エガワヒロシのブログ

2018-09-07

金色キラキラ


たおが一輪車で賞状をもらった日に、一人でベロベロに酔っ払って落として画面バキバキiPhoneでしたが、無事お勤め終了。新しいiPhoneになりました。まあ別に新機種にしたわけでもないので、何も変わりませんが。

データの引き継ぎも完了、特に問題もなく使っております。まあ唯一画面に貼ったシートに見事に空気が入ってることくらいですかね、問題は。でとそんなものは問題のうちに入りません。だってこの半年以上バキバキ画面で暮らしてきたんですから。よく画面が見えますなあ。

今回の色は金色にしました。昔のまだガラケーだった頃、金色の携帯を使ってたんですよ。しかもなんとも言えない絶妙な色合いで、みんなからスケベ椅子携帯と呼ばれていたやつ。なんとも滑らかに曲線的なフォルムがまた泡の世界を想像させるんです。行ったことないけど。熊本エアポート。

そういえばこの間キラキラネームの話になったんですが、今までで最強のキラキラネームを聞きました。「月」と書いて「ルナ」なんて甘い、「心新」と書いて「みにい」なんてまだまだ。

その名は

泡姫

ですよ。さあこれで何と読む?「ほうめ」?「ほめ」?「あわき」?正直全くわかりませんでした。そこでヒントが。それはディズニーディズニー好きの親らしく。でも、ディズニーでそんな泡の世界をマットで乗り切るようなのいたか?金色の椅子に座ってるようなのいたか?三つ指ついて挨拶するようなのいたか?行ったことないけど。熊本エアポート。

そして名前を聞いてびっくり、見てないけどびっくり。その名はなんと。


「アリエル」

ありえないね!アリエールで洗いたいくらいありえないね!泡姫でアリエル。ソープでアリエル。そんな名前の人が面接に来るって聞いたら、人事担当者は身構えるね。コンパで泡姫来るって聞いてたら男性陣色めき立つね。学校の先生は新入生の名前読み上げる時に顔を赤らめるよね。いや、このキラキラネームは殺傷力高すぎる。高すぎるよ高杉くん!

ほかにも「野菜」と書いて「ベジ」とか、読み方そのままだけど「一寸法師」とか。江川一寸法師?考えられん…。いやはやなんとも。

僕の周りにはそこまでのキラキラいませんね。最近は落ち着いて来たのかな?悪魔君は時代の先取りだったんだな。ある意味。

たおはキラキラかなあ?そんなにない名前ですからね。土屋太鳳ちゃんが出てくる前だったし。今はメジャーになりましたけど。両親は「は!?」って顔してましたね。今は両親も気に入ってますけど。

たおの漢字は「妙緒」。江川妙緒です。妙なるくらいに美しく、人と人を鼻緒のように結ぶ人になってもらいたいという意味を込めて。そして「タオ」は中国語「道」という意味もあるので、自分の道を行って欲しいという意味も入ってます。名前の意味と乖離してないかなあ?たお、どんな子に育つんだろう?

通勤のヒマな時間の当て所ない日記でした。本当に行ってないよ。熊本エアポート。

2018-09-04

たおが泣かない為に

昨日も家でたおの勉強問題勃発。52人が6人掛けの椅子に座るには、椅子は何脚必要でしょう?すでに式は問題中に出てきてる。52÷6=8あまり4と出ている。その上で8+□=□の式の□を埋めなさいという問題。昨日号泣しながらやった問題と全く一緒の内容。でもわからない。

嫁はわからないこと自体が大問題だという。まあそうなんだけど、それ以上に俺が気に食わないことがある。それは態度。

プライドが高いたおは教えて貰うのが悔しくて仕方ない。なのでお父さん教えて、と言うのにほとんど話を聞かない。それでいてわかってたとか言う。突っ込むと違う答えが出て来て、その場その場を誤魔化そうとする。それがどうしても許せない。そしてお父さん大激怒!自分がどんな態度でお父さんの話を聞いてたか実演してやる。こんな態度で言われて頭に来ない方がおかしいだろ?と問い詰める。勿論それにもわけのわからない屁理屈をゴネるわけだけど。

