新・日々録 by TRASH BOX@Eel このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-03-25

書籍購入:『Linuxシステム実践入門』

消費税の増税前ということで、気になってはいるのだけど諸事情で買ってなかった本を買ってしまおうキャンペーン。

第四弾はこれ。

Linuxシステム[実践]入門 (Software Design plus)

Linuxシステム[実践]入門 (Software Design plus)

ぱっと見た感じ、Linuxを弄くる時に各ディストリビューション固有の部分以外の所で何か調べたりするのにちょうど良さそうは本のようだ。

とりあえず、レベルに合わせて以下の順番でドキュメントを切り替えていけば、Linuxを触るのに都合がよいのではないかと思う:

  1. ディストリビューションに特化したドキュメント
  2. はじめてUNIXで仕事をする人が読む本
  3. 本書

書籍購入:『GitHub実践入門』

消費税の増税前ということで、気になってはいるのだけど諸事情で買ってなかった本を買ってしまおうキャンペーン。

第三弾はこれ。

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

これ買っておきながら、自分は公私ともにGitHubを使っていない……。いや、GitLabを触ってみたいので、多少参考になるかなあぐらいの軽い気持ちで買ったのです。

Gitとかをバリバリ使っている知り合いは、ソーシャルコーディング抜きに、機能や操作性でGitHub推しなので、興味はある。自分用の小ツール管理用に、アカウントを作ろうかなあ。

書籍購入:『ハッカーと画家』

消費税の増税前ということで、気になってはいるのだけど諸事情で買ってなかった本を買ってしまおうキャンペーン。

第二弾はこれ。

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

Webで今も公開されている日本語訳があって、読んでいて面白く興味深かった。Webでは公開されてないものも本書に含まれている*1ようなので、今更ながら買ってみた。

なお『Ansi Common Lisp』や『On Lisp』は順調に積読のままだ。いい加減、何とかしないと。

書籍購入:『Joel on Software』

消費税の増税前ということで、気になってはいるのだけど諸事情で買ってなかった本を買ってしまおうキャンペーン。

第一弾はこれ。

Joel on Software

Joel on Software

Webで公開されていた日本語訳は、今では結構見れなくなっている。という訳で今更ながら書籍版を購入。

この本は色々な人が面白いと言っているし、実際面白かったので、購入に当たって悩むことはなかった。Web版で色々読めなくなって久しいので、うん、久しぶりに読もう。

問題は、この本をどこに置くか、である。先に本棚を新調するべきだったか。

*1:その逆に、本書には含まれていないものもある。