エガワヒロシのブログ

2018-02-23

音楽と友情


水曜日に行ったH i-5企画の「maximum volume」が本当に素晴らしかった。

トップのTOKYO LIFEはH i-5のてっぺいやんが敬愛するPEAL OUT、everything breaksの曲を本物のドラム(高橋先輩!)で演奏するというコンセプトのカバーバンド。エブブレに至ってはベースも本物の周平さん!凄い!そして近藤さんのあの記名性たっぷりの歌に立ち向かう勇者はウィルベリーのジョウさん!ナイスなメンツ!

と、なるはずでしたが、その目論見はアクシデントで脆くも崩れます。なんと!高橋先輩当日インフル発症!その連絡来たのがなんと当日10時半だそうで。コンセプトの土台が崩れ、どうする?どうなる?と気を揉みながら会場に向かうとなんと!ピンチヒッターにKAZIさん!高橋浩司のピンチを梶原幸嗣が救う!コージの穴はコージが埋める!そして結果これが素晴らしかった。当日の昼に連絡来て、やるよと答えるKAZIさんの男気が見えるようなプレイ。それに応えるメンバーの熱い演奏。近藤さんとは違う色でありながらしっくりくるジョウさんのボーカルも良かったなー。まあ何より大好きな曲をやるてっぺいやんが嬉しそうで。顔がキッズでした。

そしてお次はモーサムの百々さん。あの天然オルタナブルースは誰にも真似できない。それでいてどこかセンチメンタルなのがずるい。MCも佇まいも出してるギターの音もセンチメンタルとは程遠いのに、最後に残るセンチメンタル。そして野生。イギーポップだよね。この人は日本のイギーだ。

次は実は初めて見るBUGY CLAXONE。なんで今まで見てなかったんだろう?みんなに絶対エガワさん好きでしょ?と聞かれまくるくらいツボ。プリテンダーズとかにも感じるシンプルな良さ。シンプル故に練られたアンサンブル。それでいてメンバーそれぞれのキャラクターも違っててとても良い。あんなに陽性のバイブスを出すバンドとは思わなかったなあ。見てて自然に笑顔になってました。

そしてトリは主役のH i-5。まあこのバンドは外すことはないんですよ。演奏の熱やらプレイやらいつもバッチリ。今日も自然と体が動く演奏。マジで今がバンドの絶頂期だと思う。もっと若いバンドに見せてあげたい。サカナクションと一緒にやって欲しい。みんなビックリするんだから。

そしてTOKYO LIFEで最高の笑顔を見せてたてっぺいやんが、やっぱりH i-5やってる時が一番楽しそうだったのが良かった。小田くんと武田君もそうだけど、この人達はこのバンドをやるために生まれて来たんだろうなあ?そう素直に思えるのが感動的。私生活は色々あるんだろうけど、このバンドがあって初めて呼吸できる。そんな3人がずっと一緒にバンドやって20年って凄くない?感動しない?

音楽に友情はいらないのかもしれない。けど友情の絆も感じるバンドの音ってやっぱり優しい音がする。高橋先輩のピンチに当然の顔してやってくるKAZIさんも含め、この日の音はみんな優しかった。とてもステキな夜でした。

打ち上げはモーサム百々さんと幼馴染のalcanaたっくんの話がおもろ過ぎた。友達っていいな。年を取るたびにそう思う。友達なんていなくて良いと思いなぎら30を迎えた俺が言うんだから間違いないよ。音楽と友情と。あとは何がいる?

2018-02-21

目立ちたい


今週末の土曜日は、区の学童が集まり、それぞれダンスしたり、歌ったり、一輪車したり様々な発表をするフェスティバルがあります。たおの学童は残念ながら一輪車ではなくダンスなのですが、たおも出演します。昨年に続いて2回目。

昨年はダンスの練習を一回休んだだけでパニックになり、自分の立ち位置がわからない!と泣いたり大変でした。いやダンスのクオリティーなんてお遊戯会並みだし、みんなもそんなちゃんとダンス覚えてないんだから、そんな泣くようなものではないのですが、完璧主義な、何事も1番を求めるたおには許せないらしく。自信がつくまではそれはそれは苦難の道のりでした。