そんな態度ではお父さんもお母さんも怒っちゃうし、そもそも教えるプロじゃないから塾なり公文なりに行けという話になった。そしたら行きたくないと大号泣。いや、親としては行かせたいわけではない。どっちかといえばうちは塾否定派だ。でも今のままではまずいし、お父さんお母さんも毎日泣き喚くたおなんて見たくないと話す。それでも大号泣のたお。しかも行きたくない理由が、後から入ると自分ができない方だから嫌だってのが納得いかない。永遠に続く押し問答。

たお号泣のまま夕飯。ご飯を食べれば少し落ち着く。そこで優しく、文章が理解出来ないってのは、社会に出て色んな人に騙されちゃう。もしくは騙すつもりがない人とだって、話が噛み合わなくて喧嘩になっちゃう。それで泣くのはたおだ。お父さんお母さんはそんなたおは見たくないから、今一生懸命泣かれながらも教えてるんだよ、と諭す。これには少し納得した模様。

たおは文章と時計が苦手。これは大人になった時に最低限身につけておくべきこと。そのうち身につきますよと沢山の人に言われた。でも苦手意識のまま身について欲しくない。こんなことを苦手と思って欲しくない。

完璧主義で、自分が上位にいないと許せない。それでいて教わるのは嫌い。話を聞いて欲しいだけで何かして欲しい訳じゃないの!とか言う面倒臭い女。こんな女に誰がした?と思ってたら、友達からこの間グサリと刺さる一言。

「面倒臭い女なんて1人じゃ出来ないよ。男が面倒臭い女を作るんだよ!」

ぐうの音も出ない一言。たおは出来る!ってやりすぎたかなぁ?プライドが高い女になってしまったかも。こんなに刺さる言葉はこの10年で一番。作詞家なのに。

子育ての迷宮はまだまだ続く。嫁も俺もグッタリです。

2018-08-31

努力は必ず報われる


いや乗っけからあれなんですけど、報われたかどうかは、どこまで行ったら報われるとするのかによるので、そんな青臭い話ではないんですが。

今朝もたおの世話の後、仕事に行くまでに40分時間があり、その時間で一本ギターを録音しました。毎日毎日音楽に向き合う日々。これを努力というのかはわかんないけれど、とにかく俺頑張ってるの!自分で言うからダメなんだってたおにも言われたけど。苦笑

そして昨日はいつもと同じギター、同じセッティングでアコギを弾いてたのに、音が全然違ってました。なんだこれは?ってSNSにアップしたら、大先輩からコメントが。それは上手くなったんじゃない?なんて言われて。は!となりました。確かにちょっと上手くなってる。それ以外にアレンジもミックスも、ピアノの演奏もベースだって、ドラムの打ち込みだってどんどん上手くなってる。なので最近は楽器弾くのもアレンジ考えるのも楽しい。こうなると、もう充分努力は報われてると言えるのでは?と思っちゃうんですよ。青臭い俺としては。

まあコンペばっかりの作曲家ですから、採用されなかったら報われてるとは言えないでしょ?って言われたら愚の音も出ないわけですが。でもそこは生粋のミュージックラバー。正直、手応えのある曲が出来る、完成度が上がるだけでニンマリなのです。自分で作った曲を聴いてニンマリするダメなミュージシャンなんですよ。でも音と戯れるってそういうことかなと、

僕はシンガーソングライターとしての努力が足りなかった。大志も抱いてなかったから、ワンマンライブって言われて、そんなの出来るの?って顔してた。あれじゃダメだ。あんな奴売れるわけない。

でも今は作曲家としては努力も出来てる。大志も抱いてる。努力も報われてる。

努力ってしてみるもんですよ。何でも良いからやってみる。たおにはそれ頑張れば頑張ったエネルギーが溜まって、自分がやりたいことに出会った時にそのエネルギーが使えるんだよ、って説明してます。俺の頑張ったエネルギーはどれくらい溜まってるだろう?

