エガワヒロシのブログ

2016-06-08

[]SOFT BALLETという福音


僕らの時代はバンドブームで、特に僕が高校生くらいの時は右も左もボウイボウイ。みんながタイトな8ビートを鳴らし、布袋さん風のカッティングで、氷室さん風の歌を歌ってた。

勿論僕も大好きで、コピーバンドも組んでた。高校生の僕は歌が歌えるということで色んなバンドに呼ばれ、何回もイメージダウンイメージダウンイメージダウンダウンダウンしていた。

でもオリジナルを作る頃になると、僕はとにかくボウイから離れないとバンドブームに溺れる、と焦っていた。というか自分は違うんだという自意識が膨らみまくって、ボウイから離れることばかりを考えていた、でも僕のバンドもタイトな8ビートに、エフェクティブなギターとカッティングのバンドで。そりゃ同世代はみんなボウイに影響を受けてる。仕方ない。でもその頃の僕にはメンバーを導くような音楽的語彙もなかった。

そんな時に逃げ場のように、ロールモデルのようにボウイから抜群の距離感を持ったバンドと出会う。それがDe-LAXとソフトバレエだった。De-LAXはボウイのメンバーを擁しながら、宙也さんの存在感とより生々しいロックンロールの感触、そしてリズムの豊かさで、ボウイとの距離感を教えてくれた。

そしてソフトバレエにはさらなる刺激を受ける。本格的にエレクトロニックミュージックへの扉が開き、少ないコードで表現すること、コードとメロディーではない音楽の扉が開かれた。勿論打ち込みにも興味を持ち始めるが、ソフトバレエのボディな感じをバンドで出せないのか?と色々試行錯誤していった。

そして森岡さんのダンスを知る。フジテレビ女子大生が出てるような深夜番組で、クネクネ踊る森岡さんを見た衝撃は忘れられない。ソフトバレエは異物そのままに、お茶の間のど真ん中に土足で、でも品位は忘れずにやって来た。

ジェンダーを超えた存在を意識し始めたのもこの頃かもしれない。今でもLGBTの人達の音楽に興味を惹かれるのとこが多いのはここが起点。美しくて、野蛮で、品位がある音楽。

その後の僕は、英国ギターバンドに出会い、マンチェスターのビートとグランジノイズにまみれていく。でもその前にベストヒットUSAバンドブームというど真ん中に佇んでいた僕を、音楽的な、より刺激的な音楽の道へ導いてくれたのはこの時期だったように思う。その時期にいたのがDe-LAXであり、ソフトバレエだった。

森岡さんが亡くなったことがまったく信じられない。1ミリも考えたことなかった。49歳なんて、あまりにも若すぎる。これだけエレクトロニックミュージックが発展した今、もっともっと森岡さんの美意識に叶った音楽が鳴らせたように思う。本当に、本当に残念でならない。

今はとにかく、ご冥福をお祈りします。素晴らしい音楽をありがとうございました。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/egawahiroshi/20160608/1465346635