それが今年はみんなにダンスを教える立場になってるようだし、ダンスの時間が楽しくてしょうがないようです。まあリズム感は悪くないし、自然に16のノリが出るタイプなんで(親バカ)元々ダンス上手かったんですけどね。

そして今年の衣装の話になった時。上はみんなでお揃いの手を加えたTシャツを着ます。下はスパッツなり、スカートなり自由。するとたおが珍しく

「あのピンクのフリフリのスカートがいい!」

と言い出します。それはプリティリズムというアニメにハマっている時にその番組のショップで買った、レースのフリフリのついたピンクのブリブリにプリティ系のスカート。まあ小さい時に大好きだったスカートなので、なるほどなぁーと思っていると、初めての言葉が続きます。

「たお、目立ちたい!」

え?と聞き返したくらい初めての言葉。勿論親に見て見て攻撃するくらいの自己顕示欲はあるけれど、意外にみんなの前に出ることには興味ないタイプでした。本当に小さい時はアイドルになりたいとか、モデルになりたいとかありましたが、物心着くとそういうことも言わなくなり、テアトルアカデミーに入ってる時もテレビ出たいとかCM出たいとかも言わなかった。それが「目立ちたい」。いやはやびっくり。

これは一輪車で優勝したり、学校で先生に認められたり、色んなものが自信になって、その自信が外に出始めてるのかなぁ?と感じてます。最近のたおは何をやるにも自信たっぷり。この間の一輪車の舞台でも、リハの時に上履きの色を間違えてることに気付き、親が取りに帰る羽目になったのですが、前だったら動揺して泣き出すところ。それが今回は「まあ間に合ったらでいいよ」と言い出す始末。図太くなって来ました。

親としては図太く生きていける人になって欲しかったので、これは良い傾向。これからどんな世界になっていくのかわからないけれど、生き抜く力をつけさせるのが親の仕事。また少し前進したのかな?と思ってホッとしています。強く可愛く生きて欲しい。それが親の希望。

まあとにかくたおにとって一輪車はデカかったんだなあ。あれが全てのスイッチだった気がします。今日も夜は一輪車。もっともっと上手くなって、もっともっと自信たっぷりの顔が見たいぞ。たお。今日も頑張れよ。

2018-02-16

才能は埋もれない


昔、作家交流会という作曲家の集まりに参加したことがある。各方面で活躍する人が集まるのかと思ったら、これからの人達の集まりで、むしろ自分がベテラン扱いで面食らった。でもそこで、その時に坂東邑真さんという、まだその当時学生の、とても若い女の子に出会った。その子は今や売れっ子作編曲家となって活躍してる。この中島愛さんのアルバムにも参加してるんだけど、物凄い大御所に囲まれてる!凄い!

https://m.youtube.com/watch?v=aMp75avgMcw

その交流会の時にはっきり思ったことを覚えてる。間違いなくこの子が一番才能があると。自分も含めて圧倒的にこの子だな、と思ったことが印象に残ってる。この才能は埋もれたら勿体無いと思って、あるプロジェクトにも彼女を推薦した。僕は作家交流会で一度会っただけの関係。でもそんなことは才能とは関係ない。まあそのプロジェクト自体は頓挫してしまったみたいだし、そもそも彼女の才能に見合わない仕事だったので上手くいかなかったけれど、その後の活躍を見てれば自分の目に狂いはなかったなと思ってる。若くて、けどDTM系ではなく、スタジオでストリングスアレンジも行う実力は他の若手とは一味違う。

ゴーイングに紹介した橋口君もそうだ。そんな親しい間柄ではなかったんだけど、才能は完全に光ってた。なのでゴーイングキーボードを探してると聞いて、すぐに頭に浮かんだ。最後は悲しい別れになってしまったけれど、あの時橋口君を紹介した判断は間違ってない。

そもそもゴーイング自体もそうだ。その当時の新人発掘のディレクターに、三本のカセットテープのデモを聞かされ、どれが良いか感想を尋ねられた。その三本の中の一本はまだ桶川にいて、東京でライブをやったこともない若いゴーイングで、その音楽は圧倒的に輝いてた。

これは僕の目が優れてるとかいう話ではない。僕はこれから芽がでる才能を見極めるのは苦手だ。これから良くなるかどうかなんてわからない。でもすでに良いものならわかる。そしてそれは誰にでもわかる。

