Hatena::ブログ(Diary)

eco-b日記≪日本分析公式ブログ≫ RSSフィード

2015-10-23

化学の日、化学週間

| 17:05

当社はお陰さまで本年 創業45周年を迎えることができ、経営理念の「分析を通じて環境保全の一翼を担う」を基本として「安全で安心なくらしに貢献」するべく社員一同業務に努めております。

そして当社の屋台骨である分析課、信頼性確保部門は、日々「化学」という学問をベースに、精度の高い、すなわち信頼性の高い数値を世の中にご提供しております。

さて、そんな社員の皆さんを束ねる立場にいる私はといえば…実はもともと「化学」が大の苦手で…化学式に悪戦苦闘し、「モル」って何?という学生でありました(汗)

当然ながら選択科目では、「化学」以外の「物理」「生物」から迷わず「生物」を選択(笑)し、顕微鏡で植物細胞を眺める程度でギリギリ単位を頂戴しておりました。

f:id:eco-b:20130719143925j:image:w320

私のような諸兄も世の中には大勢いらっしゃるかと思いますが、さてさて実は本日10月23日は「化学の日」なのです。ご存知でしたか?

なじみが薄い化学に少しでも親しんでもらおうと化学関係4団体が、毎年10月23日を「化学の日」、同日を含む週を「化学週間」と制定しているのです。私も苦手だった「モル」という単位、つまり「アボガドロ定数:1molの物質中に存在する粒子の数=6.02×10の23乗」に由来しているそうです。

うーむ、さらに分けわからん???という方も多いでしょうが、今年のノーベル賞では残念ながら「化学賞」受賞者はいらっしゃいませんでしたので、今日を機会に、受賞有望分野も多い「化学」に皆さまご注目頂ければ、と思います。

将来、世界に羽ばたく化学者が生まれることを願い、そして、私どものような日々の暮らしを陰ながら支える分析者にも、皆さまご注目いただければ幸いです。

今回も、お読み頂き有難うございました。感謝申し上げます。

株式会社 日本分析 代表取締役 三平隆之

=================================

日本分析コーポレートサイト

水道法第20条厚生労働大臣登録水質検査機関   計量証明登録事業所

水道法第34条の2第2項厚生労働大臣登録検査機関(法定検査機関)

水道法水質検査/ビル管法水質検査/環境計量/工場排水・浄化槽排水/

雑用水・冷却水分析/空気環境測定/各種水質検査/貯水槽清掃/

放射能測定・放射線量測定/

NIPPON BUNSEKI URL http://www.n-bunseki.co.jp/

=================================

2015-08-26

南三陸町に行こう!東北に行こう!

| 14:48

先日お友達からひまわりの写真をいただきました。個人的にひまわりは大好きな花で、眺めていると「おー!元気があってよろしい」とパワーをお裾分けしてもらえるのですが、やっぱり「夏も終わりだなぁ〜あー晩夏…」という少しさびしい気もしてきます。8月も残り僅か、盛夏の疲れがどっと出てくる頃ですので、皆様くれぐれも御身体御自愛下さいね。

f:id:eco-b:20150826140646j:image:w360

写真は、8月23日に山梨のひまわり畑で撮影したそうです(感謝!)

=================================

さて、私も支部役員としてお手伝いさせて頂いている公益社団法人 全国建築物飲料水管理協会略称:全水協)が認定している「貯水槽水道衛生管理士」講習が、先だって宮城県仙台市で実施され(7月27日〜29日)、同協会理事で支部長でもある(さらに弊社の技術顧問)白鞘社長(株式会社クリエンス)と一緒に仙台に赴き、講習講師として講義を行ってまいりました。

前日26日に到着したJR仙台駅構内は、これから七夕祭りが始まるということで、七夕一色!

f:id:eco-b:20150826141435j:image:w360

美味しいものも、たーくさん!で、特に私が気にいったのは「もずくのそうめん」でした。

f:id:eco-b:20150826141434j:image:w360


【困話休題】


仙台に到着して「最初の予定」はというと、いつもボランティアのコーディネーターとして多大なるご協力を頂いている「仙台災害復興ボランティア 一般社団法人ヒューマン・タイズ」佐々木さんに、義援金をお渡しすること。白鞘社長も快諾でご賛同頂きました。

感謝!

18時10分に仙台駅に到着し、急いでホテルにチェックインし、18時30分に佐々木さんと合流〜(ふぅー汗)

佐々木さんからは、南三陸町で精力的に活動されている「ラムズ」代表渡辺さんにお渡ししますね!とのお言葉を賜り、後日その様子をメールでお知らせしますね、と仰って頂きました。

それから、1ヶ月。佐々木さんから、素敵なメールがやって参りました!

