エガワヒロシのブログ

2018-06-29

無様


ポーランド戦のあの西野監督の決断がこんなに騒がれるとは思わなかった。いや美学の話はわかる。かっこ悪いだろ!とかそんな情けないことしてまで決勝トーナメント行きたいのか!とか。スポーツ的にもエンターテイメントに反するからブーイングする人の気持ちもわかる。俺も試合中はなんだよ!って怒ってたし、何より0-2だったらわかるけど0-1だもの。取られたら終わりなのにそっちに賭けるの!?と思ったよ。他力本願?って。

でも1点取りに行って追いつく確率と、1点取りに行ってやられる、またはイエローなりを貰っちゃう確率、そしてボール回しして失点とカードを避け、尚且つコロンビアが耐えきる確率。この3つを今冷静に考えると最後が1番だよなぁーって思っちゃうんです。そう思っちゃうこと自体が今回批判してる人には許せないんだろうけど。

それに負けてるのに!っていうのも、実際は3戦トータルで負けないのが大事で。あの瞬間は僕も負けてるのに!って思ったからそんな割り切れるもんじゃないけど、実際は3戦通して突破の為に戦略を練るわけですよね。だからあれは負けてる局面ではない。むしろリードを守ってる状況だと考える。

そして選手も西野さんも積極的な決断ではないことも考慮に入れたい。ブラジル勝利した後も守備的だと揶揄され、悔しさを胸に秘めたクライフ信仰者の西野さんが、あの選択をした苦渋を想像したい。あのオリンピックで決勝トーナメントに行けなかった後悔がそこにあるんだと理解したい。

そしてあの状況で一枚岩になれたこと、嫌われ者になってももう一段上に行くんだという泥臭い姿も評価したい。そしてその姿にシンパシーを覚える僕は、不恰好なまでにがむしゃらな人が好きなんだな、と思った。そんなことまでして勝ちたいのか?という問いには、そんなことまでして見たことのない地平を目指すことにロマンを見てしまうのだと答えたい。

これでベルギー戦は無様な試合なんて出来なくなった。これで終わったらそれこそ笑い者だ。だから次の試合を見てから今回の代表への評価を決めて欲しい。歴史を作る気概があんな無様な姿にはあるんだと思ってる。あの無様な代表も戦ってないなんて思わない。

僕はパートしながらでも音楽を続けて、ヒモだの嫁のおかげだの言われながらも音楽を作り続けてる無様な自分を、この代表に重ねてます。ルールは破らない。僕のルールは嫁とたおが笑ってること。でもそれ以外はルールに問題がなければ、法律を犯さなければ、人間の尊厳を損ねなければ、何でもやる。

まあ時間稼ぎのコーナーフラッグ近辺でのボールキープを、スポーツマンじゃない!という高潔な人には申し訳ないけれど考えが違い過ぎるんで謝ります。それはもう申し訳ない。俺の魂が汚れてるんです、と言いたい。でも、それでも僕はあんな風に上を目指す代表が好きです。

僕は次も全力で応援しますよ。全力でね。他の国はこれでそっぽ向いたんだろうけどさ。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/egawahiroshi/20180629/1530261500