エガワヒロシのブログ

2018-04-18

日本一のパートのおじさん


僕は作詞作曲家と一応名乗れるくらいの活動はしているのですが、それでも満足にたおにご飯は食べさせられません。なのでサラリーマンを辞めて作詞作曲家として四苦八苦した結果、今はそのサラリーマンやってた会社にパートで働きに行ってます。時間も短く、出勤も少な目で。音楽中心、子育て中心を理解してもらってのパート。

そこは20歳の時からアルバイトしていた会社で、何度も辞めては戻り、最後は社員にもなりました。まあその後、たおの子育てのために社員も辞めるわけですが、まあとにかく長年お世話になっている会社なわけです。

ということで今はパートのおじさんですが、元社員。しかもその現場を仕切っていた人でもあります。面白いのが、今の現場を仕切っている女性は、僕が面接して採用した人。なので元部下。しかもその人には僕がとてもお世話になってる恩師を紹介して結婚をしているので、恩師の妻。なので関係性を説明すると、元部下で、今上司で、恩師の妻(笑)複雑な!いや仲良しなんですけどね。だって俺その結婚の保証人だもの!

そして新年度になると新しいメンバーが入ってきたりします。そこでは自己紹介をしなければいけません。そこではまず

「どうも、パートのおじさんの江川です」

と挨拶します。しかし周りの扱いがあまりパートっぽくないのでまず困惑します。そして必殺の最新フレーズ。ウィークリー1位を獲得した今しか使えないフレーズを投下ます。

「今、日本で1番売れている作曲家です」

みんなそこで目を丸くします。冗談ですよね?と大体言われ、周りのメンバーが本当なんですよーと苦笑いしながら答える光景。いやそりゃびっくりするだろう?入社してそこにいるパートのおじさんがオリコン1位だったら!

まあ音楽だけで暮らせたら1番良いけど、なかなか難しいのが現実。僕の知ってるミュージシャンで、他に仕事してない方が珍しいくらいが現状。なのでそこに悲哀は感じないけれど、そんな状況でも音楽を作り続ける人達の音楽愛と、音楽に懸ける想いを感じて欲しい。そして音楽を気に入ったらライブに行って欲しい。音源買って欲しい。グッズも買ってあげて欲しい。誰かの身を切ったリアクションが一番の音楽家の養分。それは金銭的なことだけじゃなく、そこまで気に入ってくれた事実が大事なわけです。

まあ僕の今回の作曲家として良い結果はほとんど自分の力は関係ないと思ってるけど、それでもたくさんの人に届いた喜びがある。逆の悪い方については自分の力が足りなかった‥って思うから、身が引き締まる思いなんだけど。どちらもまた曲を作るエネルギーになります。みなさんどうもありがとう。

というような日記の投稿が朝からに多いのは、出勤の電車の中で書いてるから。もうすぐ到着だ。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/egawahiroshi/20180418/1524011959