エガワヒロシのブログ

2018-01-26

星屑のステージ


水曜日に元ピールアウト近藤さんと、元チューインガムウィークエンドの橋本さんという日本のロックバンドの歴史に連なる2人がやっているイベント「like a stardust」に行って来ました。今回は弾き語りじゃなくバンドバージョン。

トップは橋本さんのthe MADRAS。冷んやりしたサウンドに温かいメロディー、そして最後に残る痛み。この冷んやりしたカミソリにそっと触れて、暖かい血が少しだけ出たような音楽はこの日も変わらず。今回はゲスト無しの4人で臨んだからか、どこか骨身を感じましたね。骨が当たる音がするような。そんなライブ。

そして2組目、本日のゲストwash?はもう圧巻。今オルタナティブ暴力的でそれでいて開かれたバンドサウンドと言ったらこの人達が最高峰じゃなかろうか?インプロのように自由でありながら、バッチリ3人の息が合って、即興のくせ球を投げ続ける。これどんな音楽ファンが聴いてもぶっ飛ばされると思う。ナタで心臓ごとぶった切られるような音楽。それでいてお客さんを置いてけぼりにしないのがいいよね。

そして最後は近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション。圧巻の多幸感溢れるライブ。それぞれに腕のあるメンバーが近藤さんの音楽に魂と華やかさを添えていく。とても痛快で愉快な音楽なのに最後に残るトゲの痛みのような切なさがこの音楽の肝。近藤さんの音楽はいつも優しいのにどこか切ない。

最後のセッションも楽しく(wash?の大さん誕生日!)最高の夜でした。しかし3組とも楽しくて盛り上がる音楽をやってるのにどこか痛みを感じる。the MADRASはカミソリ、wash?はナタ、近藤さんはトゲ。それぞれ痛みの種類が違う。音楽はこんな多重的な感情を伝えるのに適した、素敵な表現形態なんだなあーって感じてる自分がいました。

さて、今日はミムラスがオランダから呼んだシンガーソングライター、ティム・トレファーズを迎えたライブ!楽しい一日になりそうな予感。ライブってやっぱりいいな。

2018-01-23

正しいこと


久しぶりに人前で歌った。世古君のイベント、ブラタケシの新年会にて。一曲だけ。ブラしてるタケシの為に。

最近正しさの押し付けに辟易してたので、そんな気持ちをすくい取った曲を歌った。正しいものや真っ直ぐなものを集めたら、争いが起きたって曲。そんな空気に足並み揃えないと誰かに指さされる。靴紐が解けただけでも、足並みを注意される。息苦しい世界だな。おい。

久しぶりの歌はなかなか楽しかった。ライブやめてますけど、ライブ嫌いなわけじゃないからね。まあブラタケシは音楽の世界で言えばアウトサイダーというか、反則技を繰り出してくる人が多数なので、その中で真っ直ぐ立つのは苦労しましたよ。空気を戻してくれたシミリエさんに感謝。

シミリエさんは僕の歌詞の世界をとても褒めてくれた。ハルさんは僕のシンプルなソングライティングを賞賛してくれた。まあ身内に褒められて喜んでるようじゃダメなんだろうけど、音楽を作り続けてる人達に褒めてもらうのは嬉しいです。

音楽楽しい。まだ来てないコンペの為にも曲を書います。今頭の中にあるキュアーリスペクトの曲を早く形にしたい。シングストリート見てたら出来た曲。甘酸っぱいメロディー。新しいメロディーが頭にあるのは幸せだ。

2018-01-18

ちょっとだけよ


今日は恵比寿へ写真展を見に行ったり、久々にインプットの日。ユージンスミスの意思を持った写真に圧倒されたり、アジェという現代写真の父と言われる人の記録写真のようなクールさにモダニズムを感じたり。結構濃厚に影響受けました。

このインプットを曲作りに使わないといけないんですが、その前に明日。旧友のカールスモーキー石井に似た声で仏像の歌をドラマチックに歌う謎のシンガーソングライター、世古君のイベント、ブラタケシの新年会が新宿ナビカフェであります。まあシンガーソングライターが集まってワイワイ飲むだけなんですが、歌える人が集まるので、毎年一曲ずつ歌うことになってます。僕は今、作曲家としてヒット曲出すまではライブやらない!とライブ断ちをしてる状況なので、本来は歌わないところですが、まあ一曲なら良いかなと。ゆるい感じだし。なので明日は約一年ぶりに一曲だけ歌います。しかもライブ断ちしてる間に作った曲。まあ毎日のように曲作ってますからね。