才能は埋もれない。才能があれば、少なくとも一度は絶対に陽の目を見る。ずっと輝けるかはまた別の問題だけど、才能あるものが誰にも見つからないなんて有り得ない。放ってなんておかれない。

だから誰にも見つからないのは才能がないんだと思ってる。それは自分を含めて思ってる。でも僕は、それでも自分の才能を信じて疑わないので、今日もまた音楽を作る。誰かが僕の音楽を理解して選ぶはずだと思ってる。まだその時がきてないだけだと思ってる。

自分が才能があると感じた人が活躍するのは嬉しい。正しい道がそこにあるんだと思えるからね。彼女の活躍に負けないように、自分も頑張らなきゃな。刺激になります。はい。

2018-02-14

たおは今日で野菜


今日は甘くてとろけそうな愛に溢れた日。そう、今日はたおの誕生日。

8年前の今日、もうこの時間には生まれてたかな。6時半くらいに生まれたたおはおじいちゃんにそっくりで、生まれた喜びよりもその驚きが大きくて。出産直後に夫婦2人で語り合ったなぁ。そして病室に置いてあった不自然にデカイ掛け軸は、留め金を外して開くと「誕生おめでとう!」の文字が。出産直後のグッタリした状況なのに急に鈴を渡され、先生と看護婦さんと一緒にハッピーバースデーを歌わされるという奇妙な経験もしました。あれは一生忘れられないなあ。

そんな歌と共に生まれて来たからか、たおは歌が大好きで、いつも何か歌を歌っています。特にお風呂は全力。色んなミュージシャンの本気の歌を聴いてるので、鼻歌のレベルじゃない、本気の歌声が響き渡ります。お風呂の裏がカラオケスナックで良かった。あれは本来近所迷惑の極みだもの。

ちなみに最近良く歌うのはミラクルミラクルの「天までとどけ」。プリキュア実写版みたいなテレビの主題歌。イマドキですよ。

まあ毎日よく食べてよく眠り、よく笑い、よく歌い、よく喋る。学校であったことは全て把握してます。幸せを絵に描いたような娘。学校も学童も楽しいそうです。それでも週末はさらに楽しいから、月曜日の朝だけはちょっと憂鬱なんだと。それも家が良い場所の証拠かな。学校に着いたらすぐに楽しくなるから朝だけだって言ってた。そんな幸せな状況あるかい?これは嫁と俺が誇れる仕事。親としての務めは果たせてると思います。

今日は家族で高級なお店でバースデーディナー。昨年はたおから「高級なお店で食べたい!」と言われ、どんなお店?と尋ねると「ガスト!」と答えるホノボノ具合でしたが、今年はたおが生まれる前まで良く嫁と2人で行ってた思い出のお店に行きます。一回だけどうしても行きたくなって、たおを抱っこしたまま食べに行ったなあ。騒がない静かな赤ちゃんだったので問題はなかったけど、あれは無理があった。今回はキチンとレディとして連れて行きます。

昨日、たおに「明日でたおは8歳、次は9歳、その次は10歳だ。ということはたおは明日で野菜、次は臭い、その次は天才だね!」というと大喜び。11歳は何?と要求されたけど、何も思いつきませんでした。難しいなあ、11歳。なんかあるかな?

たお、8歳の誕生日おめでとう!お母さんが昨日買ってきたチョレートを差し出しても、「ご飯の方が美味しい」と見向きもしないたおには野菜がピッタリだ!8歳も一輪車、歌、遊び、勉強と何でも全力で頑張れ!お父さんもお母さんも応援してるぞ!

2018-02-06

ミムラスは圧倒的に正しい


牡蠣アタックの余波でミムラスのライブについても書いてなかった。

先々週の金曜日に中目黒で行われたミムラス主催のライブ。これは書いておかなきゃいけないくらい大変なものだったのです。ミムラスはニューアルバムでオランダシンガーソングライター、ティムトレファーズと共演。日本でも一緒にライブをやりたい!といってなんと!自分でクラウドファウンディングを使ってお金を集め、自分で呼んでしまったわけです。なんでも自分でやる女、ミムラスの真骨頂!ディスイズハードコア

