Hatena::ブログ(Diary)

activeエレン このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-04-22-Tue

新ブログのお知らせ

 新ブログ「もえぎのhtnb」
 http://moegino.hatenablog.com/
 ここは、このまま残します。とりあえず報告。また後で何か書くかもしれません。

追記(2014年11月10日

 このブログで考察し続けてきた、萌えやおたく、ファイブスター物語エヴァンゲリオンハロプロについて、新たに書き直し、同人誌として頒布しました。詳しくは、萌えぎのエレン同人誌infoをご覧ください。なお、現在のぼくは、はてなブログまたはツイッター活動しています。

もえぎのhtnb(現メインブログ)
萌えぎのエレン同人誌info
https://twitter.com/moegino

2014-03-24-Mon

Berryz工房楽曲大賞2004-2014投票内容

Berryz工房楽曲大賞2004-2014
http://www.esrp2.jp/bkma/2004-2014/
はてなキーワード
keyword:Berryz工房楽曲大賞2004-2014

アルバム部門パスしました。

楽曲部門

6位(投票せず)

行け 行け モンキーダンス
米米CLUBっぽさがあって、愉快なナンバー。下品になるかならないかのギリギリのところで成立しているサウンドアレンジが、いかにもハロプロだ。

5位

スッペシャル ジェネレ〜ション
馬飼野康二編曲なの!?って、当時ものすごく驚いた。

4位

cha cha SING
吹っ切れ感が半端なく思わず踊り出したくなる曲。といってもぼくは踊らないんですけどね。千奈美タイ旅行面白かった。つんく曲ではないが、やはりハロプロらしいサウンドに仕上がっている。そこが好きだ。

3位

VERY BEAUTY
数あるハロプロ楽曲のなかでも、イントロがかっこいいランキング上位の曲。メロディも良いし、ピアノストリングスも、鳴ってる音のすべてが好みのタイプ。梨沙子歌声も素晴らしい。

2位

さぼり
D
この楽曲に関してのみ、菅谷梨沙子ソロとしての評価。梨沙子ってすげーんだなって、初めて感じた。

1位

あなたなしでは生きてゆけない
過去のハロプロ楽曲大賞にて長文のコメントを書いたので(ハロプロ楽曲大賞1997-2006 - activeエレン)今回は省略。まあとにかく、この曲については言いたいことが多すぎるんだ。佐野元春デビューシングルアンジェリーナ』と同等の強烈なインパクトだ、とだけ記しておきます。

MV部門

3位

抱きしめて 抱きしめて
D
単純に、MVの出来が良いと思う。これだったら誰にでも紹介したいレベル。

2位

ジンギスカン
D
マワリスト幼稚園児が面白すぎて愉快痛快。謎のショルダーキーボード意味不明ワロタ

1位

ライバル
D
熊井ちゃんといえばこれ。すべての表情が愛らしい。「大人にはわっかんねぇだろうなぁ」の台詞も秀逸。とにかく熊井ちゃん

推しメン部門

熊井友理奈

個人的にはBerryz工房にハマった期間は短く、『ギャグ100回分愛してください』から『告白の噴水広場』あたりまでがピークでした。以降、ぼくは彼女たちの曲をあまり熱心に聴かなくなったので、投票内容は偏っています。
当時、安倍なつみモーニング娘。を卒業するということでナーバスになっていた。また、小学生のメンバー、特に菅谷梨沙子夏焼雅のような者に興味を持つことが、自らのロリコン魂に火をつけやしないかと警戒したことも確かだ。
ぼくがkeyword:嗣永プロという言葉をはてなキーワード作成した頃が、自分にとっての盛り上がりだったんだろうなあ。
正直、ぼくがBerryz工房に興味を持ったのは『ギャグ100回』以降なのですが、ミュージックステーション初登場は観ていた。そのとき、印象に残ったのが嗣永桃子熊井友理奈だったということは、だいぶ後になって知った。桃子からは何かしらの気迫が伝わってきたのだと思うが、熊井ちゃんは、ひたすら可愛いという印象、高評価だった。その可愛いという印象は今でも変わらない。ある深夜のトーク番組きっかけで彼女たちのキャラ面白いという発見をして、ラジオ番組聴くようになった。あのラジオが終了して、ぼくは、いったんはベリーズから卒業したんだと思うけれど、それでも、くまくまトークが聴きたくて、時々は彼女たちが出演するラジオYouTubeをチェックしている。歌手としての評価は行わないけれど、ぼくにとってBerryz工房の歌は、梨沙子熊井ちゃんの声があってこそだと思っている。

