エガワヒロシのブログ

2016-06-05

[]「ユーロ2016」

さあ4年に一度のお楽しみ。サッカーヨーロッパ選手権ユーロが始まります。正直ワールドカップよりも純粋なサッカー好きとしては楽しめるのがこの大会。日本の応援に惑わされない分、サッカーそのものに集中できる。本気のヨーロッパが見れますからね。2004年のチェコのような永遠に愛せるチームが現れるか?

それでは恒例の優勝予想。

本命と言ってよいドイツは今回はないかな。若いドイツではワールドカップ優勝の余韻は忘れられない。慢心というかお腹いっぱいというか。引き締めるべきベテランは引退、シュバインシュタイガーはケガがちだし。ノイアーとかくそまじめな選手がいるから大崩れは絶対しないですけど。

じゃあ開催国フランスかといえば、まずユーロに開催国のアドバンテージはあまりない。ご近所での大会ですから、どの国からもファンはやってくる。そして時期的にも、フランスは前回のワールドカップで低迷から立ち上がり、今回は成長の時。優勝狙うのは次のワールドカップじゃないかな。バランとマテュー怪我でディフェンスは安定しないだろうし、FW陣はまだ伸びシロある。ただMFは固い。実に人種の坩堝フランス的なアフリカをうまく取り入れた力強さ。デシャンとビエイラ的な。ベスト4はあるかな。

じゃあもうひとつの若い勢いに乗るイングランド。レスター優勝の勢いで、ユーロの大穴として振る舞う可能性はある。まあでもね、ドリンクウォーターを招集せず、ケガ上がりのウィルシャーを招集した時点で、レスターな振る舞いをするつもりはないというロイホジソンの意思が見える。イングランドがパスサッカーとか片腹痛い。イングランドはダイレクトフットボールの国。そこに集中したらいける。イングランドも次のワールドカップかな。イングランドユーロ優勝したことないしね。

あとは日の出の勢いのベルギー。無欲の優勝もあるかと思ったんだけど、コンパニ欠場は痛い。アザールでもデブルイネでもデカ頭でも代わりはいるけど、コンパニの代わりはいない。よって今回はベスト4どまり。っていうかベルギーは優勝とかしないでしょ。そんな器ない。まあギリシャでもデンマークでもチェコスロバキアでも優勝できるのがユーロだったけど、今回からデカくなりましたからね。ユーロが。もう大国しか優勝できない大会になりました。

で、ここで出てくるのがスペイン。前回のワールドカップの傷を乗り越え、意地の優勝と見ています。選手は揃ってる。FWが弱いけれど、そこ以外は超一流。バルサイズムが完全に染みついているからね。最後はゴールにパスするサッカーですから、FWなんていらんのです。そんなサッカーを貫ける。最近はずっと反パスサッカーというか、アトレチコ的な、レスター的な前からの守備で崩すサッカーの時代。でも逆貼りの強さで、スペインですよ。っていうか、ワールドカップで惨敗しても監督を代えないスペインの信念を買いたい。それにデルボスケみたいな人格者のおじいさんにワールドカップから連続で悪いことなんて起きるはずない!!スペインユーロ3大会連続優勝です!

え?何?イタリア?ベラッティマルキージオの心臓二人が欠場、FWは二流、DFの固さと一体感だけで優勝できるほどユーロは甘くない。まあ逆境のイタリアの強さはあるからまあまあ行くとは思いますけどね。コンテの増毛は好きですけど。

他に注目はウェールズ。みんなで頑張って、ラムジーが引っ掻き回して、最後にベイルが強引に決める。この方程式が素晴らしい。この二人が怪我さえしなければ、今大会の台風の目になると思う。ベイルあんまり好きじゃないけど。

あとはスウェーデン、というかイブラフモビッチ。イブラはおそらく最後の大きな大会。この人のカリスマは半端ない。何かやる可能性はあると思う。イブラ以外はなんてことないチームだけど。イブラの輝きでチームが輝く。大穴にスウェーデン押したい。

あとはがっかりさせるチームの予想はクロアチアラキティッチモドリッチのハーモニーで勝ち上がる可能性を言いたいところだけど、ここは監督がダメ。この監督の元では必ず不協和音が響く。ロブレンも出ないことになったしね。というかこの国のダメなところは腐敗しきったサッカー連盟。クロアチアは内部まで腐りきってますからね。監督もその上では難しい。というかそんな国だから監督になれたのか。

いやあ長い文章。とにかく、今大会の優勝はスペイン。大穴スウェーデン。これで行きます。対抗はイングランドにしておこう。ロイホジソンが弱者のサッカーに舵を切ることに期待!

ああ楽しみ!そして細切れ睡眠の生活が始まります!

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/egawahiroshi/20160605/1465095722