エガワヒロシのブログ

2018-06-11

殺人犯を育てない為に


凄惨な事件を見る度に、子育ての重要性を突き付けられる思いです。何故そんな思考に、何故そんな心に育ってしまったのか。子育ての間違いさえ無ければ、あんなことやこんなことは起きなかったのでは?そんな思いが強くなります。

ただそれは検証の話であって、今、当事者の親を責める気にはなれません。悪意で起こしたものではなく「失敗してしまった人」を大声で叩くのは気が引けます。勿論、自分が被害者側の人間だったらそんな冷静でいられるわけないですけど。

子育てで大事なのは「子供を愛すること」と「親が楽しく暮らしていること」。この2つだけだと思ってます。この2つがうまく行ってれば、そんな酷いことにはならないと思うんです。

ただこれには注意点があって、特に「子供を愛すること」についてはねじれてしまっている人もたまに見受けられます。

まず、この子を愛してるという気持ちが自己愛から生まれてないのか?常に注意が必要です。しつけとの名ばかりに、自分の体裁を良く保つ道具に子供をしてる親をよく見ます。子供が失敗したり、成績が悪かったりしたら恥ずかしいと感じる親。それは子供への愛情ではないです。自己愛。これは本当に子供の為?という問いかけが常に自分に無ければ、簡単に陥る罠です。常に胸に手を当てて考えないといけない。

そしてさらに重要なのは、伝わらなくては意味が無いこと。愛してるなんて言ったって、向こうが感じ取って無ければ意味がありません。特に小さい時は察するなんて無理です。とにかく抱きしめる、子供の顔を見て笑う、あなたがいて幸せだという気持ちを思いっきり表現しないといけません。

そして愛情が伝わったら、後は子供が間近で見る一番具体的な未来の形、「親の人生=大人の生活」が良いものであると思わせてあげることです。これはとても大変です。そんな充実した人ばかりではないですよね。でも親がため息ばかりついて、愚痴ばかりこぼしてたら。子供が未来に光を見出すのは難しい。親は子供にとってのモデルケース。それを否定するでも肯定するでも、親がイキイキしてなきゃ、大人になんてなりたくないと思う子供になってしまいます。だから人生を楽しむ。そんな楽しみ方を教えるのが親の役目だと思ってます。

結局子育てって自分の人生を検証することになるんです。俺はこれで良いのか?何があれば自分は幸せなんだ?という根本を見つめる作業。それを繰り返すタフな作業になります。でもそれをやらなければいけないのが子育てだと思ってます。親の背中を見せる。まさにその通り。

言うのは簡単ですが、これをやるのは大変です。必死にやらなければこのハードルは乗り越えられません。でも愛情を感じている、受け取っている子供の笑顔は本当に美しいです。安心した子供の顔には平和を示す何かがあると思ってます。

まあ僕は1人しか育ててないし、お前なんかに偉そうに言われたくない人も多数だとは思いますが、こんな単純なことも見落としてしまいそうな世の中になってる気がして。これが正解なのかもわかんないけれど、僕はこんな風に考えて子育てをしてます。

自分の子供を殺人者にしたくない。子供の人生にあんな闇はいらない。でも闇は別に遠くにあるわけではない。自分と関係ない話ではないことだけは肝に命じておきたい。あの子の親だって、そんなつもりで育てたはずではないと思うから。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/egawahiroshi/20180611/1528702848