2014-01-06-Mon

C85参加レポ

f:id:eal:20131229132859j:image
コミックマーケット85
http://www.comiket.co.jp/info-a/C85/C85info.html
31日「はなごよみ」西ら-46a
http://twitcmap.jp/?id=0085-3-RAh-46-a
https://webcatalog.circle.ms/Circle/11010292
正かな同人誌の第5号と萌えぎのさんのあまちゃん本を冬コミで出します - 「はなごよみ」公式ブログ
冬コミであまちゃん新刊コピー誌を頒布します - activeエレン

 あまちゃん感想コピー誌『あまJ』頒布しました。「はなごよみ」にお越し頂き、そしてお買い上げ頂きありがとうございます
 ということで、簡単にレポ書きます。

f:id:eal:20140106160149j:image

 まず、前日の30日に上野宿泊。駅でアキちゃんがお出迎え。じぇじぇ

f:id:eal:20140106160219j:image

 参加当日の大晦日。はなごよみ設営。今回はいもの評論情報ではなく歴史・創作ジャンルだったので、まわりの雰囲気がいつもと違います。写真だと分からないかもしれませんが。
 スタッフ参加者は、はなごよみ代表押井さんid:osito(@)、野嵜さん(@)、そしてぼく。後で売り場におでんさん(@)とid:Akimboさん(@)が来て5人で正かな打ち上げに行くのですが、その前に、

f:id:osito:20131228220647p:image

 売り場に正かな本の漫画でおなじみのコシヌケ先生(@)が来て、この漫画はセリフが手書きだからいいんだよね、眠田直(みんだなお)みたいでって伝えたんだけど、もしかすると若いからその例えが通じなかったかもしれない。今回の正かな本も面白いです。国語研究についての文献紹介がとにかく厚くて、熱い。

コミケ國語の現状を憂慮する女性國語問題本が一册、最後に賣れた。
http://twitter.com/nozakitakehide/status/418080676294844416

西1ホール、ら46a「はなごよみ」にいらした方で、青い買物袋をお忘れの方がいらっしゃいます。お心当りの方はいらして下さい。
http://twitter.com/osito_kuma/status/417887914002247680

コミケ運営に届けたけど、持ち主にちゃんと戻ったのだろうか?

はなごよみの本日売上速報。正かなV 15 あまJ 10 文章 9 正かなIV 5 正かなIII 3 正かなII 1 正かなI 7 猫本 1にゃもちバッヂ 1 おもち☆マギバッヂ 1
http://twitter.com/osito_kuma/status/417946610208100352

 ぼくの本は10冊売れました。ありがとだべ(●´ー`)


 レポ終わり。あとはおまけ。


 今回も水上バスに乗ってビッグサイト離脱。浜松町の書店装苑を読む。アイドル領域のおのやさん(@)が装苑に書いたアイドル衣装の考察、ぼくは良い文章だと思う。ゲットしたアイドル領域の新刊、まだよく読んでないけど、縦書き新装して内容も充実してるので、アマゾン貼っておきますね。
 Amazon CAPTCHA
 で、リニアモーターカーで新宿に着き、打ち上げの前にCOMIC ZIN新宿店に寄って、自分の本が置いてあるのを確認。ほんとに置いてあるんだ!って思った。

f:id:osito:20130406093431j:image

 これです。詳しい解説はここ(http://eal.hatenadiary.jp/)に書いてありますので、気になった方はよろしくです。
 新宿での打ち上げでは、エリンギ(エレンと関連があるとされている)を食べたりAkimboさんの面白い話をきいたりしました。Akimboさんとは初対面だったけど、まじでダジャレ連発でした。あとぼくが「さくらだホエールズ」「さくらと言えば木之本桜!」「ごまっとう常識!」とかいきなり言いだすので、いっちゃってるひとだと思われたかもしれません。まああれは多少「盛って」ますけどね。いわゆるキレ芸です。

f:id:osito:20140102120331j:image

 帰りの電車痛電車。
 上野の宿に戻って紅白を見て、ああこれタイムライン荒れるやつだとか思ったけど面倒なので書きません。
 けど、ユイちゃんが来た瞬間、泣けた。あまちゃん157話は感動でしたね。自分の本の感想があるかと思って「あまちゃん同人誌」でツイッター検索したら、紅白あまちゃんコーナーについてオフィシャルが同人誌みたいなことやってたという感想があって、『あまJ』に書いたことは間違ってなかったと、ひとりほくそ笑んだのだった。
 この日、2013年大晦日ハロプロ初のカウントダウンライブがあり、それもあってタイムラインが賑やかだったのですが、前日にはハロプロ楽曲大賞もあって、みんなタフだなあと思った。ちなみに今年のぼくはあまちゃん漬けだったので楽曲大賞には投票しませんでした。


