エガワヒロシのブログ

2007-03-20

[]料理して、作詞して、映画を見た

昨日は日曜日のチーズフォンデュの残りを片付ける!!ということでありもので料理。

まず、茶碗1杯分くらい残ってたご飯をバターで炒める。細かく切ったにんにくとたまねぎソーセージと一緒に。それから器にバターを塗り、そこに炒めたバターライスを入れる。そこに手抜きホワイトソース(小麦粉を牛乳で溶いただけ)をかけ、日曜の残りのブロッコリー、にんじん、ジャガイモを入れる。そして大量に余ってる明太子チューブから大量の明太子を注ぎ、チーズをたくさんかけてトースターでチン!!はい!!明太子チーズドリアの出来上がり!!簡単、そして美味いー。

これだけでは寂しいのでながいもとおくらの明太子和え(のりと梅ゴマもかけた)、エビとにらの中華スープも作った。嫁も帰ってきてえのきの豚肉巻きを作ったのでおかずいっぱい!!今日残り物をお弁当にしたくらい。満腹でした。はい。

満腹になると眠くなるのは世の常。作詞締め切りがあるのに・・・。で、しょうがないのですぐ寝ることにして、今日は4時起き。4時に起きて作詞。朝方はなかなかいいよ。静かだし。寝起きって集中力あるよ。他のこと考えるほど頭が動いてないから。煩悩がない。

そして今日は帰ってきて映画「クラッシュ」を見た。これは僕の好きな映画「マグノリア」タイプの群像劇であり、「マグノリア」タイプの落ちた人がちょっとだけ上がる瞬間を捉えた映画。うん、いい映画。でも暗い。本当に途中はつらくなる。これ途中で見るのやめたらどうにもならん。マグノリアと違うのは、あっちは最初に頂点まで上がる瞬間を描き、そして落ちて、またちょっと上がるからポジティブの本質を感じ取れるんだけど、クラッシュは頂点はなし。本当に暗いところばかり描き、最後にちょっと上がる。これはポジティブとは違う気がするなぁ。最後に上がるのは「たまにはいいことあるよね」くらいのイメージ。この先もしんどいんだろうなぁ・・・ってことばかり見えちゃう。まあ人生はそういうものだよ、って言い方もできるけど、僕はもうちょっと夢みたいなぁ。演出も音楽も映像も良かったけど、そこだけが引っかかった。でも2時間見て心に残るものは確実にあるよ。そんな映画です。

さて、明日は休みだし、今日はちょっと機材をいじくろう。音楽を作ることは楽しいこと。そうだ、今思い出した。