Hatena::ブログ(Diary)

気まぐれランニング このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 | 11 | 12 |

2018年12月31日 月曜日

[] 23:45

3か月連続で100km以上走る。

今日は、4分16で走られた。

来年板橋自己新記録に向けて、期待がふくらむ。

[]陸奥宗光

陸奥宗光 「日本外交の祖」の生涯 (中公新書) [ 佐々木雄一 ]

権力のなかの知

知性と無縁の人生を過ごしてきた自らの小中学生時代を恥じる。

知の蓄積がない欠落。

2018年12月23日 日曜日

埼玉県議会議員選挙 16:40

残念ながら公募不合格

社会にとって有益だと思ったが。

[]財政再建

日本の財政 (中公新書)

有益財政再建への道のりがわかりやすく記述されている。

方法は明白である。

陸奥宗光-「日本外交の祖」の生涯 (中公新書)

権力のなかの知。

2018年12月6日 木曜日

[]公教育憲法 21:28

なぜ日本の公教育費は少ないのか: 教育の公的役割を問いなおす

エビデンスのある政策論議を考えるきっかけを作ってくれた。

憲法9条へのカタバシス

三谷太一郎先生書評を『創文』に寄稿。格調高い文章。注の字が小さい。

埼玉県議会議員について考える

政治とは、弱い人、困っている人の声を代弁し、その方々の個人尊厳を守るために公正に税金を使うことだ。

私は,高齢者障害者女性子ども外国人の方々など,社会的弱者・少数者の方々が,≪安心して自己決定自己実現できる≫埼玉県創造します。

個人市場では解決できない,さまざまな生活上のリスク社会化し,個々人が,地域安心して生活することを保障することが埼玉県役割です。

自立した個人,あるいは,弱者弱者として尊重される個人連帯して新しいコミュニティ創造し,「助け合い,支えあい」を社会価値にした,私たちの『市民自治』を共に創造しましょう。

[]はじめに

安心して自己決定自己実現できる埼玉県

ホームドアの設置

発達障害の方々の安心のために

L燭魑澆政治 CPRとAEDの普及

[]各論

個人尊厳

何よりも個人尊重される社会

差別偏見のない社会

高齢者子ども障がい者外国人など社会的に弱い立場にある人々がが差別されたり、虐げられることがあってはならない。

自由社会

どのような家庭に育ったかによって受けられる教育が異なり、それは学歴に反映される。

実質的機会の平等が失われている。

私たちは、自由社会の一員として、社会階層教育問題重要なことがらと認識し、公教育への積極的な関与により、本人の能力とは無関係に生じる格差是正に取り組むべきである

共生包摂

ともに生きる社会社会的排除ではなく包摂を。少数者の権利を重視する政治

て明性のある政治

疑問の余地がない検証可能政治資金、政調活動費の透明化。

2018年11月15日 木曜日

[]ウルカヌス 20:05

ウルカヌスの群像―ブッシュ政権とイラク戦争

名著。『ベストブライテスト』の現代共和党版。

基本的な構図は、現在も変わらないと思う。

村田さん訳者というのも何たる偶然。

レーガンカーターに続いて村田文体に親しむ。

2018年11月3日 土曜日

[]最近更新していない 19:18

山県有朋――明治日本の象徴 (岩波新書)

近衛文麿 (岩波新書)

岡義武さんの日本近代史講義である

二人を通して日本近代が浮かび上がる。名著。

村上さんのところ (新潮文庫)

以前読んでいた。夫婦生活で参考になる。

明治史講義 【人物篇】 (ちくま新書)

興味深い人物がいっぱい。

銀幕の大統領ロナルド・レーガン -- 現代大統領制と映画

大統領の挫折―カーター政権の在韓米軍撤退政策

村田さん文体が好き。

博士論文と同じ構成論理展開)と文体理解しやすい。

戦前日本のポピュリズム - 日米戦争への道 (中公新書)

今年の5点の1冊候補

大衆民主主義状況が必然化するポピュリズム

民主主義普遍的現象と考えるべき。

選挙による大衆動員が不可欠なデモクラシー必然

では、いか回避しうるのか。

よりよい政治状況をあきらめずに構築することに努力するしかない。

排外主義はすでに現実となっている。

ポピュリストの登場を待つだけ。日本例外ではないと思う。

ポピュリズムの本質-「政治的疎外」を克服できるか (単行本)

それほど中身はないけれど辞書程度の参考にはなる。

オランダオーストリアドイツフランスアメリカ各国に特徴がある。

アメリカの事例は参考になる。再選の可能性も否定できない現実

オランダ文化多元主義的な発想の極右