8月24日に南三陸町に義援金を渡しに行って下さった佐々木さんは、8月8日オープンした、これから地域の皆さんのコミュニティスペースとなる「ちょこっと」(名前の由来は、コミュニティーの場がなくなってしまったこの地に、ちょこっと休んで行って欲しい、いつでも誰でも寄れる場所となるように、という意味が込められているそうです)のリポートをしてくださいました。

この場所を切り盛りしていらっしゃるのが、ラムズ代表渡辺さんの奥さまと、そのお母様(方言では“ばっぱ”お婆ちゃんというのだそうですが、写真を拝見する限り、とても“ばっぱ”なんて呼べませんよ〜)。

f:id:eco-b:20150826141657j:image:w180

南三陸の木を使い、渡辺さんと大工さん達の手作りで完成させたんだそうです!すごい!

f:id:eco-b:20150826142007j:image:w240 f:id:eco-b:20150826142004j:image:w240

佐々木さんは、義援金の経緯をお話しくださり、今後みんなの笑顔が集まる「ちょこっと」にお渡し下さったとのこと。皆様より丁寧な御礼のお言葉も賜り、本当に、佐々木さん!ありがとうございました!

f:id:eco-b:20150826142207j:image:w240 f:id:eco-b:20150826142203j:image:w240

「ちょこっと」は、まだ看板が出来ておらず、分かりにくいそうで、看板を製作する足しにして下さるそうです(嬉しい〜♪)

食レポもありました!メカカマ(メカジキのカマ)の定食は、ボリュームもありメチャクチャ美味しかったそうです。お料理で使う魚、野菜、とろろ昆布などの、そのほとんどが地産地消ですって!またまた素晴らしい(^∇^)

f:id:eco-b:20150826142305j:image:w360

これまで日本分析の東日本大震災復興ボランティア活動は、多くの方のご協力を賜り通算6回行ってまいりました。残念ながら諸事情により、2015年から会社行事としての活動は休止してしまったのですが、渡辺さんのご家族のご様子や、「ちょこっと」のメカカマ定食をのどを鳴らしながら拝見し、佐々木さんのレポートを読んでいたら、本当に今すぐにでも飛んで行きたい〜、と思ってしまいました。

南三陸の現状も写真で頂きました。

f:id:eco-b:20150826142431j:image:w360f:id:eco-b:20150826142428j:image:w360f:id:eco-b:20150826142425j:image:w360f:id:eco-b:20150826142434j:image:w360

東京に居て、報道では、こうした現状を知る機会はめっきり減ってしまいました…。

やはり、現地に行き、そこで生活しておられる方々、そこで復興活動をされている方々のお声を聞かなければならない…。

三平、伺います!出来るだけ早く伺います!

これからも、微力ながら復興から新興へのご協力をさせて頂ければと思います。

最後に、多大なるご協力を賜りました「仙台災害復興ボランティア 一般社団法人ヒューマン・タイズ」佐々木さん、そして「ラムズ」代表渡辺さんとご家族の皆様に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

=================================

追記

仙台での講師のお仕事は無事に終了し、その他の仕事の予定も無事に完了。

帰路で、偶然に東日本旅客鉄道(JR東日本)の保有する電気・軌道総合試験車(検測車)E926形「East i(イーストアイ)」に遭遇!

ゆるめ・かるめの電車オタクの私は、かなり興奮しました。

f:id:eco-b:20150826143146j:image:w240

皆さん、東北に行きましょう!


今回も、お読み頂き有難うございました。感謝申し上げます。

株式会社 日本分析 代表取締役 三平隆之

=================================

日本分析コーポレートサイト

水道法第20条厚生労働大臣登録水質検査機関   計量証明登録事業所

水道法第34条の2第2項厚生労働大臣登録検査機関(法定検査機関)

水道法水質検査/ビル管法水質検査/環境計量/工場排水・浄化槽排水/

雑用水・冷却水分析/空気環境測定/各種水質検査/貯水槽清掃/

放射能測定・放射線量測定/

NIPPON BUNSEKI URL http://www.n-bunseki.co.jp/

=================================

2015-06-26

見方を変える

| 16:35

先日の余談一筆で、素敵な写真を掲載したところ、『なるほどね〜、あれだけの桜の写真を撮影して、人が写りこんでいないのが良く分かったよ。普段から、じっとチャンスを待って、野鳥の最高の一瞬を切り取ってるんだもんね。』と、ブログを見て下さっている方からコメントを頂きました。有難うございました。

確かに…。私の感想は、ただ「綺麗だなぁ〜癒されるなぁ〜」でした(恥)が、言われてみれば、その通りだなぁ〜と。やはり、物事はいろんな角度から眺め、いろんな方々からの意見を参考にしないと、主観の一側面からしか見ることができないなぁーと勉強になりました。

