エガワヒロシのブログ

2018-07-04

代表監督狂想曲


恒例の代表監督狂想曲始まりましたね。西野さん退任でクリンスマンだって。

まあこの辺の情報はまだ鵜呑みにしてはいけない。ただ西野さんの退任はしょうがないかな?と思う。10人の相手に1勝したのみだし、采配の妙みたいなものは感じなかった。本田と川島に拘ったことによる迷走もあった。勿論あれだけしか準備期間無くて、できることなんてないから、良く頑張ったとも思う。スピリットみたいなものは見せてくれたし。でも西野さんは監督業からもはや距離を置いていた人。

代表監督は日本人じゃなきゃ!って殊更叫ぶ人が結構いますが、日本人だったら最後の1、2年でも間に合うよ。むしろ4年任せるとマンネリするかも。なのでそういうことは問わず、日本のサッカーを伸ばしてくれる人、今の人もボールも動くサッカー、ムービングフットボールの精度を上げてくれる人なら誰でも良い。

でもやっぱり相性ってあって、日本人に合わないとダメ。俺はスタンスとしては2014年アルジェリアに感動した人間なのでハリル擁護派。でもハリルが日本人に合わなかったのは間違いない。戦術じゃなくて人間。トルシエと一緒。あの人達はアフリカがぴったりなんだと思う。個人主義フランスの匂いが強く、絆や連帯に重きを置く日本人とは合わなかった。

じゃあ外国人でも日本を経験した人!って良く意見を耳にしますが、じゃあジーコは?ってなる。ジーコは神様として扱われて初めて力を発揮するんだと思う。だから鹿島では良かったけど、代表はそういう場じゃなかった。神も地上に降りて来て言葉をかけなきゃいけなかったけど、神様だからその必要はないと思ってた。

日本人向けの性格があるんだと思う。基本繊細な人だね。日本人の細かい機微に反応してくれる人。そういう意味ではベンゲルはありだよね。あのディアビに情けをかけ続けた義理人情の世界は日本に合う。まあ代表監督としてどうなのかはわからないけど。

クリンスマン指向するサッカーは合ってると思う。でもアメリカ代表時代の評判はあんまりだし、あのアメリカナイズされたドライな感じはウェットな日本とは合わないかな。ドイツ復興の礎を作ったのは間違いないけど、あれは裏にレーブがいたから。レーブみたいな人を連れて来られるなら良いけどね。そんなにこれだ!とは思わないかな。

ビエルサは空いてるんだよね。究極の実験だけど、日本の従順さとビエルサのドリル式サッカーは合う気がするんだよね。運動量勝負なところも。怖いもの見たさも含めて見てみたいなあ。

でもいずれにしろ日本人コーチは必須。そこからオリンピックを経験させて、その監督はみんな代表監督候補になる今の方式は悪くない。反町、関塚、手倉森、森保と歴任したメンバーはいつでも代表監督任せられると思ってる。反町さん見たいな。カッコいいし。ポールウェラーとかデキシードミッドナイトランナーズ好きな監督とか最高じゃない?

本田がいない状況でのザックってのも見てみたいかな。本来あの人が指向するサッカーって今の日本に近い気がしてる。本田の意向に引っ張られてポゼッションサッカーになっちゃっただけなんだと思うから。

あと究極、ファーガソン現場復帰ってのはどうでしょう?パンチはあるよー。これも参謀郵趣な人が必要だけど、ファーギーが言えば良い人来てくれるんじゃないかな?モイーズじゃ困るけど。

あーどこかにオシムみたいな、チェコブリュックナーみたいな、教授タイプの監督いないですかねえ?ああいう人が1番好きなんだよねえ。イルレタとかさ。サッカー好きの知恵求む。

こうやってウダウダ考えるの好きだから、一貫性がない!って凄い怒る人達には怒られそうだ。でも日本サッカー、ちゃんと積み上がってるよ。みんな悲観的過ぎるよ。進歩してるって。セルジオみたいな批判するための批判みたいなのは嫌だね。夕刊フジもか。建設的な議論が高まればいいね。

さあ、誰がなっても応援します。それは絶対。でも堅守速攻とかポゼッション命の人はやめてね。やっと方向性が定まったんだから。それだけは継続でお願いします。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/egawahiroshi/20180704/1530693691