ミムラスはオランダまで行ってMV撮ったり、アナログ作ってみたり、カセットも作ってみたり、本当に行動力が凄い。それでいて音楽はチャーミングなソウルポップ。人懐っこいメロディー、残る言葉、お洒落なコード、そして手触りの残るサウンドプロダクション。シンガーソングライターとして理想的だと思う。でも活動は大変だ。傍から見ててもそれは伝わる。

今のシンガーソングライターシーンってどうなってるのか?残念ながら、どちらかといえば音楽が主役ではない。顔やコミュニケーション能力が重視されて、音楽が真ん中にいないことが多い。そんな中で音楽を真ん中に据えてこのシーンから一歩抜け出した山田稔明君とかもいるけれど、音楽中心での活動してるなあーと思える人ってバンド上がりが多く、その違いはライブハウス経験の有無ではないかと思ってる。カフェライブだけでやって来た人はお客さんとの近さが人気の基本になってるので、音楽が人間にマスキングされてしまう。

勿論それに自覚的で、抗ってる人もいっぱい知ってる。おじさんのファンしかつかないと悩んでる若い女性シンガーソングライターは、陰鬱なレディオヘッド流れの音楽を抵抗するように演奏していた。音楽的な冒険を果敢にしてるシンガーソングライターも沢山いる。でも人間人気の中に埋もれてしまう。

ミムラスはそんな流れに一石を投じるべく、オリジナルでDIYな、どちらかといえばパンクシーンとの共通項を感じるような活動をしている。2年くらい前から英語も習い始め、今では海外に出て行って絆を築いている(今もオランダからフランスに行ってる)。音楽を取り戻せ!そんな活動を続けるレジスタンスジャンヌダルクミムラスに重ねてしまう。

ミムラスを見ていると尊敬という言葉しか浮かばない。年下の妹分みたいな存在だけど、信頼しているし、応援してるし、もはや家族だ。でもそんなことを抜きにしても、音楽が素晴らしい。素直に音楽が届いてくれたら良いなー、そう思ってる。大事なのは音楽。まあミムラスは人も魅力的なんまけどね。

2018-02-05

たおが優勝したんだった


牡蠣アタックの影響で、たおの一輪車話のビッグニュースをしっかり書けてなかった。もう先々週の日曜日になりますが、たおさん千葉にて行われた一輪車の大会で優勝したんです。

夏の初優勝はビギナークラス2チームのうち1つであって、もし優勝しなくても準優勝というミニマムなものでした。ところが今回は8チームもいる中での優勝。いやこれは評価して良いと思います。しかも前回優勝時に一緒にやってくれた先輩は上野チームに行ったのでおらず、同時期に入ったチビっ子達だけでの演技。そして、その中でもたおと2トップと言って良い子が、一輪車の車輪を16インチから20インチに変えた為に不調に陥り、いつもの2トップでの安定感は期待出来ない状態。これは流石に無理だろう?と思ってたのですが、そんな中でもたおは1番の安定感を発揮。みんなを引っ張っての優勝でした。凄い。

前回は手に「優勝する」と書き込み、プログラムの自分の欄にも「優勝する」と書き込む力の入れようでした。しかし、今回はプログラムを見て8チームもいることを知ると、明らかに尻込みしてました。こりゃ難しい!と顔に書いてあるようでした。なので当日の朝も、前回同様目覚めて最初に「ついにこの日が来た!」とはつぶやきましたが、この日はその後二度寝…。こりゃ今日の優勝はないなーと思ってました。

そして会場への道のりは6年生と4年生のお姉さんと一緒に車で向かいます。みんなに可愛がられてたおさんのテンションアゲアゲ、ハリアップモードです。車酔いする人だったはずですが、楽しくて車酔いどころじゃありません。ノリノリで会場到着。

結局普段通りの、全く緊張も何もないノビノビした表情で本番。本当に楽しそうな顔で演技してました。正直チームとしての出来はまあまあくらい。そんな中でも安定感抜群の女、たおはノーミスでフィニッシュ。絶対に落車しないたおの安定感は恐れ入ります。不調だった2トップの子も本番はノーミス。流石。まあ、それでも全体のムードとしては、楽しく出来て良かったね、賞状もらえたら(6位からもらえます)ラッキーだね、というものでした。