そういえば、数年前、弊社は労働基準監督署の立入調査を受けたことがありました。なんでも、当社を管轄する労基署の署長さんが替わったとかで、ローラー作戦を展開!?することになったらしく(後で聞いた話ですが)、ある朝、なんの前触れもなく突然当社のインターホンをピンポ〜ン♪と鳴らし、署員さんが『立入調査です』ので、『各部署から1名ずつ面談させて下さい!』『全員分のタイムカード、残業申請書、労働契約書、その他警備会社の入退出記録など、および就業規則をはじめとした各種規程類、三六協定書から健康診断の記録まで、全部見せて下さい!』と。

そりゃ焦りましたよ(苦笑)

f:id:eco-b:20150626162438j:image

お陰さまで大きな指摘事項、問題事項はほとんどなく、心から“ホッとしました”が、一点、残業についてだけ、いますぐ改善してください!という指導事項がありました。それは、三六協定で残業時間の上限を決めているのですが、その上限を超えて働かせている、という点。なんか、「上限を超えて…」というと、滅茶苦茶働かせている!という感じになるかもしれませんが、当社の年間の残業上限は200時間(月平均16.7時間、日平均1時間未満)ですので、多くありません。当たり前ですが、きちんと残業代は割増して支給しています。問題は、夜9時以降は就業しないとなっているのに、『9時を15分超えて働いている人がいた』ということでした。

「急いで社員に内容を伝え、三六協定を作り直します」とお伝えしたところ、『ダメです。期間中は変更してはダメです。』とのこと。

スミマセン、以後気をつけます…、ということで、改善の報告書を提出したのですが、なかなか厳しいなぁ〜というのが率直な印象でした。

さて、なんでこんな過去の経験をお話ししたかと言うと、写真でお世話になったお師匠さんと、先日、私の大好きなお酒のお話しをしていたときに、『最近は杜氏さんがいない酒蔵が結構あるらしいよ』と言われたのを思い出したからです。

f:id:eco-b:20150626162437j:image

どうしてなんですか?とお聞きすると、杜氏になりたい!っていう人が減ったというのもあるみたいだけど…『週40時間制とか三六協定とか、労働関連法令の縛りがどんどんキビシクなっている、っていうのも理由のひとつにあるらしいよ。』とのこと。


え〜っ!!!!!


酒造メーカーも、株式会社、といったような法人形態をとっているところが沢山ありますし、そうすれば、当然ながら労基法を順守しなければなりません。季節労働者的な面もあるでしょうから、協定で変形労働時間制などを取り入れ、なんとか頑張っているところもあるでしょう。しかし、作業の工程によっては、一晩中コメの声を聞かなければならない時もあるでしょうし…週40時間をクリア、残業代、深夜残業代も完璧に支払う、となると相当会社に体力がなければなりませんものね…。

科学技術の進歩で、杜氏さんに頼らずとも、コンピューター管理で毎年、ほぼ同様の味のお酒を生み出すことが出来るようになったのは凄いことですが、お酒好きとしては、なんとも複雑で、ちょっと残念な気もします。

ルールというのは、とても大切なものである、と重々承知していますし、当社でも、様々な規則、ルールは存在しますので、「多少のお目こぼしはイイじゃん」とは私も軽々しくは言いません。けれども、少し違う角度からモノやコトを眺めてみたり、自分とは違った立場からモノやコトに携わっている人に意見を求めてみる、ということも、とても大切だなぁ〜と思います。

モノの見方が仮に歪んでいたとすれば、その見方・思考に囚われて行動も変わってしまう場合があるかもしれません。

f:id:eco-b:20150626162436j:image

まだまだ若造ですが、やはり私も歳を重ねるごとに頑固になっていくのが分かります(苦笑)

たまには、見方・思考を変える、感じ方を変える、ということをしていこうと改めて思う今日この頃です。

今回も、お読み頂き有難うございました。感謝申し上げます。

株式会社 日本分析 代表取締役 三平隆之

=================================

日本分析コーポレートサイト

水道法第20条厚生労働大臣登録水質検査機関   計量証明登録事業所

水道法第34条の2第2項厚生労働大臣登録検査機関(法定検査機関)

水道法水質検査/ビル管法水質検査/環境計量/工場排水・浄化槽排水/

雑用水・冷却水分析/空気環境測定/各種水質検査/貯水槽清掃/

放射能測定・放射線量測定/

NIPPON BUNSEKI URL http://www.n-bunseki.co.jp/

=================================

2015-06-17

プチ写真展 vol.1

| 11:07

紫陽花の花が日ごとに紫の色を深めておりますが、皆さまお変わりございませんでしょうか。

さて、今回のeco-b日記は、梅雨の晴れ間の青空のように清々しい企画と致しました。

日本分析は、本年創業45周年を迎え、これを記念しロゴデザインを一新し、会社案内もリニューアル致しました。

実は、新・会社案内で使用する写真は「水」「空気」「環境」を明快に表現し、かつ“分析を通じて環境保全の一翼を担う”という当社の企業理念を想起させる一枚、ということで心に決めた写真があったのです。

それが、こちらの桜の写真♪

f:id:eco-b:20150617095209j:image

いかがですか?素敵な写真ですよね〜!

