エガワヒロシのブログ

2018-06-12

ワールドカップの日本を夢想する


ついに始めるワールドカップ。細切れ睡眠で対峙する四年に一度の祭典。日本の戦いを夢想します。

ワールドカップというのは王位継承の瞬間となることが多いです。カズから中田へ、俊輔から本田への瞬間もワールドカップでした。

今回も功労者なので申し訳ないけれど、本田から王位を移さないと戦えない。トップ下では全く機能してないし、他の居場所は見当たらない。やるなら大迫の代わりでトップ。そこ以外にない。

じゃあ代わりは誰なのか。残念ながらこの人!というのはいない。柴崎と大島が候補だけど、王様という感じはしない。日本は王様のいない、コレクティブなチームに舵を切ります。

キーパーは中村。川島が衰えたとは思わないけど、2010年の楢崎のような、役目は終わった感が漂う。そこに出て来た若くてアグレッシブな中村。起爆剤としてこの変更は必須と考えます。西野さんが押したスウィッチの象徴としても必要。新しい何かが始まるイメージ。

そして4バックでも3バック+ウイングバックでも吉田、長友、酒井宏は盤石。まあウイングバックに元気はありえるけど。

後は槙野問題。スピード勝負には槙野だと思うけど、フィジカル勝負で勝てるのか?でも鹿島コンビもそこまで信頼感はない。ここは消極的に槙野選択。鈴木大輔間に合わなかったなぁ。

ワンボランチは長谷部一択。3バック真ん中も長谷部一択。長谷部アウトならダブルボランチ一択です。

三角なのか逆三角なのかもありますが、長谷部以外には大島と柴崎を置きたい。これで守れるの?と言われても山口蛍とそんなにこの2人の守備力に差があるとも思えない。むしろボール回しの質を考えたら山口蛍の起用には消極的です。

秘策はインナーに乾。エイバルでもやってるし、最近の守備力の向上具合を見るとそれも良い。しかも元気を本職の左に持ってきて、乾と2人絡ませたら何かが起こる気がする。

そしてFW真ん中は基本大迫。裏にスペースがあるなら武藤。大迫に何かあって、キープ力求めるなら本田。岡ちゃんはここでは生きない。

左は乾か原口。宇佐美は3バックで2シャドーの時のみかな。トップ下なら宇佐美か香川もあり。乾でもあり。柴崎も。

右は岡ちゃん。あの守備力と斜め裏に抜けていく攻撃は絶対に通用する。というか右に適任いないんだから、ザック時代再びだけど岡ちゃんで良いだろ。それ以外は原口を右に回すしかない。それかマルチな柴崎にやってもらうか。あ、武藤もいたか。

これがエガワジャパンの基本布陣。サイドバックのサブはいつだって酒井高徳サイドバックセンターバックボランチも何かあったらうちの遠藤航。これでベスト8を目指す。

戦績予想はコロンビアは初戦でコンディションがまだ上がってなくて引き分け、セネガルアフリカのムラが出て勝ち、ポーランドは勝ち抜け決定してて気が抜けてて勝ち、これで2勝1分け。ほぼ相手の自爆待ちで決勝トーナメント進出(苦笑)なんて都合の良い予想。

まあ何でも良いから勝って欲しいね。あの湧き上がる感じをまた味わいたいんですよ。そして、必ずどこかで負けると思うので、負ける時はしがみついて、泣いてる子が腕を振り回すような、無様なぐらいに食い下がって負けて欲しい。というかそんな日本が見たい。それだけが見れたら満足。

見本は前回のアルジェリア。あのドイツ戦、感動したなあ。あれが見たいんです。あれだけでいい。納得できる負け。それが見たい。まあその指揮官が日本のベンチにいるはずだったんですけどね。なんともはや。

まあ色々言っても100%で応援しますよ。ワールドカップ以外は全て練習試合。本当に負けられない戦いがやって来ます。興奮して鼻血出す準備は万端です!

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/egawahiroshi/20180612/1528763818