日々の久利英太

2018-08-19

決勝日で。

休みの日曜。宇都宮ホテルからスタート。

朝ごはんを食べて8時前にサーキットへ向かう。ただ、その時点で既に南ゲートの駐車場はいっぱいで、必然的に北ゲートへ。

朝のフリー走行からフォーミュラの決勝まで、タイムスケジュール確認しながら堪能。ただ、ホンダイベント等もあってか人が多くて、昼ごはんを食べるのを断念するという流れに。

F3の決勝が残る状態だったけど、離脱して帰宅。途中どこにも寄らず、高速も使わなかったけど早かった。帰宅したところで、昼間のレース中継を録画したものを見て過ごす。現地で見た後に、こうして録画を見るのはやはり楽しい。内容の再確認も含めてね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/echos/20180819

2018-08-18

予選日で。

休みの土曜。

早起きして出かけ、ツインリンクもてぎへ。2&4レースの予選を観戦する為に。予選日だというのに、混雑していた。それでのんびりと、フリー走行から予選までを楽しむ。

予選終わったところでコレクションホールへ。ル・マン活躍した車両の企画展示があったのだけど、その中にマツダ787Bがあり、嬉しくなる。東日本で実際に目にする機会が無いから、尚更の事。

また、ホンダF1の初期に開発に携わった佐野彰一さんの講演を聞く。当事者からこその話は実に興味深かった。

終わったところで宇都宮に行き、本日の宿へ。晩御飯の為にうろうろしつつ、今日は終わり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/echos/20180818

2018-08-17

休み明けで

休み明けの仕事。まぁ、暇ではあった。通勤時はそんなに空いてなかったから、他の会社も出勤だったのかなぁ、とか。

1日行ったところで週末。明日出かける準備として、ズボンを買ったりガソリンを入れたり。後は帰ってダラダラしてたところで、早く寝るだけ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/echos/20180817

2018-08-16

[]1/48 チャーチル歩兵戦車 Mk.VII -ガルパン 聖グロリアーナ女学院仕様で作る

f:id:echos:20180725211725j:image:w640

ガールズ&パンツァー」に登場する聖グロリアーナ女学院チャーチルを1/48で作成

タミヤの1/48としては、既に劇中登場車両としてマチルダとクルセイダーはあったのだけど、ここにきて有り難いリリースという事に。キット自体チャーチルクロコダイルとなっているけど、通常のチャーチルとのコンパチ仕様というのも良いポイント

劇中仕様もキットと大体同じではあるので、細かいところをつつくような工作になった。なお、劇場版として「アハトゥンク・ガールズ&パンツァー2」を参照。

・後部デッキの整理

後部デッキにある工具は不要なので削り落とす。また、取り付け用の穴もプラ材で埋めて処理。

f:id:echos:20180528224417j:image

各パネルの取っ手は置き換えるのも大変だったので、筋を彫ってただの出っ張りに見えない様にした。

f:id:echos:20180528224438j:image

なお、取っ手と同様の処理としてフェンダー部の出っ張りも開口。CGモデルを見てると、ここが抜けている事の印象は大きいのだけど、このサイズではあまりインパクトは無かったか

f:id:echos:20180528224109j:image

・砲塔の工作

砲塔の鋳造処理はCGモデルには無いので均しておく。

f:id:echos:20180529213327j:image

砲塔前部にある部品は切り欠きの方向が逆なので処理。前側の切り欠き相当分をエッチングソーで削ぎ、後ろ側に円弧が揃うように貼り付け。隙間をプラ材等で埋めて処理してみた。

