ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

おびなたん☆

1981 | 11 |
2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 05 | 12 |
2011 | 02 | 03 | 05 | 07 |
2012 | 02 |
2013 | 02 | 04 | 05 | 06 |
2014 | 01 | 02 |
2015 | 12 |

Nov 30, 2009. Mon

[]瞳のフォトグラフ

瞳のフォトグラフ 1 (Flex Comix)

瞳のフォトグラフ 1 (Flex Comix)

瞳のフォトグラフ 2 (Flex Comix)

瞳のフォトグラフ 2 (Flex Comix)

主人公のハルカが写真にのめり込んでいくところ、何を撮るか、なんのために撮るか、など撮影者の感性を大事にしているのが特徴的。なので、第7話(2巻の第1話)を除いては技術的な描写はほとんどない。その第7話でも、テクニカルタームは出てこない。

「レンズの数だけ世界がある」は名言。

実モデルが登場するのがなかなか。EOS Kiss X2, D60, D300

続きが楽しみ。

Nov 25, 2009. Wed

[]二眼レフカメラ

二眼レフカメラが付録の大人の科学買うた。

ustしてトークを混ぜながら作成。組み立て説明書の記述が一部間違ってる。シャッター機構があまりスムーズじゃない・・・

http://movapic.com/earth2001y/pic/899777

あとで35mmフィルム買ってくる。とりあえず、ISO400くらいでいいかな?

露出計なんて気の効いたものはないし、シャッター速度調整機構も絞り機構もない。ネガフィルムのラチュードの広さで押し切るぜ。

Nov 23, 2009. Mon

[]えびす講花火

職場の先輩とカメラ抱えて撮影隊。基本、F11〜13まで絞ってのバルブ撮影。

IMG_1918

IMG_1951

IMG_2042

IMG_2109

IMG_2171

Nov 22, 2009. Sun

[]高専カンファレンス in 長野 へのルート

高専カンファレンス in 長野 (12月19日)の参加者募集がはじまっています。また、発表枠もまだ半分近く空いているので、引き続きエントリーを募集します。

さて、先日の大東京で、長野実行委員長が東京から長野までの交通案内を簡単にしていましたが、やはり全国各地から参加してもらうには圧倒的に情報不足なので、その補足も兼ねて会場までのルートを案内します。

長野に着いてから会場まで

まず、鉄道やバスで長野に着いてから、会場の長野高専までの案内です。多くの人は、まずは各地から長野駅を目指すでしょう。

長野駅からは、

  • JR信越本線三才駅(2駅、190円)下車、徒歩15分
  • 長電バス 長野駅6番乗り場から、三才線(三才駅・市民病院・柳原行き)乗車、「高専」下車

のルートが一般的です。

タクシーだと3,000円ほどかかります。また、北陸新潟方面から信越線飯山線で来る場合は、長野まで来ずに三才で下車するのが効率的です。

長野駅時刻表

三才駅には、信越線と飯山線の二つの路線が乗り入れています。いずれも、定期列車は全列車が三才に停車します。また、飯山線の多くの列車が発車するJR長野駅の4番線は、ホームの南北を分割して3番線・4番線とする変則構造となっていますので、ご注意ください。

長野駅周辺地図


より大きな地図で 長野駅周辺地図 を表示

三才駅・長野高専周辺地図


より大きな地図で 三才駅・長野高専周辺地図 を表示

各地から長野へ

公共交通機関を使った、全国各地から長野へのアクセス方法です。

北海道から

基本は航空機で東京経由がオススメです。(おびなたが北海道へ行くときも同ルート)

また、札幌から松本へJACが、月水金日に各日一往復運行。松本空港から長野へは、空港からバスで松本バスターミナルへ、そこから高速バスまたはJR篠ノ井線で長野へ向かいます。(詳細

東北地方から

本数も多く、時間的には最も手軽なルートでしょう。

東京から

新幹線が最も標準的なルートですが、多摩西部や山梨からだと松本経由が早いです。なお、長野新幹線に並行する在来線はありません。青春18きっぷなどで普通列車利用の場合は、中央本線経由となります。

また、新幹線の東京行き最終便は、長野駅21:40発です。夜の懇親会(飲み会)は長野駅から徒歩10分ほどの場所で、21時ぐらいに終了の予定のため、東京方面は日帰りが可能です。

いずれも片道4,000円、往復7,200円と安く移動したい場合にオススメします。ただし、季節上、上信国境帯での雪による遅延、交通渋滞による遅延のリスクがあります。