 そして2014年あけましておめでとうございます
 押井さんに案内してもらい、浅草と秋葉原に行きました。浅草はたぶん初めてだと思う。いちおう雷門くぐってみたりしたんですが、あまりの混雑で途中で抜けた。おんなじ混雑でもコミケとはまったく違う。でも今回はコミケで混んだところに行かなかったですね。31日の東はエロだから混んでたんだろうけど一回も行かなかったし。モモーイの新刊を買うのに並んだだけでした。モモーイはあいかわらず可愛かった。で、実は、このページにもあるぼくの水色の同人誌モモーイに渡してしまいました。
 まあ、コミケでそんなに買物したり他のサークル熱心に探したりしなかったけど、物販で見たトレス台が、たぶんあれLED照明で、薄くていいなあって思いました。蛍光灯じゃねえんだなあって。ぼくもう絵は描かないんだけどね。

f:id:eal:20140106160237j:image

 やげん堀(http://yagenbori.jp/)という有名なお店で唐辛子をゲット。麻の実を抜いて作ってもらった。とても良い香りで使うのがもったいない

f:id:eal:20140106160235j:image
f:id:eal:20140106160238j:image

 今回は自分としては珍しく写真撮りまくる。いなかもんだべ。

f:id:eal:20140106160239j:image

 スカイツリーが見えます。でも、なんでどの写真押井守アニメみたいに建物が倒れてるんだ?

f:id:eal:20140106160240j:image

 これも初めて乗るつくばエクスプレスで浅草から秋葉原へ。秋葉原駅構内にランチパック専門店発見するも休業でした。

f:id:eal:20140106160241j:image

 秋葉原は和むねえ。実は娘。学会の頃(2007年)はそんなに好きじゃなかったけど、今やホーム感。

f:id:eal:20140106160242j:image

 いつもは八重洲口で降りてそのままバス乗り場に向かうんだけど時間があったので歴史ある駅舎を撮影。やはりいなかもんだ。

f:id:eal:20140106160243j:image

 これも有名なやつ。KITTEという名前らしい。中には入らなかった。休みだったかも。

f:id:eal:20140106160244j:image

 ということで、今回も楽しかったです。いつもの高速バス福島へ帰ります。
 ※画像ははとバスです

f:id:eal:20140106160245j:image

 戦利品
 ※まだ読んでません


 ハッシュタグ#あまJで感想を書いて欲しいなあと書いたら、嬉しい感想が来ました(●´ー`)

冬コミの戦果から。あまちゃん評論本「あまJ」。東北のハロプロ党の視点で努めて冷静に見ておられます。あまちゃん漫画であるという意見に納得。第157話(紅白)についての考えもぜひうかがいたいです。
http://twitter.com/KadoKaiSosai/status/418399146739896320
あと、あまちゃん小ネタ満載=色々詰め込んだとみる向きは多いですが、実は相当そぎ落としているという視点は新鮮でした。
http://twitter.com/KadoKaiSosai/status/418399747058061312

 ありがとうございます(●´ー`)
 紅白生放送むちゃくちゃやってしまう感じ、(昔の)フジテレビみたいな仕掛けが素晴らしいと思いました。「公式が同人誌みたいな」のような意見もあったみたいで、キャラクターあってこその二次創作だなあと。


 お知らせ。新刊『あまJ』含むぼくの同人誌通販をはなごよみ(http://osito.jp/)で行っていますので、よろしくです。

f:id:osito:20130406093431j:image

 ひきこもり博士の[ハロプロ][萌え][エヴァンゲリオン]研究日誌
 http://eal.hatenadiary.jp/
 見本PDF
 http://kan-chan.stbbs.net/dojin/b16b01_preview.pdf

f:id:osito:20121230025851j:image

 綾波レイはどこへ消えた?
 http://d.hatena.ne.jp/eal/20121230/p1

f:id:osito:20131229220719j:image

 あまJ
 http://d.hatena.ne.jp/eal/20131228/p1
 同人誌について詳しくはブログhttp://eal.hatenadiary.jp/をご覧ください。

info

萌えぎのエレン同人誌info
http://eal.hatenadiary.jp/
■the End of AnimeLife
あまちゃん感想など
http://eal.hatenablog.com/
■もえぎのブクマ日記
http://moegino.hatenablog.com/
Twitter
https://twitter.com/moegino

