ecotalkの日記

2019-12-31 お知らせ/日記の引越し

◇お知らせです。 (この日記のサイト(Hatena::Diary)が新サービスに移行するらしくて..)

新サイト(Hatena Blog)へ引越しします。

新アドレス: https://ecotalk.hatenablog.com/

引き続きよろしくお願いいます。

尚、「ecotalk」日記はメルマガでも配信しています。登録は下記の「まぐまぐ」サイトから。

⇒ https://www.mag2.com/m/0000245576.html

2018-12-31 年末・年始の営業について

♪今年もたいへんお世話になりました、おかげさまで平成30年の店の営業は無事終了致しました!ご来店いただいた皆様には感謝致します、ありがとうございました、来年も引き続きよろしくお願いいたします。

◇年初の営業ですが、1/5(土)からとなります。その後は大雪などなければ冬季も通常営業(火・水定休)で営業します。

☆一方、「日本の古本屋」の営業(ネットでの販売)は年末・年始も続けています。ただし、年内の発送業務は12/28(金)まで、年始の発送は1/5(土)からになります。

皆さまにおかれましては、どうぞ良いお年をお迎えください。

2018-12-30 今年の振返り4(NPO編)

◇天気、晴れ。年末になって寒波到来です、夜の最低気温は△10℃、日中でも氷点下、寒〜い..

今年の振返りの最終回はNPO「油やプロジェクト」活動編です。古本屋の隣りの「油や」でのNPO活動「古本とアート村おこし」も7年目となりました。匍匐(ほふく)前進ということで一歩ずつのスローな取り組みですが、昨年と今年は長野県の元気づくり支援金という補助金を活用することが出来て、「アーチスト・イン・レジデンス(AIR)」という事業に取り組むことができました。

アーチスト・イン・レジデンス」というのは、日本全国からアーチストの方に信州に来ていただき、「油や」に滞在して作品の制作や、ワークショップなどを通じた地元の人との交流、そして完成したアート作品の展示などを楽しんでもらおうという事業です。広報誌「追分流」を発行して、AIR活動と作家+作品の紹介、そして追分の歴史など作品制作に繋がる地元の特徴と魅力の紹介を行ったこともあり、その活動の認知もだいぶ進んできたかナという印象です。

「油や」は堀辰雄など多くの文人が執筆に使った元旅館・文士の宿であり、また学生などが夏季に文官試験の勉強などで滞在したという歴史、そしてその歴史を引き継ぐ形で多くの知識人、学者の先生などが訪れ、仕事をしたり休暇を過ごしたりした歴史を持つユニークな土地柄です。まさに「訪れてよし、住んでよし」という信州のキャッチフレーズに最適な場所といってよいかと思います。

アーチスト・イン・レジデンス」についてはすでに来年に向けての問い合わせも受けており、資金的には非常に苦しいところですが、補助金クラウドファンディングなどをさらに活用して「アーチスト・イン・レジデンス」を「油や」の中核事業として、なんとか継続発展させていきたいと思っていますので、ご支援のほど何卒宜しくお願い致します。

ということで、今年の日記ですが今日が最後となります。今年もなんとか無事、頑張ることができました、ありがとうございました。年初は1/5(土)から活動開始となります。来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆さまに於かれましてもどうぞ良いお年をお迎えください。

2018-12-27 今年の振返り3(売上編)

◇天気、晴れ。寒波到来、風もあって肌を刺すような寒さです

今年の振返り3は古本の売り上げについて。店の売上は昨年比やや減となった一方、「日本の古本屋」でのネット販売は増加しました。

「日本の古本屋」は古書組合が運営している古本販売のサイトですが、2年前に仕様を大変更してかなり使いやすくなりました。そして昨年12月からデータ数を無料でワンランクアップというキャンペーンがあったことから在庫登録を増やすことにして1年間取り組んできました。

この年末の在庫数は昨年末の5000冊から7500冊まで増えてネット販売の売り上げも1.5倍に増えたという次第。来年は1万冊の在庫登録を目指して頑張りたいと思っています。

2018-12-26 今年の振返り2(古本業界編)

◇天気、晴れ

今年の振返り2(古本業界編)です。今年の古本業界も難しい1年だったと思います。経済マクロ環境が貧富の差拡大ということで消費が伸び悩むなかで、古本もデフレ環境がいまだ続いた1年だったかと。

貧乏神が居座った1年でしたが、古本業界の大きなニュースはネット販売での郵送料の値上げではないでしょうか。ヤマトなどの配達員の労働環境悪化のニュースに端を発して郵送料が大幅に値上げとなりました。

店売りの販売が減少する一方でネット販売が伸びてきたわけですが、郵送料の値上げでネット販売も苦労した1年だったかと思います。