まあ努力なんて面倒と思うかもしれないけど、何やっても無駄になんかならないのが人生。どっかでその努力は回収出来ると思います。思いもよらないところかもしれないけれどさ。

2018-08-29

子育て第三段階


たおは勉強ができないわけではないですが、とても文章問題が苦手です。国語は勿論、算数も文章が理解できていないので間違うことが多く。悩みのタネとなっています。

それは文章を読んでも映像化ができていないのが原因のようで。それならもっと本を読ませなきゃ…と思ってるのですが、そもそも本読みは学年で一番のレベルで読んでるのです。冊数を記録して行く台帳みたいなのがあるのですが、それはナンバーワン。でもそこに落とし穴。

読書量ナンバーワンの実態。それはとにかく冊数を稼いでいきたいので、まあ簡単な本が並んでいること。中には「もけらもけら」という言葉遊びな意味のない言葉が並ぶ幼児が読む物、果てには文字のない本までありました。その読書は本が好きなわけではなく、読書量ナンバーワンになりたいがために読んでいたのです。

勿論まだ読んでない本を書き込むほど悪知恵は働きませんが、でもその文章が心に残ってるか?映像化するほどハマっているかと言えば多分ノー。悩ましい問題です。

教育者の娘である嫁は色々手立てを講じています。しかし僕は何をするべきか、まだ迷ってる状態。本を読んでる姿はいつも見せてるしなあ。図書館に定期的に通うくらいしか思いつかない。

いよいよ子育てが第三段階に来たんだなあーと思ってます。幼児の何もかもを教える時代、保育園の年長くらいから小学生入りたてくらいの社会の仕組みを教える段階、そして今度はその社会への適応や乗りこなし方、生きていく方法、生きていくために必要なことを教える段階に来ています。これは高校生、いや自分の仕事を見つけるくらいまで続くのかな?永遠に続くようにすら感じる日々。まあこれもどこかで不意に終わりが訪れるんでしょう。そう思って子育て頑張ります。

いやしかし世の中の全ての親を尊敬したくなります。みんな誰かが育てたんだもんね。世の中の人間を。いやはや大変な仕事だ…。

2018-08-27

スマホ買い換えと成長期


僕のスマホの画面はバキバキに割れている。たおが一輪車で賞状をもらって気分良くなり、一人で飲みに行って飲み屋の前で落として割れた。あれは年末だから、あれからずっとバキバキ画面と共に暮らしている。たおの喜びとバキバキは一緒にやってきた。

勿論見にくいし、カッコいいものではないのだけど、慣れるとそんなに気にならなくなる。むしろこの画面を見た人が大抵驚きの声を上げるので、それにびっくりするくらいだ。

まあ買い換えは考えてはいたのだけど、今はお金そんなにないし、印税入ったらでいいかなぁーなんて思っていた。いろんな人に嫁に買ってもらいなよ!なんて言われたり。それはそうなんだけど、みんなが思ってるほど我が家は裕福ではないのですよ。嫁はみんなが思っている以上に堅実派なんです。

しかし、最近画面のタッチが反応しないことが多くなり。一度画面を暗くすれば戻るので、大したことはないのだけど、流石に面倒。しかも充電も刺したのに出来てないことも多くなってきて、いよいよかなぁーと。そしてついに、嫁から買い換えてもいいよの声が!

なので私来月から新しいスマホになります。まあ最新型じゃないんだけど(最新であることに心底興味がないタイプ)、容量が大きくなるのが嬉しい!今16ギガ!音楽も3日に1回くらい入れ替えてたのが、そんなに気にしなくて良くなる!俺のお出掛け音楽ライフが充実する!

結局は音楽のことなんだよね。喜びも苦しみも大抵音楽のこと。そんな人生なんだなぁーって最近自覚して、より一層音楽に目を向けてます。

最近音楽絶好調です。良い曲バンバン書けてます。というかデモテープのレベルがバンバンアップ中。今俺成長期。成長痛の音が聞こえるくらい。もう誰にも負けない気分。嘘、ちょっと話盛った。でも自信はついてきた。あ、BISHキリンレモンの歌にはちょっと敗北感が。あれは素晴らしい。でも負けねえぞ。もっと良い曲書くぞ。燃え上がる闘争心。結構負けるの嫌いなんだよね。たおの負けず嫌いは俺に似たのかな。

47歳の成長期。まだまだ伸びしろあります。今日もずっと音楽のことを考えて暮らします。24時間ずっと作曲。次はどんな曲書くかな?頭の中を音楽が渦巻いてる。

待ってろよ!レコード大賞!!(目標そこ?笑)