2013-12-28-Sat

冬コミであまちゃん新刊コピー誌を頒布します

 2013年12月31日『あまJ』頒布します!

f:id:eal:20131229132859j:image
表紙:押井徳馬(はなごよみ)
本文64ページ
400円
冬コミ31日「はなごよみ」西ら-46a
http://twitcmap.jp/?id=0085-3-RAh-46-a
https://webcatalog.circle.ms/Circle/11010292
正かな同人誌の第5号と萌えぎのさんのあまちゃん本を冬コミで出します - 「はなごよみ」公式ブログ

 2013年8月『あまQ』、2013年11月『あまA』。そして、ぼくのあまちゃん同人誌、ついに『J』です。じぇじぇじぇのじぇーです。ぼく普段じぇじぇとか言わないのですが。内容は、ハロプロファンとしてあまちゃんアイドル描写を評した『あまA』の本文はそのまま掲載して、書きおろし未発表の文章を追加したものです。基本的に、これまで同人誌で書いてきた延長です。エヴァンゲリオンハロプロの話が出てきます。最近のアニメは分かりません。新たに書きおろした章では、小池一夫キャラクター論を引用して、あまちゃんがいかに漫画的な面白さに則ったものであったかを検証。また、あまちゃんを見ていて連想したアニメ作家の言葉も並べました。押井守の言葉など、あまちゃんからは遠い世界だと考えられるけれど、ある共通点を発見したので記しました。最後に、富野由悠季が「非あまちゃんファンになった」ことへの、ささやかな反論を書きました。
 2013年の総決算。ハロプロファンをお休みしてあまちゃんにどっぷり入れ込んだ、今年最後の完全燃焼を目指して、自分のあまちゃん決定版として思うところ全部書きました。この本で書いたのは結局あまちゃんキャラクターだということですね。ドラマなんかなくたって構わないとまでは言わないけれど、キャラクターの力はすごいんだってこと。それで色々と言い訳できますからね。富野監督ドラマの人だからキャラクターだけで作品が何とかなるって思っていない。一方で押井守ドラマなんかいらないって言ってますし。一応書いておきますが、あまちゃんドラマがないってことじゃないです。
 富野監督あまちゃん批判を読んで思ったけど、ユイちゃんファンってめんどくさいな。それでいくとアキちゃんファンのぼくはおバカですね。ファンは推しに似るっていうあれです。
 あまちゃんが好きだったら泣ける、かもしれない。知らない人達にとっては「なんだこれ?」という印象かもしれないけれど、その「なんだこれ?」がきっかけで、じゃあ見てみるかってなるかもしれない。
 ドラマの続編は別にやらなくていいけれど「天野アキ with GMT」イベントは開催して欲しいと思っていた。この本が初めて頒布されるコミックマーケット3日目、2013年12月31日に放送される紅白歌合戦では、天野アキ能年玲奈)を筆頭に編成された「GMTスペシャルユニット, フィーチャリングアメ横女学園」が歌唱パフォーマンスを披露するのだという(http://www1.nhk.or.jp/kouhaku/artists/hilights.html)。小泉今日子共演者紅白で彼女たちを応援したり寸劇を披露するのだという。ハロプロ初の年越しライブと、あまちゃんチームの紅白パフォーマンス成功を祈りながらサークル参加しますね。
 よろしくお願いします(●´ー`)
 新刊の感想ツイッターハッシュタグ「#あまJ」で書いて頂ければ嬉しいです。

あまJ参考文献

NHKドラマガイド 連続テレビ小説 あまちゃん Part1, NHK出版, 2013.

https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C5010101&webCode=69235632013
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4149235635

NHKドラマガイド 連続テレビ小説 あまちゃん Part2, NHK出版, 2013.

https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C5010101&webCode=69235642013
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4149235643

あまちゃんメモリアルブック』ステラ臨時増刊10月30日号, NHKサービスセンター, 2013.

http://shop.nhk-sc.or.jp/shop/g/g010200075/
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00EDYWDC2

あまちゃんファンブック おら、「あまちゃん」が大好きだ!, 扶桑社, 2013.

http://www.fusosha.co.jp/books/detail/3781
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4594069029

あまちゃんメモリーズ 文藝春秋×PLANETS, 文藝春秋, 2013.

