Hatena::ブログ(Diary)

石油依存症からの脱出記 RSSフィード Twitter

2011-05-31

山下俊一氏の医師向け講演会

09:28

今、日々子供たちが放射能に晒され健康障害が危惧されている福島県中通りでは、子供たちを助けたいという一心で疎開除染に取り組む人たちと、放射能は安全だから心配し過ぎだと考える人たちの間で分断が起き、コミュニティーや家族の間に大きな亀裂が生じています。

その大きな原因の一つは、放射能リスクに対する認識のギャップ。放射能は低レベルでも危険だとされる情報がネット上に溢れている一方で、福島県が招聘した放射線健康リスク管理アドバイザーと言われる人たちが原発事故当初から行政マスメディアのチャンネルを通じて今の放射能汚染は問題ないレベルであり、安全だと流布してきたことにあると思います。

そんなアドバイザーの一人、山下俊一氏が先日県内の医師向けの講演会を行った内容を紹介していただきましたので、修正せずにそのまま転載します。みなさんはこの内容をご覧になってどのように感じますか?


これまでの市民の講演会と全く異なり厳しい事実も含め語られていました。

内部被曝を無視したり不勉強という事はなく、よく研究されています。

さすが専門分野といった印象を受けました。

内容を端的に。

長崎被爆者追跡データ:年余を追うごとに過剰発癌、多重癌発生率の上昇がみられ50年たった今でも上昇をつづけている。一度、幹細胞のDNAについた被曝の刻印は一生消えない事実がある。

チェルノブイリで活動した。現地で見られた小児甲状腺癌は成人の従来のものと全く異なりDNA損傷パターンがすべて同じであった。従来の甲状腺癌と異なり活動的で癒着が強く手術しづらい。ただしI131のアイソトープ治療によく反応した。

ロシア慢性的ヨード欠乏地域であったためI131の内部被爆の効果が厳しく出た。

日本ではヨードが十分に普段からとられていることが予想されるためチェルノブイリほど

の被害は出ないことを予想している。

・空間線量から計算した内部被曝の計算方法がある。地図を提示。

それによると3/12から3/24にかけて24時間、乳児が屋外にい続けた計算では飯舘村、川俣の一部はその期間だけで100mSvの積算内部被曝量の範囲にはいっていた。

20km圏外にある最強のホットスポットでは24時間屋外にいつづけた積算内部被曝計算で500mSv見込まれる場所がある。100mSv以下の範囲地図は提示されず。

母乳からヨウ素が検出されたが微量なので乳児には問題ない。ただしそこから母体の

被曝量を逆算できる。それによると母体は数mSV程度のI131内部被曝と見込まれる。

食事からと考えられると。

・今回は汚染された食材の流通に即座に規制がかけられたので被害はでにくいと思われる。

・100mSV以下が安全との保証は全くなくグレーゾーン。そこにどう線引きするかは行政の仕事。水面下で活発に議論されており20mSv規制は、お母さんたちの運動の強さ如何では変わりそうな雰囲気である。

ヨーロッパでは学術的に十分説得力のあるデータをとれていない。

福島県医大を中心に住民の健康追跡調査を頑張りたい。最初の10日間が大事で3月で大部分の被爆量が決まってしまっている。

今後は最初の10日間、個人がどのような行動をとったかの聞き取り調査とセットで健康追跡調査をしていく準備をしている。いわゆるコホート研究がなされるべき。

今回、チェルノブイリでの活動以来、予想だにしない展開で自分の経験と研究が生かせると意欲に満ち溢れているようです。

などなど、思い出したらまた書きます。

住民を安心させたいという思いから、若干ぼかした表現で説明していたせいで誤解されてしまったとことがあるかもしれません。最初から住民にもこのように説明していれば信頼をえられたかと思います。

福島のおばちゃん福島のおばちゃん 2011/05/31 16:50 こんにちは、この山下講演の要約文は、知人から聞いていましたが、
この山下と言う人は、一体どういう考えなのでしょう。到底理解できませんが
この人の発言に県民の未来の健康が左右されている事実に、憤りを感じています。
要約内容、転載させて頂きたいと思います。

もりやんもりやん 2011/05/31 18:33 山下氏の安全・安心を信じている方々に彼が医師向けにどういう話をしたか、ぜひ伝えて下さい。

石原信市郎。石原信市郎。 2011/05/31 23:27 こんばんは。ツイッターからきました。
ぶしつけなお願いを申しあげます。
私は福島県議会議員をしていますが、こちらのブログを拝見し衝撃を受けています。
せめて日時、主催、場所などお教え頂けないでしょうか?
どうかお願い致します。

WrenSumotsukuWrenSumotsuku 2011/06/01 08:22 twitterからここを知りました。

見るに耐えられない。

山下大先生。
住民はだまして安心させ、医師向けには「いい研究材料」と語っているわけ?
100mSvはグレーゾーン?市民向けには安全って言ってたでしょ?

