さぶらふ RSSフィード

2014-05-05 ひたすら落ちていた

[] 10:15

よるのふくらみ

よるのふくらみ

制服捜査 (新潮文庫)

制服捜査 (新潮文庫)

失踪日記2 アル中病棟

失踪日記2 アル中病棟

シャイロックの子供たち

シャイロックの子供たち

なんだかいろいろ忘れた。

窪美澄はもうこれに直木賞あげてもいいんじゃないの?



愛犬(最近超わがまますぎる)が吠えすぎ。

花が庭にいっぱい咲いていてエライ!と思う。

存在するだけで拍手する。

今いる街には安価コーヒーチェーンがないので

大好きなカフェラテは○ーソンで買って慌ただしく飲まざるを得ない。

そうだねえ、生きてるねえ。

もうすぐ友の49日だ。仏教的にはもう地球を離れちゃうのか。

姉夫婦が東京に遊びに(息抜きだろうねえ)行ったのに

うまく呼吸ができていないのか喘息気味だ。

優しい雨の季節がもうすぐだ。レイゲンツァイトだ。

seiitiseiiti 2014/05/05 16:56 「よるのふくらみ」いいですよね。何というか不器用な人物たちのあがき方がリアルというのか今後が楽しみな作家さんです。直木賞もいつか獲るでしょう。「シャイロック〜」はけっこう前に古本屋で買って持っているのにいまだに読めていません・・・。

edonohimawariedonohimawari 2014/05/16 18:28 うわ、すみません。ブログ放置してました。コメ感謝です!
この後、伊坂の「首折り男の協奏曲」もリクエストして入ったのですが、途中から黒澤ネタになってしまって中途半端感がぬけませんでして。
誉田哲也の新刊も興味を持ちました。グロは平気です。