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163767703
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163767703

あまJ参考文献(雑誌)

能年玲奈インタビュー, ダ・ヴィンチ 2013年8月号, メディアファクトリー, 2013.

7月5日
http://www.fujisan.co.jp/product/1613/b/952697/
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DGX14JY

あまちゃん』大人気の舞台裏, 能年玲奈井上剛, 文藝春秋 2013年8月号, 2013.

7月10日
http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/803

あまちゃん』が日本の朝を変えてしまった, CUT 2013年8月号, 2013.

7月19日
http://ro69.jp/product/magazine/detail/85056
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DQCPAYU

あまちゃん」のすべてを知る男 脚本家 宮藤官九郎 読者からの23の疑問に答える!, 週刊文春 2013年8月15日・22日 夏の特大号, 文藝春秋, 2013.

8月7日
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2997

宮本信子インタビュー, NHKウィークリーステラ 2013年9月20日号, NHKサービスセンター, 2013.

9月11日
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F3QR5UE

あまJ参考文献(新聞

かわいいアイドル明快に つんく♂あまちゃんクロスレビュー. 2013/07/23/火曜日. 朝日新聞・朝刊. p19.

http://www.asahi.com/culture/articles/TKY201307220413.html

ノウネンさんのこと TVダイアリー 井上剛2. 2013/8/25日曜日. 朝日新聞・朝刊. p22.

http://www.asahi.com/shimen/20130825/index_tokyo_list.html

みんなのメモリーあまちゃん最終回 宮藤官九郎さん「東北人の強さ描けた」. 2013/9/29日曜日. 読売新聞・朝刊. 福島13版. p38.

あまJ参考文献(ウェブ

あまちゃん能年玲奈ももクロを参考にアイドル志望の少女を熱演! - シネマトゥデイ

「今はももクロさん、アイドル時代小泉今日子さんや薬師丸ひろ子さんを見て研究しています」
あまちゃん東京編 完成披露試写会 6月11日 NHK放送センター
6月11日
http://www.cinematoday.jp/page/N0053750

あさイチプレミアムトーク 宮本信子NHK総合 2013年6月21日(金)

http://www.miyamoto-nobuko.jp/menu4/menu4.html

あさイチプレミアムトーク 宮本信子」 : こんなテレビを見た。

http://blog.livedoor.jp/konnnatv/archives/29608137.html
http://togetter.com/li/521364?page=2

もんじゅ君の「ズバリ聞きますだよ!」第4回 - 【前編】じぇじぇ大友さん、『あまちゃん』は2011年夏の福島から始まっていた、ってどういう意味ですか?

8月9日
http://blogos.com/article/67859/

もんじゅ君の「ズバリ聞きますだよ!」第4回 - 【中編】じぇじぇ大友さん、『あまちゃん』にジャズブルースを取り入れたのには、どんな背景があるんですか?

8月10日
http://blogos.com/article/67902/

もんじゅ君の「ズバリ聞きますだよ!」第4回 - 【後編】じぇじぇ大友さん、『あまちゃん』から「中央と周辺」の問題を考えた、ってどういうことですか?

8月11日
http://blogos.com/article/67909/

気が付いていましたか?あまちゃん『東京編』小ネタ集( あまちゃん) - 女性自身

西川まり監督さんから『はっきりした色で。ももいろクローバーZのイメージで』との指定をいただき、5〜6案考えたなかでこのワンピース衣装がOKになりました。元気が出るようなアイドル衣装意識して作りました
8月14日
http://jisin.jp/news/2597/6180/
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130814-00010003-jisin-ent
http://news.livedoor.com/article/detail/7951702/

渋谷アニメランド 今、ガンダムから送るメッセージ NHKラジオ第1 2013年8月16日放送

富野監督出演!NHKラジオ第1渋谷アニメランド 今、ガンダムから送るメッセージ8月16日20:05より放送! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト
8月15日
http://www.gundam.info/topic/9158

