spring efemeral

2010-06-16

エロゲの「お兄ちゃんの匂いで欲情してしまう妹」について科学的に考えてみた

| 23:14

エロゲ界隈では「妹が洗濯前のお兄ちゃんの服をこっそり手に入れて、その匂いでオナニーしてしまう」というシチュエーションがよく出てきます。

【参考画像】 「あまつみそらに!」より「部屋に一人でこもってお兄ちゃんのシャツの匂いを嗅いでいる観崎美唯さん。職業、妹」

f:id:efemeral:20100616210319j:image

このようなシーンについて、ちょうど面白いTV番組がありましたので、それを元にちょっと考察してみました。もっとも、「そんな状況は『エロゲ的ファンタジー』であって、現実にはありえねェよw」で終わってしまう話であり、かつ、ファンタジーに対して科学でツッコミを入れるという「野暮」な内容なんですけどね(笑)。

【参考リンク】 セックスアピールの科学

女性は男性の体臭を「いい匂い」と感じる

男性の体臭の元となっているのは、アポクリン腺から分泌される「アンドロステノン」という物質。どんな匂いなのかというと、分泌されてすぐは「ムスク」のような香りで、時間が経つと「尿」のような匂いに変わるのだそうです。「本当にいい匂いなのか?これ?」と思う訳ですが、実のところほとんどの女性はこの匂いを嫌がります。排卵期にあたる女性を除いては。そう、女性は排卵期になると、汗に含まれるアンドロステノンの刺激臭を嫌わなくなり、むしろそれを「いい匂い」だと感じるようになるのです。

つまり、妹がお兄ちゃんの匂いを嗅ぎたくなる時というのは「子どもを作る準備が出来た」というサイン。なので、こんな状況をたまたま目撃したお兄ちゃんが、ちょっと理性を失って、押し倒して、中出しをしようものなら、かなりの高確率で孕んでしまうという大変危険なシチュエーションな訳です(笑)。

女性は男性の体臭を嗅ぎ分けている

妹がお兄ちゃんの匂いを求めている時にやってしまうと、デンジャラスな結果になるという事は分かりました。が、女性の性的関心と男性の体臭との関係には、さらに複雑な仕組みが隠されているようです。

まず、体臭とはアポクリン腺から出るアンドロステノンだけで構成されているのではなく、汗腺から出る汗が、皮膚に住むバクテリアによって分解された時に生じる物質も含まれています。さらに、体臭は主要組織適合遺伝子複合体(通称:MHC)と呼ばれる遺伝子の領域と深い関わりを持っているとされています。MHCとは、免疫系がどのような病気と戦えるかを決めるもので、およそ100の遺伝子を含み、その組み合わせは人様々。同じ組み合わせを持つものは二人といないとの事。そして、免疫系と体臭との直接的な相関関係は今のところよく分かっていないらしいですが、両者に関係がある事は科学的に証明されているみたいです(免疫系が人の皮膚に寄生するバクテリアの種類を決め、そのバクテリアが体臭を構成する物質を放出し、匂いを決めているからではないか?という推測がされている)。

さて、MHCと呼ばれる遺伝子領域と体臭の関係について説明してきましたが、ここからが本題。女性に様々な男性の体臭を嗅がせる実験をしたところ、その男性のMHCが彼女自身のMHCと大きく異なった場合、その男性の体臭を好むという結果がでました。つまり女性は自分とは異なる体臭を好むようなのです。また、このMHCは両親から受け継ぐので、兄弟姉妹は似たような遺伝子の組み合わせになり、また同時に似たような体臭になります。そして女性に父親や兄弟の体臭を嗅がせる実験をすると、驚くほど強い拒否反応を示したとの事です。

この近親者に対して感じる嫌悪感は、性的な嫌悪で、家族の匂いは性的に受け入れないらしい。また、女性が自分とよく似た匂いを嫌うのは、近親相姦を避ける為だとされています。MHCの遺伝子は、できるだけ異なった組み合わせを両親から受け継いだ方が優れた免疫系を持てるので、似通った遺伝子を所有している近親者との交配は、逆に子孫の免疫系を弱体化させる原因となる。従って、自分と周囲の人々の縁戚関係が不明瞭だった太古の時代、女性は体臭によって男性のそれを見分けていたのではないか?と結んでいます。

で、結論

どうやら科学的には「お兄ちゃん臭い、近づかないで」が正しい妹の反応であり、「お兄ちゃんの匂い……はぅ〜」となる事はありえなさそうです。よって、「お兄ちゃんの匂いで欲情してしまう妹」とは、

