ecotalkの日記

2017-03-28 一番しんどい時期

◇天気、晴れ

晴れ、屋根の雪がドサドサと音をたてて落ちてくるので軒下は非常に危険です。

今日は銀行で税金の支払いや振込みをしました。当店の経営はいわゆる「キャッシュフロー経営」というもので、普通の会社のように利益を意識するのではなく、資金繰りが大事で、決算上の損益はどうなるかというとすべて在庫の評価に集約されます。

従って、デフレのもとではその在庫評価が含み損となるためしんどいのですが、さらに当店は季節的に冬の売り上げがほとんどなくなるので今はキャッシュフロー(つまり資金繰り)も一番しんどい時期になります。

他の古本屋さんなどは税金の支払いなどはどう対応しているのだろうか。機会があれば市場などで聞いてみよう..

新着アップ2冊↓

http://www11.plala.or.jp/colony/new_books.html

2017-03-27 もう一週間延期して

◇天気、曇りのち晴れ

昨日からの雪は朝まで続いて結構な積雪に、追分では20センチくらい。しかし、午後から晴れるとかなりのスピードで融けて雪かきはあまり大変ではありませんでした。

昨日はテレビロケの撮影が追分であったのですが、今日は軽井沢方面で撮影があると言っていました。かなりの積雪でどうなったか、大丈夫だったか心配ですが、放送のときにその辺がどう撮影されたかも(スタッフの方には申し訳ないのですが..)楽しみです。

春はそこまで来ているはずですが、油断はできません。今週から通常営業(木・金曜日も開店)に戻そうかと思っていましたが、もう一週間延期して4月に入ってからにすることにします。

新着アップ2冊↓

http://www11.plala.or.jp/colony/new_books.html

2017-03-26 テレビドラマのロケ

◇天気、雪

春の雪です、綿雪という感じでしょうか、積る雪質ではないのですが一日降り続いて夕方にはさすがに10センチくらいの積雪になりました。

今日は「信濃コロンボ(追分殺人事件)」というテレビドラマのロケが「油や」で行われました。「油や」は冬季期間で閉鎖しているのですが、撮影は玄関のところだけでよいということでロケということになりました。

3月のロケは雪の可能性がありますヨと言っていたら本当に雪、スケジュールを変更するのも大変ということで、雪の中での強硬ロケになった模様、「油や」内では薪ストーブをつけての撮影となりました。俳優さんやスタッフの皆さんは寒くて大変だったと思います、お疲れ様でしたー。

放送楽しみです、また放送日が近づいたらこの日記でも告知します。

新着アップ2冊↓

http://www11.plala.or.jp/colony/new_books.html

2017-03-25 今後の大きなチャレンジ目標

◇天気、晴れ

晴れて青空です、浅間山の噴煙がモクモクと上がっているのがよく見えます。

買取の話をもう少し。本を持っているお客様の立場から見ますと、蔵書をどこの本屋さんに売るかというと結構難しくなっているわけで、私の意見ですが原則として、「日本の古本屋」加盟の街の古書店ということになります。

というのは本はいわゆるロングテール商品で時間をかけて売れていく商品性格がありますから、買い取った本を全部、自分の店だけですぐに売るのは難しい。「日本の古本屋」加盟の本屋さんであれば、古書組合の市場で買い取った本を売ることができますので、その分お客様への支払いも高くできます。

一方、街の古書店といっても、組合に加盟していない本屋とか、均一セールやアマゾンなどで安売りセールスをしている店とかは、大事な蔵書の行方が心配ですし、買取値も低いはずです。その逆が目録などを作って、書誌的な編集作業をしている本屋さんで、蔵書の販売先としてはかなり信用できる本屋さんということができます。

残念ながら、当店はまだ自家目録を作ったことがなく、今後の大きなチャレンジ目標のひとつです。

新着アップ2冊↓

http://www11.plala.or.jp/colony/new_books.html

2017-03-24 出張買取が一件

◇天気、晴れ

晴れですが、気温は低く風もあって寒く感じる一日です。

今日は出張買取が一件ありました。倉庫が一杯の状況で買取は難しくなっているのですが、そうは言っても買取は古本屋の基本動作、お客様としっかり会話をして、「本を大事にする」という観点から頑張って出来るだけ対応したいと思っています。

当方の倉庫状況のほかに、一般的に買取が難しくなっている理由の一つが古書価の値下がりです。古本屋としては本が高く売れれば高い値段で買取ができるのですが、古本デフレでなかなか売るのが難しくなっている中で、高く買い取るのも難しくなっている。

古本屋の経費的な観点からすれば、(売り上げの冊数にもよりますが)叩き売り的な乱暴な売り方をする店でなければ平均的には一冊あたりの「原価」は数百円になりましょうか。従って、多くの本は買取値段は気持ちだけのお支払いとなり、千円以上の売り値をつけれる本になって経費が賄えて買取値が付いてくるという計算になります。

その辺のことをお客様の蔵書を見て具体的に相談をさせていただきたいと思っています。どうぞご理解のほどよろしくお願い致します。

新着アップ2冊↓

http://www11.plala.or.jp/colony/new_books.html