ということで明日は新宿ナビカフェにいます。久しぶりに歌うと思うと緊張するな。笑

2018-01-11

[]「2017年ベストアルバム」

新年になってからいつも前年のベストアルバムを選んでます。いつもならすぐ決まるんですけど今回は迷ったー。良いアルバムは多かったんですけど、これ!というのがなくて。なので10枚はとても厳しかった。この10枚と同じくらいだなぁーって思うのはあと15枚くらいあるかな。で、これが僕の2017年アルバム。

1.Electric Trim/Lee Ranaldo

2.Sleep Well Beast/The National

3.A Deeper Understanding/The War On Drugs

4.Colors/Beck

5.Villains/Queens Of Stone Age

6.Salutations/Conor Oberst

7.Song Of Experience/U2

8.Semper Femina/Laura Marling

9.Drunk/Thundercat

10.Hug Of Thunder/Broken Social Scene

今回はアメリカカナダの充実したインディー王道バンドのリリースラッシュ。アーケイドファイア、スプーン、フリートフォクシーズ、シンズ、ダーティプロジェクターズ等も充実策を出しましたが、どのバンドも今までの作品と比べて抜けてるとは思えなかったかな。グリズリーベアを買えてないのは反省。

その中でナショナルは今までと比べても何かしっくりきた。実験性はむしろ増してるし、ポップになったって感じはないのに深みは増し、力強くなったような感触があります。自分と波長が合って来ただけかもしれないけど(苦笑)あとブライトアイズ名義を期待しちゃうコナーも良かった。ソロでは一番好きかな。シンガーソングライターの着実な作品って感じです。昔のストレンジな感じはなくなったけど、この人はこれで良い気がします。

そしてブロークンソーシャルシーンは完全に最高傑作。音がデジタル処理された感が強すぎる嫌いはありますが、今まであったアーケイドファイアの二番煎じ感は払しょくできたかな。アーケイドファイアは葬式でダンス!みたいなオリジナリティーがあるんだけど、もっと平熱でダンスしてる感じにブロークンソーシャルシーンはなってると思います。余談ですが今の時代のスタジアムロックってこういうことかな?と思います。それはレディオヘッドがビッグになったことで、単純で大文字のロックがやりにくくなった。その隙をついてアーケイドファイアとコールドプレイが作ったのが今の時代のスタジアムロック。音は入り組んでいるけれどビッグなメロディーが必ずあって、サビに向かって繊細な音を積み上げ、サビでドーンと突き抜ける。思慮深さと快感原則を両立したロックサウンド。ジョー・チッカレリ仕事って感じですな。

そしてオルタナティブ番長的なソニックユース組とベックもコンスタントにリリース。ソニックユース組のリーとサーストンはどちらも良いアルバムでしたが、やっぱり僕はリーが好き。あのジョージハリスン的な丁度良い立ち位置が最高。そして今まではポップな曲をやる時に気負いだったり照れみたいなものを少し感じてたんだけど、やっと板についてきた気がします。リーのポップの温度が一番しっくりくる。サーストンは頑張ってソニックユースの看板を背負ってる感じがするけど、リーは自由で良いね。

ベックはあっぱれ。ポップにあんなに飛び込むなんて。やる時はやり過ぎなくらいやるのがベックの楽しいところ。正直フェニックス聴いてるのか?ってくらいポップな音。好みとしてはブルーズ感が薄れ過ぎとは感じるけど、ポップをやるには邪魔だったのかな。軽薄な音なんだけど何回も聴ける。さすがベック

そしてセカンドアルバムの失速を免れたのがウォーオンドラックス。この人はチルウェイブとディランの融合だと思ってたんだけど、今回のアルバムで一つ気付いた。それはブライアン・アダムスとの類似性。いや本人絶対嫌がると思うけど、あの大陸的なメロディーをどこかに感じる。そしてそこがとても好きです。

さらにアメリカインディーに当てはまらない鬼っ子ハードロックのクィーンオブザストーンエイジも良かった。この人達の雑食性と貪欲さを表すようなマーク・ロンソンと組むというチャレンジ。そのアイデアを実践しちゃのが良いよね。しかもしっかりその成果も出てて。孤高のロックバンド。

