新・日々録 by TRASH BOX@Eel このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-08-28

Raspberry Pi用にQtをクロスコンパイルする――ただしQtはX11上で動かしたい

Raspberry Pi用にQtをクロスコンパイルする方法を探していたのだが、どの情報も非X11のコンソール環境にてEGLFS経由で直接OpenGL ESで画面描画する構成のQtバイナリを作るものばかりだった。

しかし私は、諸事情よりX11デスクトップ上でアプリを実行できる構成のQtバイナリが欲しいのである。

まあ、Linux上で「Qt for Linux/X11」を自前ビルドするのと同じ方法をRaspbian上で実行すれば、確かにブツは手に入る。だけどPC上でビルドする方が速いので、できればクロスコンパイルしたい。

Raspberry Pi向けのQtクロスコンパイル(EGLFSを使う版)

この文書を書いている時点で、最も有用文書Qt WikiRaspberryPi2EGLFSだ。このページの方法でEGLFSを使う構成でQtをクロスコンパイルできる。

以下、上記ドキュメントの補足:

X11用にクロスコンパイルするには?

色々調べた結果、先に挙げたドキュメントの「./configure」のオプションを以下のように調整することで、RaspbianのX11上でアプリを実行する構成でクロスコンパイルできることが分かった。

  1. オプション-opengl es2」を「-opengl desktop」に変更する。
  2. オプション-no-eglfs -qpa xcb」を追加する。
  3. Qt 5.11系をクロスコンパイルする場合はオプション-no-gbm」を追加する。

他の作業については、特に変更点はない模様。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/eel3/20180828/1535461107