキュメンタリーの上映会に参加して関心を持たれた方など、ぜひ多くのご参加を!

                             解説 林 建紀



●第640回 3月31日(土曜日)午後3時30分より 参加費1000円+飲食

バロック音楽の総決算としてのバッハロマン派の父としてのバッハ

                              解説 林田直樹




●第641回 4月14日(土曜日)午後3時30分より 参加費800円+飲食

デューク・エリントン特集』

主に後期の大作(組曲宗教曲など)

                             解説 小針俊郎



●第642回 4月28日(土曜日)午後3時30分より 参加費500円+飲食

Jazz Thing ジャズという何か・ジャズが追い求めたサウンド』(仮タイトル)DU BOOKS

従来あまり語られることのなかった80年代以降のジャズ状況をテーマとした原雅明さんの新著刊行記念イヴェントです。この問題は『100年のジャズを聴く』(シンコーミュージック)でも重要な論点となりましたので、『100年のジャズを聴く』鼎談の参加者である後藤雅洋が対談形式で原さんに新著のお話をうかがいます。

                          後藤雅洋 × 原 雅明



●5月19日 (土曜日) 14:00〜15:30 

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。


【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。


(今回の講座は定員に達したため予約を締め切りました。参加ご希望の方は、

同内容の追加講座を6月2日に行いますので、そちらにご参加ください。)



受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。




●5月26日 (土曜日) 午後3時30分より 参加費1300円+飲食

サッチモ大使の旅』  

ジャズ大使、音楽大使として1950年代世界を廻ったサッチモヨーロッパでの大歓迎、黒人奴隷の故郷アフリカ訪問、そしてレナード・バーンスタイン指揮NYフィルとの共演も記録した貴重なドキュメンタリー他、超レアー映像を特集

この映像は、ルイ・アームストロングが 「音楽大使」 としてヨーロッパアフリカを廻ったツアー、そしてニューヨークでのNYフィルとの共演などを米CBSテレビのドキュメンタリー・クルーが密着取材し1957年(昭和32年)、CBSテレビ・ドキュメンタリー番組『サッチモ・ザ・グレート』(日本公開時、邦題 サッチモは世界を廻る)として放送されたものです。今回ご紹介するのは、外山喜雄秘蔵のジャズ映像コレクションからのもので、WJFの例会でも、その短縮版は何度か紹介されたこともありますが、今回は、その全編(65分)を鮮明にデジタル化し、本邦初の簡潔な日本語の字幕も挿入したものです。解説のナレーションは、CBSドキュメンタリー・シリーズ「See It Now」 を担当していた名キャスターエドワード・R・マロー氏。

そのほかにも映像やお話など盛りだくさんです。

                              解説 外山喜雄



●6月2日 (土曜日) 14:00〜15:30 

【追加講座】


NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。


【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。(5月19日の講座と同内容です)


*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。

2018-03-04

[] 09:01 2018-03-04 - いーぐる後藤の新ジャズ日記 を含むブックマーク 2018-03-04 - いーぐる後藤の新ジャズ日記 のブックマークコメント

●第639回 3月24日(土曜日)午後3時30分より 参加費800円+飲食

『カークは晩年を聴け』

1975年、カーク・ミュージックは最後の転機を迎えます。彼が標榜した「ブラック・クラシカル・ミュージックの啓蒙と救済」を、以前の声高なかたちではなくポップな衣装もまとって穏やかに訴えかける方向にシフトしました。同年11月、ワーナーへの移籍作の録音が進行中に脳梗塞で倒れ右半身付随になります。1976年4月、奇跡的な復活を遂げてから発表された同セッションからの『天才ローランド・カークの復活』『カーカトロン』は聴きかけはポップなのに柔じゃない、軽やかなのに深くて黒く、想像力に溢れ無類に心地よい、カークが到達した最高峰と断言してはばかりません。なかでも後者は残り物のはずなのに一段と味わい深く、ライヴ音源や黒人文化遺産の埋め草も功を奏し、「カーク・パノラマ」というべき畢生の傑作になったのでした。講演では初期〜前期〜後期を概観し、晩年の名演をたっぷりお楽しみいただきます。ラサーニアンはもちろん、昨年12月に渋谷「ユーロスペース」で開催されたカーク・ドキュメンタリーの上映会に参加して関心を持たれた方など、ぜひ多くのご参加を!

                             解説 林 建紀



●第640回 3月31日(土曜日)午後3時30分より 参加費1000円+飲食

バロック音楽の総決算としてのバッハロマン派の父としてのバッハ

                              解説 林田直樹




●第641回 4月14日(土曜日)午後3時30分より 参加費800円+飲食

デューク・エリントン特集』

主に後期の大作(組曲宗教曲など)

                             解説 小針俊郎



●第642回 4月28日(土曜日)午後3時30分より 参加費500円+飲食

Jazz Thing ジャズという何か・ジャズが追い求めたサウンド』(仮タイトル)DU BOOKS

従来あまり語られることのなかった80年代以降のジャズ状況をテーマとした原雅明さんの新著刊行記念イヴェントです。この問題は『100年のジャズを聴く』(シンコーミュージック)でも重要な論点となりましたので、『100年のジャズを聴く』鼎談の参加者である後藤雅洋が対談形式で原さんに新著のお話をうかがいます。

                          後藤雅洋 × 原 雅明



●5月19日 (土曜日) 14:00〜15:30 

NHK文化センター主催による『NHKカルチャー』講座を「いーぐる」にて行います。

【内容】 「いーぐる」の歴史と変遷や、ジャズ喫茶の楽しみ方、推薦ナンバーなどをご紹介いたします。

*参加ははあらかじめ下記宛にご予約をお願いいたします。

受け付けはNHK文化センターのホームページNHKカルチャー青山』で検索なさるか

03−3475−1151 NHK文化センター・青山教室 でお申し込みください。

会員:3780円  一般:4428円  教材費:756円(ワン・ドリンク付き)

*当日は16:00より通常営業いたします。




●5月26日 (土曜日) 午後3時30分より 参加費1300円+飲食

サッチモは世界を回る 上映会』

この映像は、ルイ・アームストロングが 「音楽大使」 としてヨーロッパアフリカを廻ったツアー、そしてニューヨークでのNYフィルとの共演などを米CBSテレビのドキュメンタリー・クルーが密着取材し1957年(昭和32年)、CBSテレビ・ドキュメンタリー番組『サッチモ・ザ・グレート』(日本公開時、邦題 サッチモは世界を廻る)として放送されたものです。今回ご紹介するのは、外山喜雄秘蔵のジャズ映像コレクションからのもので、WJFの例会でも、その短縮版は何度か紹介されたこともありますが、今回は、その全編(65分)を鮮明にデジタル化し、本邦初の簡潔な日本語の字幕も挿入したものです。解説のナレーションは、CBSドキュメンタリー・シリーズ「See It Now」 を担当していた名キャスターエドワード・R・マロー氏。

そのほかにも映像やお話など盛りだくさんです。詳しくは後ほど告知いたします。

                              解説 外山喜雄