そしてベテランのU2がこんな良い作品を作ってくるとは意外でした。正直前のアルバムはあんまり好きじゃなくて、そんなに期待してなかった。それがしっかりソングライティングに焦点を絞って、良いアルバムを完成させてきた。他にもデペッシュモードやポールウェラーシャーラタンズ、ライドなんかも良かったね。英国はベテランが元気でした。ちなみに良い曲しか書けない病気のノエルさんは今回も美メロの嵐。でもサウンドに色気を出したらちょっとぼやけたかな。ノエルに期待してるのは曲だけなので、誰かほかのアレンジャーとやって欲しい。小林武史でも良いよ(笑)ニールフィンの焦点の絞れたアルバムを見習って欲しいかな。

2017年の反省点は新しい音を探せなかったこと。まあ経済的事情もあるんですが(苦笑)もっと新しい音を探したかった。その中でも新しい出会いはローラ・マーリング。ファイストをもっと室内楽的にした感じで、静かな部屋で一人で聞くのにぴったりな音楽でした。音の一つ一つの手触りを感じるような音楽。さらに流行りの越境的なジャズの人、サンダーキャットのアルバムも良かった。カマシ・ワシントン程の出会い頭感はなかったけど、AORを現代的にしていく感じはとても面白いです。

他にはフェニックスLCDサウンドシステム、ケンドリック・ラマー、マシュー・スウィート、ホラーズなんかも良かった。日本だと高橋徹也さんとHi-5、ナッヂエムオール、ゴーイングといった身近な人から良いアルバムが届きましたね。the MADRASのシングルもか。そしてコーネリアスもいた。うん。

2018年も僕はアナログもCDも買うと思います。そういう文化圏に生きてる。それが現代的なのかどうかはわからないけど、そんな生活を通して音楽を作りたいです。音楽で生きる人なんだから当たり前なんだけどね。

2018-01-09

東京


東京に憧れていた。いや正確に言えば東京に出て行くというストーリーに憧れていた。たくさんの名曲を生む「東京に出て行く」というストーリー。埼玉浦和に生まれ育った僕には東京は近過ぎて、そんな遥か遠い場所ではなかった。音楽をやるからと飛び出した場所は、電車で40分ほどの高田馬場だった。1日に何往復もできるくらい近くて、とてもじゃないが東京に出て行くストーリーは当てはまらなかった。

25の時に福岡に移住した。一度目の結婚をしていた僕は、音楽がどうとか言ってどうにもならない息子にしびれを切らしたお義父さんに呼ばれ、福岡に住むことになった。最初は何故自分がこの場所にいるのかを咀嚼出来ずに苦しんだ。しかし福岡生活の終わりには今でも会いたくなる先輩達や友達が出来た。でも東京に戻ることになった。離婚して、また音楽の道を目指す為だった。

博多から新宿へ向かうバスに乗った時、初めて東京に向かうストーリーが現実味を帯びた。お金ないし、戸籍にはバツが増えたし、両親は口を聞いてくれなくなった。でも手の平には希望があった。いや、希望だけがあった。他は何もないけど、闇雲な希望だけがあった。福岡の街がサヨナラを言ってる気がして、窓から移り変わる風景をずっと見ていた。やっと動き始めた歯車に安堵していた。初めて自転車に乗れた時のように、足がつかずに前に進むことに驚き、喜びを感じていた。そしてストーリーの始まりの心地良さに浸り、いつの間にやら眠っていた。初めての夜行バスの旅はとても短く感じられた。

目覚めるともう新宿の街だった。僕が東京に出てきた瞬間だった。タラップを踏みしめ、新宿の街に降り立つ。東京に出会う瞬間。僕の中の東京ストーリーが始まるはずだった。でも、そこはやっぱり浦和のすぐ近くの新宿だった。見慣れた街だった。新宿の街は「来たか、新入り」とは言ってくれず、「お帰り、久しぶりだね」と言っていた。

だいたい、福岡から向かっていたのは東京じゃなかった。埼玉浦和だった。そこには自分の実家があった。ある意味里帰りだ。出戻り息子だ。そんな奴に東京は洗礼も力も与えてくれない。僕の前には浦和のストーリーしかなかった。