あまちゃん最終回 NHKあまちゃんを語ろう」イベント 塩見三省さん・訓覇チーフプロデューサー対談書き起こし - 時々てれび日記

9月28日
http://d.hatena.ne.jp/dikoku/20130928/p1

NHKラジオ 渋谷アニメランド「今、ガンダムから送るメッセージ」 富野発言部分全文字起こし宇野さん編・2)ラスト富野とかBLOGサイト2:So-netブログ

10月5日
http://tominotoka.blog.so-net.ne.jp/2013-10-05

富野由悠季監督が“非あまちゃんファン”に転向? | ニュースウォーカー

10月19日
http://news.walkerplus.com/article/41750/

TOMINOSUKI / 富野愛好病 熱愛だった富野監督はいかにして「非あまちゃんファン」になったのか? −富野由悠季あまちゃん』発言まとめ−

10月20日
http://kaito2198.blog43.fc2.com/blog-entry-1373.html

「久慈と能年玲奈アイドルは大博打だった」 あまちゃんプロデューサーが語ったヒットの裏側 - F.Ko-Jiの「一秒後は未来

訓覇圭/吉田照幸
10月27日
http://blog.fkoji.com/2013/10272325.html

あまちゃん」を成功させた“3つの博打”:日経ビジネスオンライン

訓覇圭
11月11日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20131108/255638/

あまJ参考文献(漫画アニメ関連)

庵野秀明総監督 所信表明 : みんなのエヴァンゲリオン(ヱヴァ)ファン

2007年9月6日
http://neweva.blog103.fc2.com/blog-entry-26.html
2007年2月17日、全国の主要な映画劇場において、総監督庵野による「所信表明」を書き記したポスターの掲示とともに特報映像(文字情報のみ)が上映開始」(ヱヴァンゲリヲン新劇場版 - Wikipedia

小池一夫ツイッター

「嬉しい事と淋しい事の二つ。40年もキャラクター研究をし、キャラクターを創り、キャラクターマン講座で教えてきた僕にとって、NHKの「あまちゃン」が最高の人気を取り「半沢直樹」も遺憾なくキャラクター性を発揮している。キャラクター論が今の時代にピタッと来た事が殊の外嬉しい(小池一夫)」
2013年9月16日
http://twitter.com/koikekazuo/status/379538896675037184

アニメスタイル第1号』, 美術出版社, 2000.
アニメスタイル第2号』, 美術出版社, 2000.
小池一夫キャラクター新論』, 小池書院, 2011.
『風の帰る場所』, ロッキング・オン, 2002.

あまJ参考文献(Wikipedia

あまちゃん

あまちゃん - Wikipedia

能年玲奈

能年玲奈 - Wikipedia

宮藤官九郎

宮藤官九郎 - Wikipedia

木更津キャッツアイ

木更津キャッツアイ - Wikipedia

カウボーイビバップ

カウボーイビバップ - Wikipedia

あまちゃん(公式)

放送時間ドラマについて|NHK連続テレビ小説あまちゃん

ドラマ概要宮藤官九郎コメント、訓覇圭コメント
http://www1.nhk.or.jp/amachan/info/

あらすじ|NHK連続テレビ小説あまちゃん

http://www1.nhk.or.jp/amachan/story/index.html

ヒロインのコーナー|NHK連続テレビ小説あまちゃん

http://www1.nhk.or.jp/amachan/heroine/index.html

商品情報NHK連続テレビ小説あまちゃん

http://www1.nhk.or.jp/amachan/goods/

あまちゃんスタッフ公式)

宮藤官九郎の小部屋の中の引出しの三段目の日記帖 | 大人計画 OFFICIAL WEBSITE

http://otonakeikaku.jp/special/special_kudo.html

大友良英のJAMJAM日記

http://d.hatena.ne.jp/otomojamjam/

あまちゃんTwitter/スタッフキャスト

作成リスト
http://twitter.com/moegino_aki/amachan-official/members

あまちゃん自作まとめ一覧

あまちゃん自作まとめ一覧 - activeエレン
あまちゃん自作まとめ一覧(2013年9月以降) - activeエレン

お知らせ(2014-01-04)

 はなごよみウェブページにて『あまJ』の通販を開始しました。はてなポイントでも購入できます。
 http://kan-chan.stbbs.net/dojin/order.html

info

萌えぎのエレン同人誌info
http://eal.hatenadiary.jp/
■the End of AnimeLife
あまちゃん感想など
http://eal.hatenablog.com/
■もえぎのブクマ日記
http://moegino.hatenablog.com/
Twitter
http://twitter.com/moegino

2013-11-19-Tue

あまちゃんキャラクター表

 あまちゃんキャラクターだ(http://eal.hatenablog.com/entry/2013/10/08/022900)の補足。主要キャラクター一覧。なお、以下の記述にある「なぜか」はドラマ面白い部分なので、あえて解説しない。



