Hatena::ブログ(Diary)

ecrn このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009.01.21.Wed

ecrn2009-01-21

[][] ダブステップ・オールスター感謝祭

ドラムンベース以来のムーブメントとまことしやかに囁かれ、猫も子猫も聴いているというダブステップの注目アーティストを挙げ連ねます。

Burial

ダブステップを世界に広めたのは彼だろう。作風はかなりステップに偏っている。

D

Burial - Archangel

Skream

ダブステップときいて思い浮かべるのはBurialとこの男Skream。そろそろセカンドが聴きたい。

D

Skream feat. Sam Frank - Where You Should Be

Benga

ダブステップ・シーンを牽引してきたひとり。Skreamとユニット組んだりもしてる。ダブステップ界のクロスオーバー・チャンピオン。

D

Benga feat. Coki - Night

Kode9

Burialを世に送り出したレーベルHyperdubのドン。

D

Kode9 - Black Sun

2562

彗星のごとく現れた08年を代表するステッパー。A Made Up Sound名義ではハウス、Dogdaze名義ではブロークンビーツをやっている多才なオランダ人。

D

2562 - Aquatic Family Affair (Extended Re-cut)

Headhunter

2562とともにテックなダブステップを盛り上げたブリストルのステッパー。

D

Headhunter - Baseflow

Scuba

ロンドンのベテラン・ステッパーPaul Rose。テックなダブステは去年のトレンドでしたね。

D

Scuba - Lights Out

Pinch

Tempa、Hyperdubと並ぶダブステップ最重要レーベルTectonicのドン。

D

Pinch - Get Up (feat. Yolanda)

Dusk + Blackdown

ダブステップにエスニックな風を吹き込んだユニット。

D

Dusk + Blackdown - Margins Music

Matty G

カリフォルニアのステッパー。ダブステップ特有の不穏さがない。

D

Matty G - War

Shackleton

アルバム1枚も出してないのに大物の風格が漂いまくっている天才ステッパー。

D

Shackleton - Blood On My Hands

Appleblim

Shackletonの相棒としてお馴染み。引きこもりなShackletonの代わりにSkull Discoの顔として活躍。

D

Appleblim - Vansan

Peverelist

最近Appleblimと絡んだりしているブリストルのステッパー。評価うなぎのぼり中。

D

Peverelist - Roll With The Punches

Martyn

今もっとも期待されているオランダのステッパー。元々ドラムンをやっていた。春にアルバム出ます。

D

Martyn - Broken

TRG

ルーマニアのステッパー。Martynばりの注目株。最近はCosmin TRGと名乗ってる。

D

TRG - Your Friends Like Techno

Caspa

Caspa & RuskoとしてFabricliveにも登場した乗ってる男。

D

Caspa - Born To Do It

Cotti

ロンドンの新鋭ステッパー。

D

Cotti - I Don't Give A Dub

Nero

ドラムン・ユニットとしてスタートしたが路線変更。エレクトロとダブステの融合にトライ中。

D

Nero - Guilt

Ramadanman

David Kennedyことラマダンマン。HESSLE AUDIO主宰。

D

Ramadanman - Don't Change For Me

Cardopusher

スペインのステッパー。ブレイクコア方面から流れてきたらしい。

D

Cardopusher - Milk Thistle

Ikonika

Hyperdubのニューカマー。期待大っす。女性です。

D

Ikonika - Please

Pangaea

昨年のダブステップ界ベストシングルと呼び声高い「You & I / Router」の作者。

D

Pangaea - Router

T++

ベルリンのステッパーていうかMonolakeメンバーTorsten Pröfrockのダブステ・プロジェクト。

D

T++ - Audio 1995#8

Digital Mystikz

ダブステブレイク前夜はよく見かけたベテランだが、明けたら後輩にごぼう抜きされた感。頑張れMystikz。

D

Fat Freddy's Drop - Cay's Crays (Digital Mystikz Remix)

総括

まだまだいるけど今日はここまで。ダブステップに栄光あれ。その2その3につづく。

ダブステップ二年生ダブステップ二年生 2013/01/05 06:56 Burialがダブステップでどうだこうだはよく耳にしますが、彼の音楽のどこがダブステップなのか理解できません。ドラムパターンが今のダブステップとは違うし違うしワブルベースもドロップも僕には聞き取れません

zilzil 2013/08/29 18:33 たぶんダブステップ二年生さんがおっしゃってる「ダブステップ」って、もしかしてSkrillexとかRuskoがやってる「ブロステップ」のことじゃないですかね。

だとしたら以下に書く話も意味があるかも。
イギリスの本流の「ダブステップ」ってそれこそBurialがやってるようなクラーヴェ系の「two step」リズムこそ!っていう音楽ですし、ワブルベースもあるもののほうが圧倒的に少ないです。
ダブステップって、ブロステップとちがってすごく沈鬱な音楽ですよ。

ロックで言うなら同じ歴史の導線を持つ「ハードロック」と「デスメタル」くらい非なるものです。
むしろこの短すぎる歴史でこの音楽からなぜブロステップのようなワブルベースやドロップ主体のアッパーな音楽が生まれたのか、という方が不思議なくらいです

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ecrn/20090121/p2