新潟方面から
  • 鉄道
    • 上越新幹線高崎まで、長野新幹線に乗り換え 高崎から平均45分
    • 信越本線快速くびき野号、直江津・高田・新井から普通列車で 三才駅下車

高速バスが手軽ですが、速いのは新幹線です。

北陸方面から
  • 鉄道
名古屋方面から
  • 鉄道
    • 中央本線 特急しなので約3時間
大阪方面から
  • 鉄道
    • 東海道新幹線で名古屋まで、特急しなの乗り換え
    • 大阪発長野行きの特急しなのが1日1往復あります
  • 航空機
    • 伊丹から松本へ、JACが毎日一往復。松本空港から長野へは、空港からバスで松本バスターミナルへ、そこから高速バスまたはJR篠ノ井線で長野へ向かいます。(詳細
九州方面から
  • 鉄道
    • 山陽新幹線・東海道新幹線で名古屋へ、特急しなの乗り換え
  • 航空機
    • 九州各空港から東京へ、東京から新幹線など
    • 福岡から松本へ、JACが火木土に各日一往復運行。松本空港から長野へは、空港からバスで松本バスターミナルへ、そこから高速バスまたはJR篠ノ井線で長野へ向かいます。(詳細

お得なきっぷ

JR東日本関係で、12月19日だと以下のようなきっぷがあります

自家用車などの場合

会場最寄りのインターチェンジは、上信越自動車道須坂長野東インターになります。

時期的に降雪・積雪・路面凍結のリスクがあります。特に、信越国境は有数の豪雪地帯、上信国境も寒冷地帯になります。冬装備(スタッドレスタイヤ装着、タイヤチェーン携行)のうえ、冬道の運転スキルがある運転者の運転できてください。

Nov 7, 2009. Sat

[][][]高専カンファレンス2009秋 in 東京

写真で見る高専カンファレンス2009秋 in 東京

スタッフの動き

開催2日前になってのインフルエンザ騒動でいろいろと計画変更、その対応に追われててんてこ舞いでしたがなんとか当日を迎えられました。

スタッフは朝9時半に南千住集合ということで、おいらは長野7:35のあさま508で現地入り。

10時前に会場入りして設営作業開始。

IMG_1457

受付開始前から人が集まってきます。人工衛星チームの方も登場して、エントランスに展示を設置してくれました。

IMG_1437

参加者の会場入りが、本会開始直前に集中したのが誤算でした。展示企画中止の影響もあると思いますが、次への改善課題です。

本会スタート

USTREAMに記録している配信動画をご覧下さい。 http://www.ustream.tv/channel/kosenconf

USTREAMとは別系統で録画もしています。

ほかの参加者のブログのエントリーにも詳細が記されています。(はてブ kosenconf-009tokyo タグ

基調講演と特別講演はヒットでした。とくに平尾先生の講演は反響が大きいです。Nature styleを掲げる高専カンファレンスですが、リアルにNatureモノの話を聞くことが出来ました。衛星チームのみなさん、平尾先生、ありがとうございました。

IMG_1526

大勢の参加、ありがとうございました。集合写真、これでも全参加者の一部なんだぜ?

IMG_1592

本会後

懇親会はインフルエンザによるキャンパス閉鎖の事態に配慮して、開催を取りやめました。落胆の声が聞かれましたが、もともと用意していた交流企画にアドオンする形で、フォローをしていきました。オフィシャルの打ち上げに参加できない人のなかからも自発的な動きがあったことで、結果としてうまくいったと考えています。

IMG_1602

打ち上げの方も飛び入り枠を設けたことで、予定以上の盛り上がりでした。

IMG_1613

これからの高専カンファレンス

本会でも話をしましたが・・・

引き続き開催を継続していきます。関東はじめ北海道、東北、北陸、九州はすでに「動ける人」がいて、やろうと思えばいつでもできる状態になってます。なので、おびなたとしては、西日本地域での開催を後押ししていきたいと考えています。

学生や教職員、さらには中学生やその保護者にも参加のモチベーションを与えられるような方向に持って行きたいと考えています。ただ、それを前面に押し出すよりは、個々の開催に、それぞれの事情に併せてその要素をさりげなく盛り込んでいく方向ですね。

この2つは、高専カンファレンス実行委員会の代表として、これから注力していくミッションになります。

それから「やる夫が開催する高専カンファレンス」は、実作業してくれるひと募集してます。

Connection: close