こちらの写真は、私がいつもたいへんお世話になっている居酒屋さんの大将が、10年ほど前に撮影した一枚なんです。

店内には大判に引き伸ばされたこの写真が飾られていて、いつも写真を

「やっぱり日本人には桜だよなぁ、しかし、素敵な写真だよなぁ〜」

などと独り言を言いながら眺めていたんです(笑)

今回、会社案内をリニューアルするにあたって、迷わず写真をお借りしたい!とお願いしたところ、快諾をいただき、晴れて日本分析の理念を想起させる一枚として、表紙裏にどっかーんと掲載させて頂いた次第です。

おまけに、スゴ腕写真家の大将より、自然と水に関連する数枚の写真もお借りしたので、この場を借りて写真展を行っちゃおう!というのが、今回の企画であります。

ちなみにお酒に関する知識も半端なく私のお師匠様です。

f:id:eco-b:20150617113846j:image

口切りで頂いちゃいました♪

前置きが相当長くなってしまったので、そろそろ写真をご堪能下さい!

ただし、オリジナルの画質ではデータ容量大きすぎて掲載できないので、かなり圧縮していますこと、悪しからずご了承ください。

※無断転載を禁じます!

f:id:eco-b:20150228154142j:image

f:id:eco-b:20150224151925j:image

f:id:eco-b:20150128151923j:image

f:id:eco-b:20150112100532j:image

f:id:eco-b:20140721082204j:image

f:id:eco-b:20140721082103j:image

なんか癒されませんかぁ〜♪

大将、また写真を貸して下さいね♪新しい写真をお借りすることができましたら、この企画は継続して参りますので、どうぞお楽しみに!

株式会社 日本分析 代表取締役 三平隆之

=================================

【お知らせ】

6月に入り、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(建築物衛生法、いわゆるビル管法)に基づく消毒副生成物12項目の水質検査が始まりました。

お客様には、採取後12時間(消毒副生成物のみは24時間)以内の検査着手にご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

先日のブログでもご案内致しましたが、土日祝日に検体をお持込みいただくお客様を対象に、日本分析オリジナルの極上天然水「SUICY」を差し上げておりますので、冷たくて美味しいSUICYを是非ご賞味ください。

f:id:eco-b:20110309140353j:image:w240

=================================

日本分析コーポレートサイト

水道法第20条厚生労働大臣登録水質検査機関   計量証明登録事業所

水道法第34条の2第2項厚生労働大臣登録検査機関(法定検査機関)

水道法水質検査/ビル管法水質検査/環境計量/工場排水・浄化槽排水/

雑用水・冷却水分析/空気環境測定/各種水質検査/貯水槽清掃/

放射能測定・放射線量測定/

NIPPON BUNSEKI URL http://www.n-bunseki.co.jp/

=================================

2015-06-05

極上天然水SUICYをお配りします!

| 15:21

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

6月に入り、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(建築物衛生法、いわゆるビル管法)に基づく消毒副生成物12項目の水質検査が始まりました。

特定建築物の飲料水の水質検査項目中、一般細菌・大腸菌・pH・色度・濁度・味・臭気につきましては試料採取後12時間以内、また、消毒副生成物12項目につきましては採取後24時間以内に検査着手が義務付けられているため、弊社では土日祝日も含め全日(年末年始休暇除く)で検査の受付を行い、採取後12時間以内の検査着手に取り組んでおります。

さて、梅雨も近づき、気温・湿度ともに上昇する中、土日祝日に検体をお持込みいただくお客様を対象に、このたび日本分析オリジナルの極上天然水「SUICY」を進呈することになりました。

f:id:eco-b:20110309140353j:image

冷たくて美味しいSUICYをご用意してお待ちしております。

ぜひ、この機会に検体をお持込みください!

株式会社 日本分析 広報担当TM

=================================

日本分析コーポレートサイト

水道法第20条厚生労働大臣登録水質検査機関   計量証明登録事業所

水道法第34条の2第2項厚生労働大臣登録検査機関(法定検査機関)

水道法水質検査/ビル管法水質検査/環境計量/工場排水・浄化槽排水/

雑用水・冷却水分析/空気環境測定/各種水質検査/貯水槽清掃/

放射能測定・放射線量測定/

NIPPON BUNSEKI URL http://www.n-bunseki.co.jp/

=================================