名前愛称または劇中での通名演者メモ
天野アキアキ能年玲奈主人公。誕生日は1991年11月23日。東京で生まれ育ったが母親故郷の岩手県北三陸に魅せられ、そのまま住みつく。祖母の夏ばっぱの影響で海女になり、同時に地元のアイドルとなる。北三陸訛りが抜けなくなり、自分のことを「おら」と呼ぶ。とにかく何でもやってみる性格。その後再び上京しGMTのメンバーとなる。
天野春子春子、春ちゃん小泉今日子アキの母親。とにかく我が強く向かうところ敵なしといった女性黒川正宗とは離婚したが東日本大震災後に復縁。アキ曰く「不機嫌でガサツな母」だが歌うときは別人のようで、しかも歌が上手い。大吉からは春ちゃんと呼ばれる。もうひとりの主人公。少女時代の春子を演じるのは有村架純誕生日は1966年4月12日(歌手広瀬香美と同じ)。
天野夏夏ばっぱ宮本信子春子の母親でアキの祖母。「ばっぱ」は婆を指す方言。北三陸のリーダー的存在。現役海女であり袖が浜海女クラブ会長。喫茶リアスおよびスナック梨明日経営。「去る者は追わず、来る者は拒まず」が信条
天野忠兵衛忠兵衛蟹江敬三アキの祖父。遠洋漁業の漁師。自称グローバルフィッシャー」。夏ばっぱの国際的視野は忠兵衛からの影響が大きい。
黒川正宗正宗尾美としのりアキの父親。個人タクシー経営基本的にいいひとなのだが、なぜか嫌われる。住居は世田谷のマンション。
足立ユイユイ橋本愛クール美少女。北三陸で暮らしているが訛りはない。高校卒業後に上京してアイドルになるという目標がある。地元にやってきたアキと出会い親友となる。ミス北鉄に選ばれた後にアキと地元アイドル潮騒のメモリーズ」を結成。色々とこだわる人物で、それをアキは「めんどくさいユイちゃん」と笑う。
足立ヒロシストーブさん小池徹平ユイの兄。東京で就職したがすぐに戻ってくる。以降、父親に反抗的な態度を取る。悪人ではないが暗い性格で、家のストーブの前にいつもいることを父親から「お前はストーブだ」と揶揄され、それを聞いたアキもストーブと呼ぶ。なぜか妹のユイからもストーブと呼ばれる。アキを好きになるが振られる。その後に交際した栗原しおりにも振られる。色々と浮かばれない残念なひと。
今野弥生弥生渡辺えり現役海女。しゃべり声が大きくてうるさい。なぜか山形訛り。春子いわく「北三陸の越路吹雪」。アキとユイ歌唱指導も行う。常に派手なファッション。夫が経営する「ブティック今野」は実質的に弥生のセレクトショップとなっている。
長内かつ枝かつ枝、眼鏡会計ばばあ木野花現役海女夏ばっぱに継ぐ海女クラブナンバー2。「眼鏡会計ばばあ」を含めて海女クラブの面々には○○ばばあと渾名が付くが(北三陸駅副駅長勝手に命名)、ツイッターでのファンの書き込みでは、かつ枝の「眼鏡会計ばばあ」が多い。
長内六郎組合でんでんかつ枝の内縁の夫。袖が浜漁協組合長。
熊谷美寿々美寿々美保純現役海女恋多き女
安部小百合あんべちゃん片桐はいり現役海女漁協事務員も兼任していたが、北三陸の郷土料理「まめぶ汁」を広めるため単身東京進出。ウニ獲りの件でアキから「落ち武者」と呼ばれる(正しくは影武者)。春子の同級生
花巻珠子 伊勢志摩漁協事務員であんべちゃんの後任。海女ではない。フレディ・マーキュリーコスプレが衝撃的。「わかるやつだけわかればいい」は名言
大向大吉大吉駅長杉本哲太北三陸駅駅長赤字続きの北鉄の存続にすべてを賭ける。無駄に熱い男。春子が好きだったがあんべちゃんと結婚し離婚震災後に復縁
吉田正義吉田くん荒川良々北三陸駅副駅長とぼけたことばかり言う。
菅原 吹越満北三陸市観光協会会長大吉とは犬猿の仲のようにみえるが、北三陸のジオラマ作成に熱意を注ぐので鉄道は好きなのかもしれない。
栗原しおり 安藤玉恵観光協会職員。ヒロシと付き合っていたはずが気づいたら吉田くんと結婚。
足立足立先生平泉成ユイヒロシの父。春子の高校時代の教師でもあった。岩手県議会議員を経て北三陸市長に。