  • 血が繋がっていない
  • 男性の匂いを嗅ぎ分ける機能に異常がある

のどちらかである。という事になります。つまり、妹がお兄ちゃんの匂いでオナニーするというシーンは、この妹には「出生の秘密がある」もしくは「身体機能に欠損がある」という事を表している訳です。科学的な意味で(笑)。

ななしななし 2010/06/17 03:59 従姉妹の場合も同等なんでしょうか
単純に、異性親の兄弟の子の場合と同姓親の兄弟の子の場合の二種類考えられますが…

通りすがり通りすがり 2010/06/17 11:41 親兄弟でMHCがピッタリ合うのが稀なのと同じように
親兄弟でMHCがまったく異なることも無いとは言えませんよ(確率的には前者よりよっぽど厳しいですが)

くだんの妹は
・血が繋がっていて
・男性の匂いを嗅ぎ分ける機能も正常で
・MHCが都合よくまったく異なる

という事になります。まぁ骨髄移植イベントなんてのがあったらダウトですけどね(笑)

nanashinanashi 2010/06/17 14:54 体臭の嫌悪がどれぐらい強いものかにもよると思います。
以前はトイレの芳香剤と言えば金木犀でしたが、定番過ぎて「金木犀 = トイレの臭い」と連想し、不快感を覚える人も少なくはありません。
それでラベンダー系とかレモン系とかに移りましたが、これもまた続いたせいで「= トイレの臭い」となる人も出てるとか。
なので人間の性質とはいえ、好きな人の臭いという学習(?)によって、「妹が洗濯前のお兄ちゃんの服をこっそり手に入れて、その匂いでオナニーしてしまう」は普通に(?)発生すると夢想します。

thimurathimura 2010/06/17 22:34 妊娠中、もしくは擬似的な妊娠状態なら MHC が似ていても問題無いという話があります
http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20050321

つまり私が何を良いたいかというとですね…

通りすがり通りすがり 2010/06/17 23:04 エロゲ的にはよくあるシチュエーションなのに、何故か思い出したのは
別の女の匂いを嗅ぎ分けてブチ切れ→無差別爆撃をおっ始めるキモウトでした。

ダーウィンの使者ダーウィンの使者 2010/06/18 00:29 ダーウィン主義的に解釈すれば、「お兄ちゃんLOVE」の血統はむしろお兄ちゃんの匂いに性的興奮を覚えるはずです。この血統は、通常なら劣性遺伝子が引き起こす疾患により、統計的に生存率が下がるはずですが、妹萌えのお兄ちゃんが「全力で守る」ことによって生存率をブーストする場合は前提が変わってきます。
つまり、祖先に繰り返し「妹萌のお兄ちゃんの匂いを嗅ぎ分けてきた妹」が現れた筋金入りの血統の場合、お兄ちゃんの匂いにうっとりする妹が現れる確率は比較的高くなるといえます。

エロゲーのお兄ちゃんにそんな甲斐性があるとも思えませんが。

超兄貴超兄貴 2010/06/18 03:08 普通「いもうと」っていったら義妹のことだろうJK

ななしななし 2010/06/18 08:40 仮に、仮に生命体として完成されている兄妹がいたとしましょう。すべてに耐性を持っているその兄妹、免疫力的に考えれば劣性というものが存在しません。つまり、他の遺伝子を取り込む必要がなくなります。むしろ、劣性を取り込むことを畏れ積極的に近親相姦を行う様に……
というエロゲを探してます

 2010/06/18 09:53 >「免疫系と体臭との直接的な相関関係は今のところよく分かっていないらしいですが、両者に関係がある事は科学的に証明されているみたいです」
ここの文章が良く分からない。
相関関係が分からないのに関係があると言えるのはおかしい。

>「自分とよく似た匂いを嫌うのは〜」
これが先天的なものではなく、良く見知った者(つまり家族)に関する記憶と結びついた後天的な印象の結果だった場合、この結論は成り立たない。
もし、この実験をする場合は幼少時に生き別れた同世代の家族で行う方がより正確だと言える。

ななしななし 2010/06/18 12:21 >ななし 2010/06/18 08:40
遺伝子の話での劣性というのは、免疫力の強弱とは無関係。
遺伝病的にクリーンだとしても、それが性格や能力で優良だとはかぎらないし。
>劣性を取り込むことを畏れ
ではなく、優良な劣性遺伝子を維持するためにという話なら通じるけど。

ななし2ななし2 2010/06/18 23:18 というか、妹にしろなんにしろ、結局「選ぶ性」は女側ってことね。
お兄ちゃんはウェルカムなのに、妹が選別して拒否。
いつでも男が迫って、女が「無理!」という哀しい構図は絶対という事か。