結局東京に出るのは二度目の結婚の時だった。そこにはもちろん東京のストーリーなどない。みんなから祝福されたイバラのない東京物語。でもどこかの地点で気づいてはいた。誰かのストーリーに憧れたところで、良い物語なんて書けやしない。僕には東京ストーリーは必要なかった。

今ではそんな風に理解しているし、無理矢理東京ストーリーを考えることはない。でも、今でも羨ましくはある。だから、僕は負けないような浦和ストーリーを書かなきゃと思っている。なかなか難しいんだけど。

竹原ピストルの「東京一年生」を聞いて、久しぶりに東京を思ったのでした。やっぱひ凄い人だね。うん。

2018-01-04

2018年最初の新年会


昨日は絢香やら平井堅やら猿岩石やらあらゆるところで活躍する、キーポーディストでアレンジャープロデューサー松浦晃久さん宅での新年会。僕の代表曲「LOVE」の共同プロデューサー

レコーディングやステージで活躍するミュージシャンが沢山集まる年に一度のお楽しみ。嫁は体調不良だったのでたおと2人で参加して来ました。

ここでしか会えない人も沢山いるので、毎回ミーハーに楽しんだりしています。今回は最早レベッカのメンバーと言って良い、僕の周りの人に説明するにはBY-SEXUALのプロデューサーと言った方が通りが良いかもなギタリスト是永巧一さんとも話が出来ました。

実は高校生くらいの時に、成田空港で是永さんに握手して貰ったことがあるんです。その話をしたら「覚えてる!」と言ってくれて。細かな状況も一致してたから間違いなし。話を聞いたら、あまり男で握手求めてくる人はいないらしく、それで覚えていたとか。なんだかほのぼのしてしまいました。昨年はパーカッションのオバヲさんにも会えたし、小田原さんにはドラム叩いて貰ったし、地元浦和出身のスターバンド、レベッカには結構会えてるってことだ。

今回はたおと2人なので、ずっと隣にいないといけないかなあ?なんて思ってたんですが、そんな心配は無用でした。コミュニケーション能力の塊のたおさんは、まあ知らない人のところへグイグイ入っていきます。正直ほぼお父さんのところにはいませんでした。そして終始楽しそうで、みんなに可愛がられてました。なんて手のかからない娘なんだ。

帰り道は立場逆転。むしろ酔っ払ったお父さんの世話役を務めたたおさん。まさか小学二年生にしてこんな関係になるとは思わなかった。いつ介護になっても大丈夫だと思いながら、フラフラと家路を辿った正月三ヶ日のラストでした。いや本当にしっかり者の娘だわ。恋話とかしてたらしいよ。笑

2018-01-02

初夢ならず


暴飲暴食の限りを尽くした安曇野の年末を過ごし、元旦は浦和の実家に移動、両親、兄夫婦、姉、姪っ子2人と正月を過ごしました。

たおはみんなからお年玉貰ってホクホク。特に上の姪っ子からは、お年玉の代わりに前から欲しかった綿あめ作り機を貰い、目を見開いて大喜び。次々に綿あめを作って食べています。おにぎり食って、綿あめ食って、おにぎり食べる。みたいな不思議な食事になっちゃった。

夜は家族3人川の字で寝て。ただ、長野の実家とは違いがあります。長野の嫁の両親は2人とも教師。二年生のたおに対しても大人の対応をします。なのでたおの寝る場所もしっかり作られ、布団が三つ並びます。

しかし、浦和の両親にとって、たおはいつまでも赤ちゃん。なので布団は二つで、お父さんお母さんと一緒に寝ることになります。たおは久しぶりにお父さんの腕枕!と喜んでいるのですが、お父さんは地獄です…。布団が暑いみたいで、すぐ掛け布団を蹴っ飛ばします。お父さん寒いです。眠いのになんとか起きて布団をかけます。なのに布団を掛けるとまた蹴っ飛ばします。そして最後はお父さんを全力で蹴っ飛ばします…。何故に元旦の夜にジャッキー映画のように蹴りを受け止め続けなきゃいけないんでしょう?年末で丸々太ったサモハンキンポーは、初夢を見ることも許されず、蹴りを受け止めて朝になるのでした…。

良い初夢を夢見て布団に入りましたが、富士も鷹もなすびも無く、初夢はスパルタンXそのものでした。アイヤー。

今年も家族共々、よろしくお願いします。