そして表彰式。ビギナーの団体クラスの発表です。まず2チームに努力賞が送られます。ということは全員に賞状がもらえるということ。親御さん達も賞状もらえるならいいよねーなんて、努力賞決まりの雰囲気でした。しかし努力賞では名前を呼ばれず。これで入賞確定。良かった良かった、入賞したとなれば自信にもなるでしょう、なんて話し合う親同士。しかし、6位、5位、4位と別のチームが表彰されていきます。あれ?これメダル貰えちゃうよ!と大喜びの親達。しかし3位も呼ばれず。そして2位も呼ばれず。え?何?名前呼ぶの忘れてるの?とこんな事態でもまだ優勝を信じていない親。そして優勝発表!まさかのたおさんチーム優勝!ビックリ!そして困惑!喜びを爆発させるたおチーム。どうだ!と言わんばかりに賞状をこちらに掲げます。多分自分達でも優勝を信じれてはなかったはず。その中での優勝!これは自信になるはず。しかも先頭に立って引っ張ったのはたお。これは何かを得たんじゃないかなぁ?

ということで、たおさんの一輪車熱は高まるばかり。親の負担も高まるばかり。まあでもね、2年生にしてやりたいことがあるなんて幸せな事。夢中になれるなんて素晴らしいこと。ここは親が頑張るしか無いよね。いやしかし大会4回出て、2回優勝、優秀賞1回ってどんだけの勝ち運だよ。

今度は5月に合宿があります。たおちゃんパパも来た方が良いですよ!と至る所から誘われております。オレ行くのかなあ?はぁー…。

2018-02-02

牡蠣恐ろしや


月曜日のお昼に、ふるさと納税で送られてきた牡蠣の消費だ!と嬉々として牡蠣を食べまくったんです。そしたら生命の危機を覚えるくらいの牡蠣アタックを食らいました…。初アタック。

月曜日の夕方くらいからお腹が微妙になり、熱は微熱に。しかしこれは連日報道されてる、インフルのB型に違いない!と思ってたんです。だって一緒に食べた嫁は何ともないみたいだし。アイアンストマック嫁。

症状としては下痢は酷いですが腹痛というほどではなく。そして嘔吐とまでいかない激しい胸焼けみたいなのが続きます。しかしこの胸焼けがかなり酷くて、まず起き上がってるとダメ。そして左を下にして寝てれば良いですが、右を下にするとたちまち気持ち悪くなります。なので全く寝られない。そして夜中にはついに嘔吐。しかも食べたのがお昼なので、何も出ません。リアル胃液吐くまで。鶴ちゃんのプッツン5。

朝になってもちっとも良くならないので、医者に直行です。これが決死の行動でした。フラフラと自転車で辿り着いた病院の待合室、座ってるとどんどん具合が悪くなって来ます。腹痛も発症。そして座っていることにも耐えられなくなりそのまま倒れ…。奥のベッドに連行されました。最早急患レベルの患者に。こんなの初めて。初体験リッジモンドハイ。

牡蠣が原因だと診断を下した先生は迷わず注射選択。でっかいぶっといほぼ点滴な注射。それでもしばらく立てなかったんだから、それはそれは苦しかった…。注射無しには帰れなかったと思います。

帰りも自販機で飲み物を買う余裕もない状態。一刻も早く帰らないと途中で倒れる!と急いでまっすぐ帰ります。ジーパンを履き替える余裕も、上着を脱ぐ余裕もなくベットに直行。そのままダウン。テレビを見る余裕もないまま1日死んだように過ごしました。吐き気が24時間以上続くのとか地獄!

翌日は吐き気は治まりましたが腹痛は止まらず、食欲もなかなか戻らない。それでも徐々に回復。夕方にはお粥くらい食べられるようになってほっと一息。

そして木曜日。やっと仕事行けるくらいに回復。しかーし!今度はたおがお腹痛いと言い出す。今度こそインフル?我が家はついに野戦病院状態。まあ結局病院で診てもらった所ただの胃腸炎ということで一安心でしたが。ほんとインフルじゃなくて良かった。そして今日はみんな揃って普通に朝を迎えることが出来ました。いつだって大丈夫なのは嫁。生き残るのは嫁が。我が家の強さの象徴

今週は何か悪い流れの中にでもいるような苦しい週でした。牡蠣は恐ろしい。それだけはわかりました。こんな凄い奴に当たられて、今年はこれを機会に当たり年にしたいもんだ、と思う少し痩せた俺がいます。宝くじでも買うかな。