エガワヒロシのブログ

2018-07-03

終わりは始まり


日本のワールドカップ終わっちゃいました。ベルギーに2-3の惜敗。勝てた試合だったなあ…。

でも実力通りの敗戦でもある。日本は交代策で攻撃を活性化する人材がおらず、向こうにはすばしっこいメルテンスから、パワーと高さのフェライーニのように目先を変える手札が残ってた。まあ日本も中島選んでればな…。ベンチワークの差でもある。

でも色んなことがわかった、とても有意義ワールドカップだと思う。

まず日本は前からハメる守備しかない。後ろに下がったら絶対に耐えられない。だから第一に必要なのは前に行く勇気。それが大前提。

そして前に行くなら後ろにスペースが広がるので、GKは守備範囲の広い人じゃなきゃならない。今日の川島の守備範囲ではどうしようもない。吉田も昌子も悪くなかったけど、あの範囲を守るのは無理。

そして攻め手は動きながらパスを回してのカウンターが中心。柴崎、乾、香川、そして長友が見せたあのアタック。あれが日本の攻撃の形。本田のように、ザックの時のようにじっくり回して攻めていては守備の穴は開かない。アジアではそれでよくてもこのレベルでは無理。そして日本のそんな攻撃は世界のトップレベルにも通用する。ハエがたかるように(by岡ちゃん)人数をかけて動き回る。

そして、この攻守を考えると第一に必要なのは運動量。これは必須。1人でも運動量の少ない人がいたら崩壊する。今日も本田が入ると苦しかった。宇佐美もこの点でもう選外。原口元気がたくさんいるのが理想。元気にはエイバルで乾に守備のイロハを叩き込んだメンディリバル監督に鍛えてもらえたら。運動量は問題ない。あとは効率。そうすれば交代枠を使わなくても良かった。

あと必要なのは細かなパスをつなぐテクニックだね。でもこれは日本の得意な形。中島も森岡も、それこそ久保君も得意でしょ。

これを大雑把にレジュメすると、運動量が多くて全員守備全員攻撃のパスサッカー。そしてそれは…オシムが目指したサッカーなんだと思う。日本の居場所はあそこ。メキシコサッカーをもっと効率よく、ラテンのハズシがない真面目な規律の整ったサッカー。しっかり水を運び、リスクを犯して勝負する。これが日本の目指す道ではないでしょうか?

名前をつけるならムービングフットボール。それはあの城福監督が提唱したサッカー。そしてその監督が率いる広島が今首位にいるわけです。

それではこれからの日本サッカーにはどんな人材が必要か?

GKは前述の通り。そして柏の中村はそれに合致する。今大会彼に経験を積ませられなかったのは痛恨の極み。たらればになるけど、中村ではグループリーグダメだったってことはないと思う。そしてベルギーにも果敢にアタックしたと思う。

そしてサイドバック。今回は酒井も長友も素晴らしかった。守備はしつこく、攻撃ではキレのある走りができる人。ここも日本のストロングポイントだから勝手に育ってくる。

センターバックは難しい。高さと強さをこれ以上日本に求めるのはサイズ的にも体格的にも無い物ねだり。吉田と昌子レベルが引き続き出てくることを祈る。ボール回しのテクニックは必須。

ボランチは山口蛍型は厳しい。というか山口蛍型に大島、柴崎レベルの展開力が欲しい。日本はどっちかとか言ってられない。今回の柴崎の守備は素晴らしかったからあれが理想かな。だからこそなんで今日代えたのか…。

両ウイングは乾が完成形。あのプレーのキレにあの守備意識。元気もそれを目指すべき。中島にも守備の意識を。

トップ下は香川型で良い。もっとボールに絡んで欲しかったけど、あの捕まえにくい、動きながらのプレーが必須。森岡や久保君がそんな選手に育ってくれたら。

そして最大の懸案事項はCF。大迫の次は誰が…。正直大迫でも物足りないのに、大迫レベルの選手が出て来る気配もない。ここだけはなんとか解決しないといけない。

僕が一番好きなサッカージャーナリスト西部謙司さんがツイッターで言ってたコメントがしっくりきた。

素晴らしい試合だった。足りないのは「高さ」。じゃなければ自陣に入れさせない守備を継続させる「スタミナ」、あるいはキープし続ける「技術」、打ち合いを制する「決定力」。で、どれも現時点でどうにもならん。やるべきことをやったから、さらに課題がみえた。良いW杯だった。

やることたくさんだ!

あ、あと1つだけ特筆すべきこと。それは諦めない、ビビらないメンタル。今回はそれが素晴らしかった。そしてそういえばそんな試合を見せてくれるのはいつも日本人監督の時。

全く実力が追いついてなかった98年も腰は引けてなかった。10年も今回も。

しかし2002年のトルコ戦のモヤモヤに始まり、ジーコでもザックでも終戦時の煮え切らない感じが忘れられない。やはり日本人監督が良いのだろうか?

でもメンディリバルジャパン見てみたいな。勿論ベンゲルも。本命はビエルサ。海外サッカー好きの妄想天国。

あぁ、また四年の長い道のりが始まる。今回は力は出し切ったよ。感動をありごとうとは決して言わないけど、ご苦労さんとは言いたい。120パーセントでもベスト8には届かなかった。もっと強く。コツコツと。ベスト8の壁、メキシコは20年挑戦し続けてるんだから。