安全な被爆量なんて存在しない。リスクが限りなく低くなっているだけ。

500mSv超えている場所がある恐れ?500mSvの被爆リスクあなたはよくご存知でしょ?
全身被爆により500mSv受けた場合は、白血球数の減少。つまり免疫低下。

福島、宮城県民、全員にこの話をして下さい。

場合によってはあなたの命の保証さえ無いほど、酷い内容です。

市民の信頼と共に、社会全体の信頼を失いましたね。

ねこねこ 2011/06/01 13:09 畳みきれない大風呂敷広げた時からこうなることは分かっていたわけだが。
まさか医者相手に寝言言うわけにいかないしな。

はみはみ 2011/06/01 17:23 講演内容の公開をありがとうございます。

山下氏の風見鶏のような言動が疑問なのは当然として、
彼の住民向けの発言を知る他の正常な医師達は、何か行動を起こしているのかどうかも疑問に思います。
命を守ることを自ら職とした医師達は、真実を語り住民が騙されないような努力はされているのでしょうか?
何も知らない素人は、良かれ悪しかれ専門家の云うことを信じます。
是非、心ある医師には真実を発信していって欲しいのです。

もりやんもりやん 2011/06/03 09:16 コメントいただきました皆様、ありがとうございます。
多くの方々に真実が伝わることを、放射能の被害が少しでも軽減されることを願ってやみません。

シンシン 2011/06/05 00:51 あまりにひどい話だ。医師は、福島県民を見殺しにするつもりだったのか?
もう、誰も政府、自治体、医者など信用しないだろう。
犯罪的行為と言っても、過言ではない。 一般人を上から目線で、見下すのは止めてください。

もりやんもりやん 2011/06/06 15:43 このツイートの内容もひどいと思います。
http://twitter.com/#!/iwakamiyasumi/status/77423432744181760

菅総理菅総理 2011/06/07 23:45 山下氏は,決しておかしいことは言っておらず主張は一貫している。
 一度に大量の放射線を浴びると危険である。
 一度に100msv浴びると発がん率が明確に上がる。
 飲食物による内部被曝が最も危険であること。
 子どもは放射線に浴びさせないことに越したことはない。
 ストレスを抱えて免疫力を低下させるより,免疫力をアップさせることに
 意識を向けるべき。(「笑っている人に放射線はきません」の真の意味)
 などなど
山下氏のラジオの話を何十回も聞いた私としては,山下氏をトンデモ教授
扱いする人々の気が知れない。現在相当な支持を受けている某C大の教授より
私は山下氏を信用する。

もりやんもりやん 2011/06/08 01:45 現実問題、福島県内でも放射能リスクが過剰に過小評価されている現状には政府や放射線健康管理アドバイザーの方々の言動に起因している部分が多いように思いますが…

はじめましてはじめまして 2011/06/08 19:04 この山下俊一という人は、
「国民には、国の指針に従う義務があります」
と言った人です。

つまり、明らかにおかしくても、抗議も許されないと。
放射線で影響が出ても、黙って病気になれと。誰が死んでも、文句言うなと。
そう言ってるわけですよ。
だって、「義務」なんですから。

こういう事を言われないだけ、北○鮮よりはマシと、
そう思って生きてきたのですが・・・。
これじゃ、あの独裁国家と、変わらないな。
私ら国民は、奴隷か何かか?

こんなのが、偉いさんとして、まかり通っているんだから。
実は日本って、もはや末期症状なのではなかろうか。
でたらめ委員長と同様、キチガイが間違って偉くなっただけと、思いたいが。

もりやんもりやん 2011/06/09 14:33 個人の問題と思いたいですが、政治家、官僚、企業、学者、メディアが癒着して、やりたい放題やってきた結果だと思うので、そうとう根が深いですよね。

iaiaiaia 2011/09/05 12:24 >最初の10日間が大事で3月で大部分の被爆量が決まってしまっている。<
福島もすぐにバスを出して強制避難するべきでしたね。
転載させていただきます。

田端田端 2011/10/15 06:14 もりやん様 
私は、福島県内で放射線技師をしている者です。これまで「放射線の生体に与える影響」に関するセミナーや海外の学会などに20回以上を参加してまいりました。その理由は、何と言っても小児の医療被曝を心配するからです。昔は幾つかの放射性物質を頭部白癬などの殺菌剤として使用されたことがありました(今は禁止)。現在では、主に検査(体内に入れて内部被爆させてしまうのですが)に使用されています。そのような医療上の関心から、放射能について学んできました。結論から申し上げれば、あなたは、だいぶ誤解されていますね。

山下さんの事はよく知りませんが、彼の話は一貫しており、国際的な学界や国際的な論文などでスタンダードとされている事と同じです。また、放射線防護(保健物理)の観点からも、間違っている点はないです。

ところで、「国民には、国の指針に従う義務があります」という発言ですが、これは、放射線技師などの世界では「当然」のことで、私は違和感がありませんでした。放射線の扱いに関しては、国の規定に従わないと罰せられるからです。山下さんの話しの意図も「放射線」に関するもので、それ以外に関しては、述べていないのではないかと思います。

もりやんもりやん 2011/10/15 08:14 田端さま
コメントありがとうございます。

山下氏は原発事故後、100ミリシーベルトまでは安全と言い続けてきましたが、それが国際的にスタンダードなのでしょうか?
http://twitpic.com/4sk7rc/full
http://twitpic.com/4sk83d/full

はじめましてはじめまして 2011/12/19 06:14 良識な方がいると安心しました。
彼はキリスト教徒であり、人のために生きている人です。
石を投げても、医師を返しません。
自らの家族や生活を顧みず、
人に命を投資しています。
自分の体を労わず、
人のために働き続けています。

すこしでも、
誰かに届くように、
娘としては祈ってなりません。
ありがとうございます。

山下祐子

もりやんもりやん 2011/12/19 09:24 実名でのコメントありがとうございました。
放射能による様々な苦しみが少しでも減りますように。
一人ひとりが尊い命をいきいきと精一杯生きられますように。