エガワヒロシのブログ

2018-09-04

たおが泣かない為に

昨日も家でたおの勉強問題勃発。52人が6人掛けの椅子に座るには、椅子は何脚必要でしょう?すでに式は問題中に出てきてる。52÷6=8あまり4と出ている。その上で8+□=□の式の□を埋めなさいという問題。昨日号泣しながらやった問題と全く一緒の内容。でもわからない。

嫁はわからないこと自体が大問題だという。まあそうなんだけど、それ以上に俺が気に食わないことがある。それは態度。

プライドが高いたおは教えて貰うのが悔しくて仕方ない。なのでお父さん教えて、と言うのにほとんど話を聞かない。それでいてわかってたとか言う。突っ込むと違う答えが出て来て、その場その場を誤魔化そうとする。それがどうしても許せない。そしてお父さん大激怒!自分がどんな態度でお父さんの話を聞いてたか実演してやる。こんな態度で言われて頭に来ない方がおかしいだろ?と問い詰める。勿論それにもわけのわからない屁理屈をゴネるわけだけど。

そんな態度ではお父さんもお母さんも怒っちゃうし、そもそも教えるプロじゃないから塾なり公文なりに行けという話になった。そしたら行きたくないと大号泣。いや、親としては行かせたいわけではない。どっちかといえばうちは塾否定派だ。でも今のままではまずいし、お父さんお母さんも毎日泣き喚くたおなんて見たくないと話す。それでも大号泣のたお。しかも行きたくない理由が、後から入ると自分ができない方だから嫌だってのが納得いかない。永遠に続く押し問答。

たお号泣のまま夕飯。ご飯を食べれば少し落ち着く。そこで優しく、文章が理解出来ないってのは、社会に出て色んな人に騙されちゃう。もしくは騙すつもりがない人とだって、話が噛み合わなくて喧嘩になっちゃう。それで泣くのはたおだ。お父さんお母さんはそんなたおは見たくないから、今一生懸命泣かれながらも教えてるんだよ、と諭す。これには少し納得した模様。

たおは文章と時計が苦手。これは大人になった時に最低限身につけておくべきこと。そのうち身につきますよと沢山の人に言われた。でも苦手意識のまま身について欲しくない。こんなことを苦手と思って欲しくない。

完璧主義で、自分が上位にいないと許せない。それでいて教わるのは嫌い。話を聞いて欲しいだけで何かして欲しい訳じゃないの!とか言う面倒臭い女。こんな女に誰がした?と思ってたら、友達からこの間グサリと刺さる一言。

「面倒臭い女なんて1人じゃ出来ないよ。男が面倒臭い女を作るんだよ!」

ぐうの音も出ない一言。たおは出来る!ってやりすぎたかなぁ?プライドが高い女になってしまったかも。こんなに刺さる言葉はこの10年で一番。作詞家なのに。

子育ての迷宮はまだまだ続く。嫁も俺もグッタリです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/egawahiroshi/20180904/1536021470
リンク元