エガワヒロシのブログ

2007-04-24

egawahiroshi2007-04-24

[]原ちゃんウィークエンド

3時半起床で始まった僕の週末は原ちゃんウィークエンドでした。

<あ、睡眠障害問題は今でも6時に起きてしまうとはいえ、十分朝なので特に問題ないです。ご心配かけてすいません。>

原ちゃんとは前に僕のライブでキーボードを弾いてくれてたミュージシャン。HPはこちら↓

http://www.sound.jp/musical_silence/index.html

原ちゃんの本職は現代音楽作曲家。作曲した音楽を聞かせてもらったけど、僕にとっては火星人襲来!!みたいな音楽(ごめん原ちゃん)。この人の頭の中はどんな風になってるんだ?といフシギさ満点です。クラシック現代音楽)の世界では、調性のある音楽なんていうのはもう100年前に終わってるんだって。今は調性のない音楽を書かないとコンクールでも絶対に認められない、譜面さえ読んでもらえないそうです。原ちゃんは日夜そんな音楽を書いて過ごしているわけです。

キーボーディストとしてはサンダルバッチのメンバーであった他に、イースタン・ユースなんかでもキーボードを弾いてて。まあ音大の作曲科卒業ですから、コードなんてお手のもの、音楽については何を聞いてもすぐ答えが返ってきます。知識も十分、経験も十分、所謂リアルなアーティストです。

しかし原ちゃんは僕が知っている人の中でも1番面白い人。話の中身ではなく、原ちゃんを見てるだけで楽しくなってくる。声がめちゃめちゃでかくて、動きがめちゃめちゃオーバーで、とにかく目立つ。さすがかつてチーマー30人に意味もなく追いかけられたことだけはある。天才となんとかは紙一重だから(笑)

で、その原ちゃんと土曜日はサッカー観戦。レッズの試合。試合のことには触れたくないので・・。サッカーマニア原ちゃんが見ても気合の入ったいい試合だったことだけはここに記します。

そして日曜日はレコーディング。君のいない部屋に原ちゃんのオルガンを入れたもらいました。いい感じになったよ。さすが原ちゃん。オルガンの音色もばっちり。レコーディングがまたひとつ進みました。

そしてどちらの日も原ちゃんと夜遅くまで飲んで。いやー笑った。本当に笑った。こんなに笑うことはそうない。原ちゃんは偉大だ。何も面白くない話なのにこんなに楽しいなんて。音楽の話、芸術の話、映画の話、小説の話、そしてサッカーグラビアアイドルについての話(笑)。話すことがありすぎてどんどん時間が過ぎていく。なんだろう?相性がいいのかなぁ?こんなに楽しいなんて。

友達っていいねぇ。高校生の頃の僕にはまったく思いつかなっかた言葉だ。僕は今友達に恵まれてますね。ありがたいことです。

写真:原ちゃんレコーディング風景