足立よしえ 八木亜希子ユイヒロシの母。元アナウンサー良妻賢母。スナックにほとんど顔を出さないので出番は少ない。
種市浩一種市先輩(アキ)福士蒼汰北三陸高校潜水土木科生徒。一人称は自分(ずぶん)。好青年。アキの先輩。ユイが好きだったがアキから告白される。東京で挫折したり寿司屋に弟子入りしたりと色々あった後、アキと交際開始。視聴者ツイッターでは「ずぶん先輩」の愛称でも呼ばれる。
磯野心平いっそん皆川猿時北三陸高校潜水土木科教師。なぜか福島(いわき)訛り。
小田勉勉さん塩見三省琥珀職人。よくしゃべる登場人物が多いなかで口数が少ない人物。北三陸の歴史の証人でもある。
水口琢磨ミズタク松田龍平勉さん弟子だがその正体は… 彼が発見した原石は「潮騒のメモリーズ」だった。誕生日は1976年9月23日。
鈴鹿ひろ美 薬師丸ひろ子女優なので知らない者はいないが愛称特にない。大女優だけあって浮世離れしている点がみられる。偶然出会ったアキを「自分に似ている」と付き人にする。そのことが彼女の人生にも少なからず影響を与える。
荒巻太一太巻古田新太芸能事務所ハートフル社長。所属アイドルタレントのプロデュースも行う。どこか怪しい。相手を威嚇するときになぜか関西弁になる。腕組みしながら掌を脇の下に隠す癖がある。春子とは過去に因縁があったらしい。
有馬めぐマメりん足立梨花ハートフルの人気アイドルグループアメ横女学園芸能コース」のメンバーで人気ナンバーワン。プライドが高い。恋愛スキャンダルあり。
入間しおり 松岡茉優GMT(ハートフルアイドルグループアメ女の妹分にあたる)のメンバーで、熱くてガツガツしたリーダー。演じる松岡熱狂的なモーニング娘。ファン。
遠藤真奈 大野いとGMTのメンバー。福岡県出身を名乗っていたが実は佐賀県出身(演じる大野も同じ佐賀県出身)。「がばい」が口癖。
宮下アユミ 山下リオGMTのメンバー。徳島県出身(演じる山下も同じ)。恋愛問題でグループを脱退。一児の母となる。
喜屋武エレンきゃんちゃん蔵下穂波GMTのメンバー。沖縄県出身(演じる蔵下も同じ)。ダンスがワンテンポ遅れる。癒しキャラ
小野寺薫子小野寺ちゃん優希美青GMTの最年少メンバーで人気ナンバーワン。宮城県出身。演じる優希福島県出身で、東日本大震災被災山形県で避難生活を送っていた。
ベロニカ 斎藤アリーナGMTのメンバー。アキの代役なのであまり出番がない。
ヒビキ一郎ヒビキ村杉蝉之介アイドルおたく。後にアイドル評論家として再登場。
甲斐 松尾スズキ喫茶店経営。長年のアイドルファンとして歴史を知る人物でもある。若い頃の春子をアルバイトとして雇った。
梅頭大将ピエール瀧無頼鮨という寿司屋の大将。ほとんどしゃべらない、謎が多い人物。野球が好きらしい。鈴鹿ひろ美は無頼鮨の常連

11月20日

 メインキャストを追記しました。

11月22日

 一部太字に変更。

11月25日

 記述追記とレイアウト変更。

12月17日

 追記。

12月21日

 アキ、春子、水口の誕生日を追記。

お知らせ

 冬コミにてあまちゃんコピー誌頒布します。これまで発表した2冊をまとめて、さらに書き下ろしの文章を掲載。現在執筆中。12月31日「はなごよみ」西ら-46a(http://twitcmap.jp/?id=0085-3-RAh-46-a)にて。
 正かな同人誌の第5号と萌えぎのさんのあまちゃん本を冬コミで出します - 「はなごよみ」公式ブログ

info

萌えぎのエレン同人誌info
http://eal.hatenadiary.jp/
■the End of AnimeLife
あまちゃん感想など
http://eal.hatenablog.com/
■もえぎのブクマ日記
http://moegino.hatenablog.com/
Twitter
http://twitter.com/moegino