spring efemeral

2010-04-30

エロゲの擬装広告っていつ頃からあったんだろう?

| 20:49

「擬装」って書くとちょっと表現がキツイかな?アキバBlogさんのところで取り上げられていたソフマップアミューズメント館の「真・恋姫†無双〜萌将伝〜」の看板は、エロゲ本体ではなくあくまでも「ORIGINAL SOUND TRACK」の広告でした。

全景拡大
f:id:efemeral:20100430121658j:image:w250f:id:efemeral:20100430121759j:image:w250

そして現在秋葉原には、これ以外にもエロゲの「ORIGINAL SOUND TRACK」の広告がJR秋葉原駅の京浜東北線下りプラットホームにあります。

全景拡大
f:id:efemeral:20100430134757j:image:w250f:id:efemeral:20100430135419j:image:w250
f:id:efemeral:20100430134855j:image:w250f:id:efemeral:20100430134938j:image:w250

6月30日発売予定になっているROOTの「PARA-SOL」と、5月28日発売予定になっているFLATの「うたてめぐり」です。これらの看板を見て「エロゲブランドって、サウンドトラックの宣伝にすっごい力入れているんだなぁー」なんて思ったりする人はおそらくいないはず。だって目を凝らして眺めないと「ORIGINAL SOUND TRACK」の文字なんか気づかないもの。そして広告を出した方としても、さほど目に止まらなくても構わないものだからでしょう。要は「ORIGINAL SOUND TRACK」に託けたエロゲ本体の宣伝なのですから(笑)。

メディア:アダルトゲームの広告はちょっと……

クライアント:いえ、これはゲームのサウンドトラックの宣伝ですから(キリッ)

メディア:でしたら問題ありませんね(キリッ)

両者:HAHAHAHAHA!

なんていう腹芸が交わされているのかどうかについては知りませんが、音楽CDをダシにして(おっ)エロゲ本体の看板広告を出すエロゲブランドというと、真っ先に「オーガスト」が浮かんできたりします。

事例1事例2事例3
f:id:efemeral:20050903135121j:image:w200f:id:efemeral:20091126193205j:image:w200f:id:efemeral:20091126193202j:image:w200

2005年9月22日に発売された「夜明け前より瑠璃色な(無印)」の時からずっと同じ手法で、秋葉原駅構内に広告看板を出していますから。で、少なくとも2005年には既にこういった手法によるエロゲの宣伝がある事は分かっていますが、じゃあ「一体いつ頃から、どのエロゲブランドがこういった奸智にたけた(おっ)広告の出し方を編み出したの?」という疑問が残った訳です。なので知っている方が居られましたら、是非教えて下さいませ。

ffff 2010/05/01 07:57 サーヤって呼ばれてる皇室関係者と
黒田って公務員が結婚するときに

秋葉原浄化が行われて
中央通りからエロ一掃って事になってますよ

中央通のメッセサンオーすら
入り口は全年齢商品を置くようになりましたし

suckersucker 2010/05/07 22:54 アキバの広告とは違いますが、Fate発売前に主題歌CDとサウンドトラックのTVCMが放映されていたのを思い出しました。

wcanwcan 2010/05/08 09:25 池袋有楽町線の地下鉄改札の前には、かなり長いことエルフがそういう広告出してたよ。
確か、ドラゴンナイト4やその頃のゲームだったと思う。

KOKO 2010/05/12 18:02 「安全で快適な千代田区の生活環境の整備に関する条例」ですね