Hatena::ブログ(Diary)

屁でサティスファクション(あるいは屁にファズをかけろ)

2007-12-15

らきすたキャラソン

胸ぺったんガールズ/みんなで5じぴったん

D



パトリシア・マーティン/最大聖地カーニバル

D



柊つかさ/寝・逃・げでリセット

D


の3つがよかったなぁ。冴えてる。

らきすた自体おもしろかったし、なにより音楽を軽視してないところに好感が持てる。大量にリリースされたキャラソンは玉石混合って感じだが、こんだけ当たりが出れば十分でしょう。

アニメって作品自体と音楽のクオリティが剥離してることがちょいちょいあって信用できない。エヴァの曲が漏れなくクソなのはもとより、ハルヒですら音楽は適当な印象があって(まぁあれは平野綾曲という位置づけなのかもしれないけど)、特に学園祭のライブの曲が大絶賛されてたのは疑問。演奏シーンの作画がすごいってことなのかもしれないが、曲はだめでしょう。つくづくアニソン作家にロック、特にパンクロックのトラックを作る素養がないひとが多いと思わされる。エヴァとかは「音楽とかこんなもんでいいでしょう」って最初から投げてるか、本気でセンスないかどっちかだろう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/easylovebaby/20071215/1197648758