また、キューポラの前側がひさし状のものがあるのでプラ材で再現。それぞれのガラス部分は彫刻刀でモールドを追加した。

f:id:echos:20180529233553j:image

砲身脇の機銃、その基部は下に切り欠きがあるので再現。上に乗る機銃のパーツと擦り合わせながら削り落とし、0.3mmのプラ板で蓋をしての処理。先端部分は印象が異なったので、下側に延長も。この工作をやると、砲身の俯角が大きくなるのね。

f:id:echos:20180530214643j:image

組み立てた状態。前に貼り合わせラインが出るので、パテを使ってしっかり処理。

f:id:echos:20180530232047j:image

ハッチは開放状態としたので、裏側のモールドを資料を参考に追加した。


・車体側面の工作

意外に弄るポイントが多いもので。

まずは、ダクト部分の加工。両脇(前後?)に付く穴付きの部品プラから削りだして接着。

f:id:echos:20180607214103j:image

側面に3枚のパネルがあるので、これもプラ板再現。よく見ると3枚が同じ長さでないのが地味に面倒なところ。ボルトモールドはうるさくなりそうだったので入れずに。

f:id:echos:20180607224930j:image

f:id:echos:20180607225033j:image

前側にあるモールドをプラ材で追加。位置と寸法は資料確認しながら、違和感が無い様に。

f:id:echos:20180608211219j:image

ワイヤーの取り付け部には、固定具をプラ材でそれらしく。また、途中にあるワイヤーをかける箇所を、アングルプラから削りだして追加。

f:id:echos:20180609005332j:image

後端にある金具も、尖ってる部分に切り込みを追加したのだけど、あまりにも小さすぎて判らないという感じに。


・車体後部の工作

車体後部のラックには、缶が並んでいるので再現プラ板の重ね合わせから外形を作り、そこにモールドを入れたものハンドルライン状のエッチングを曲げて加工。

f:id:echos:20180609141034j:image

f:id:echos:20180609165017j:image

後部パネルに付く雑具箱らしきもの、ディティールというか構造が異なっていたのでCGモデルに合わせたものにした。


こんな工作を経て、塗装前の状態

f:id:echos:20180609172315j:image

f:id:echos:20180609172346j:image

各部にあるペリスコープについては、形状の把握がいまひとつなのと、先に作ったマチルダに合わせる為に、キットのままとしておいた。

あと、やはりチャーチルならダージリンは乗せたいという事でスクラッチ。今回はポリパテのみでの工作

f:id:echos:20180623223420j:image

塗装はクレオスの公式カラーを用い、マーキングガルパンデカールVol.1改のものを。劇場版だとナンバリングが無いので、手持ちのVol.1で間に合ったのは有り難かった。


完成状態

f:id:echos:20180725210539j:image:w640

f:id:echos:20180725210832j:image:w640

まさかリリースでこの車両再現できたのは本当に嬉しい。キット自体合理的履帯パーツの省略等々、またまた最新キットらしい楽しさが溢れたものであったので。

f:id:echos:20180725211235j:image:w640

大雨が

連休6日目。休み今日で終わり。

出勤時の30分遅れくらいで目覚ましをかけて起きたのだけど、やはり起きるのが辛くなってるというか。

基本的ゲームやったりでダラダラしながら時間を過ごした感じ。

昼過ぎに御飯の為に出かけようと思ったのだが、そのタイミングで降り続いてた雨が強くなるという自体が。なんとか少し待ったら収まったので出かける事はできたのだけど。

休み間中、あまり予定していた作業も出来なかったし、食事もいい加減だったよなぁ、と思い返す。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/echos/20180816

2018-08-15

早起き

連休5日目。

目覚ましの設定よりも早く目が覚めたので、そのタイミングで起きる。昨夜、夜更かししてたのに。

起きたところで写真の整理の続き。後はゲームをしたりプラモを弄ったりで。

昼ごはんのタイミングで、終戦の日という事で配信にて原田眞人版の『日本のいちばん長い日』を見ていた。岡本喜八版とは違う描き方で、やはり面白いと思えるものであった。何より、昭和天皇映画の中であれだけ描いた映画はそれまで無かったというものであったし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/echos/20180815